2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 立ち呑み 串吟 1号店 秋葉原 | トップページ | 龍福軒 小川町 麻婆豆腐 »

2018年10月23日 (火)

九段下から小川町

2018年10月6日、なんだか夏に戻ってしまったかのような陽気の三連休初日、フラッと街へ出て軽く歩きます。

20181023_001
ひとまず武道館側の出口から地上に出ます。この日はイベント開催も無いのか、ウロつくダフ屋をみつけられません。

20181023_002
九段会館は取り壊し中。再建予定の新九段会館は、これまでの意匠を残しながら2022年頃にオープンとのこと。
オープンしたら是非ともビアガーデンを復活していただきたいのです。
往年のエスカイヤクラブ以外で気軽にバニーガールにまみれることのできたのは、この旧九段会館くらいだったのです。

20181023_003
平成最後の秋、昭和館を見学します。館内に設置されたハイテクマシンを使うことで、初めて玉音放送の全て聴きます。
有名と思われる「〜耐え難きを…耐え、忍び難きを…忍び〜」という部分は最初ではなく、放送の途中だったと知ります。
聴いていて思ったのは、長い文章の音読であるにもかかわらず「あ〜」とか「え〜」とか一切はさまず読み切っていること。
これは2016年8月8日の天皇陛下による「おことば」の朗読にもいえ、つっかえないでよく読めるなと思ったものでした。

見学を終え、神保町方面に向かいでもなく向かいつつ、イロイロ考えながらフラフラ歩きます。

20181023_004
靖国通りの専大前交差点を南下し、日本教育会館の手前の路地を入ったところの飲食店。
勤務地が神保町だった頃、ここには豚骨ラーメンのお店がありました。ランチタイムの来店客にポイントカードを配り、
20ポイント貯めると1食分無料というものでした。ただ、カードの有効期限が1ヶ月とハードル高めのシステムでした。

20181023_005
漆喰を盛りつけた鏝絵的レリーフのある建物。趣のある造作はできるだけ記録しておきたくなります。

20181023_006
以前は床屋、その後たこ焼き屋のあった交差点の角地は更地になっていました。

20181023_007
ハロウィンですよ。毎年のことですがハロウィンと聞いても何をすればいいか全く分かっていません。脱ぎますか?
とりあえず天ぷら屋に行き、かぼちゃ天を満腹になるまで食べれば許してもらえるんですかね。

20181023_008
昼飯を食べて淡路町交差点辺りから地下に潜り、食後酒を楽しめるところへと移動してから帰宅します。
この小川町駅と新御茶ノ水駅を結ぶ地下通路にあったサンクスも、とうとうファミマに変わってしまっていました。

検討課題
・まぁそのぉ〜とダミ声を挟みながら話す
・建築計画の看板があればよく見ておく

« 立ち呑み 串吟 1号店 秋葉原 | トップページ | 龍福軒 小川町 麻婆豆腐 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立ち呑み 串吟 1号店 秋葉原 | トップページ | 龍福軒 小川町 麻婆豆腐 »