2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月の記事

2019年6月30日 (日)

33

2019年6月15日、低気圧の接近に伴い関東地方は大雨。そんな荒天のなか都内において高校のクラス会が催されました。
埼玉県の県立高校を卒業してから三十有余年。そうはいっても実際に会えば不思議なことに記憶のヒダもビロビロしてきて
当時のことなどイロイロと湧き出すように思い出されてくるものです。そして生存報告と行方不明をミナミナに詫びるのです。

3年生時の担任、副担任の先生もご参加くださり、その先生も既に定年を迎え退職されたと伺い、誰もが等しく年齢を重ねて
いることを実感します。担任の先生にかかわらず日常的に教師から叩かれたり、暴言を吐かれたりということもありました。
遙か遠い昭和時代のお話です。そういう社会、そういう時代だったのです。もはや何もかもが恩讐の彼方でございます。

33

なんというか、高校3年生といえば子供とはいえ性格や人格のようなものが定まってくる頃合いだったりして、歳をとっても
その傾向はあまり変わらないものなんだなと感じたりするのです。今回のクラス会における幹事として調整、取りまとめ等を
担ってくれたのは当時の級長A君だったり、かっこいい二枚目なN君は白髪が増えた以外には今でも変わらずにかっこよく、
自分はといえば相も変わらず笑われ役だったりするわけです。そんなもんだ、変わらずにいられたことを嬉しく感じます。

ということで久しぶりの再会を果たし、自分がいたのが3年3組だったと思い出させてくれたことにも感謝かんしゃとなります。
こちらもちょっとしたお出かけだったのではありますが、感慨たっぷりな感じでカテゴリーは「ヨマイゴト」としておきます。

検討課題

・半年後の集まりを楽しみにする

・過去のことと水に流さずひたすら謝罪する

2019年6月29日 (土)

根津から湯島

2019年6月9日、関東地方も梅雨入り宣言がなされた週末、雨も降るとか降らないとかいう天候のなか少し歩きます。

20190629_01

最近ではイロイロな安全確保のため、ホームドアを設置する工事がそこかしこで行われています。
根津駅ではホームドア設置工事は未着工ではありますが、そう遠くない将来に設置されてしまうことでしょう。
ということで都心部にあって少なくなる一方のホームドアの無い光景を記録しておきます。

20190629_02

弥生美術館へ行きます。
こちらでは頻繁に面白い企画展を催しており、ついついスルリと滑り込みたくなります。
この日、催されていた「ニッポン制服百年史ー女学生服がポップカルチャーになった!」展をジックリ見学してみます。

20190629_03

見学後は暗闇坂と不忍通りの間をノロノロ歩き、鏡稲荷神社にお参りもします。

20190629_04

湯島ハイタウンA棟の旧岩崎庭園側からの眺めは、旧東欧的集合住宅にありがちな佇まいを感じさせせます。

20190629_05

路地を覗き込みながら歩き回り湯島駅から帰宅します。

20190629_06

物販コーナーで、今回の企画展ポスターも描いた江口寿史氏作「すすめ!!パイレーツ」に出てきた千葉パイレーツの
Tシャツを記念にと購入します。40年近く前のコミックではありますが「流山パイレーツ」と間違って記憶していました。

ニッポン制服百年史ー女学生服がポップカルチャーになった!展 会期は2019年6月30日まで。

検討課題
・学生服はBLACK1で揃える
・自分用セーラー服の可能性を考える

2019年6月28日 (金)

starter CHEVROLET MONTE CARLO LEVI GARRETT 1986 6/8

ボディに塗るべき黄色もなんとなく決まったような気がするので、ノロノロと製作を続けます。

Levi_8661

エンジンフードを中心とした部位に貼るべき大判デカールを上手く貼れるとは思えないのでマスキングをしていきます。

Levi_8662

タミヤ社 TS-47 クロームイエローを吹きます。塗面の粗さは下地処理に起因するものだと手抜きの結果を突きつけられます。

Levi_8663

おかしいな、お漏らしなしだぞ。マスキングを施しての塗装失敗をいちばん待ち望んでいるのは自分だと気がつきます。

Levi_8664

シャーシと合わせます。なんだよ、やっぱりロールケージなんて見えないじゃないか。たまにヤル気出すとこれだよ。

検討課題
・見えるところだけ作ることを心がける
・常に本気を出すことを先送りにする

2019年6月27日 (木)

居酒屋 ぐんと 東武動物公園

店舗は東武動物公園駅西口から東武動物公園方面へと歩いたすぐの場所、2階にあります。

20190625_01_1

店名の「ぐんと」は、南埼玉郡(宮代町)と北葛飾郡(杉戸町)の中心(都)という意味と書いてあります。

20190625_02_1

ぐんとサワー。
トマトジュースとオレンジジュースを合わせたもので焼酎を割っています。驚くほどサッパリした飲み口です。
たいへんおいしゅうございました。

20190625_03_1

枝豆とポテトフライ。
すぐに提供できるものから適当に選びます。
たいへんおいしゅうございました。

20190625_04_1

串焼き。
豊富に取り揃えられた串焼きを注文します。左からウズラ肉巻き、ミニトマト肉巻き、アスパラ肉巻き。
たいへんおいしゅうございました。

20190625_05

クエン酸サワー。
酸っぱいのも飲みます。でもこれが「クエン酸サワー」だったか記録と記憶が無く、非常にあやふやです。
たいへんおいしゅうございました。

20190625_06

串焼き。
二巡目は盛り合わせを注文します。左からボンジリ、軟骨、皮、ウズラ肉巻き、アボカド肉巻きの5種。
たいへんおいしゅうございました。

20190625_07

鶏の唐揚げ。
ベロンと一枚肉を添えられた鋏で切り分けながらいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

駅から近く、乗り換えの待ち時間があるときに途中下車して飲んでいきたくなるお店です。

検討課題
・久しぶりに東武動物公園へ行ってみる
・カバ園長の名前を思い出す

2019年6月26日 (水)

駅弁Tシャツ

昨秋、池袋において催されたイベントにおいて実物の展示を見ながらも自分の欲しい色とサイズが品切れだったことから
購入を断念せざるを得なかったTシャツを、大宮駅に立ち寄った際に見つけることができたので当然のように購入します。

20190626_01

峠の釜めし。
なにはなくとも買うべきは「おぎのや」の駅弁です。2011年に横川のお店に寄った際は、釜めしを食べていませんでした。

ベースとして使用しているへビーコットンのTシャツは過去に何枚か着たこともあるため、私でもLサイズで余裕をもって
着られることは確認済みです。もう少し暑くなったら胸に駅弁を戴きながら颯爽と着こなしたいと思います。

20190626_02

購入した大宮駅構内のGENERAL STORE RAILYARDで会計時に令和グッズとなる記念切符をいただきます。感謝です。

検討課題
・別の駅弁柄も購入する
・無理に駅弁に挑み腰を痛めない

2019年6月25日 (火)

やきとり タロー 新宿

店舗は新宿駅北側の一角を占めるワンダーランドのにあります。

20190625_01

並びのとはイロイロ融通しあっているようで、頼んだ料理によっては伸で調理されたものがタローに配膳されます。

20190625_02

バイスサワー。
セットではなく既に割られた状態で提供されます。
たいへんおいしゅうございました。

20190625_03

串焼き。
適当に何種類か注文します。焼き鳥屋に行ったというのに頼んだのはウィンナーと、おそらく豚バラ。
たいへんおいしゅうございました。

20190625_04

まだ暗くなる前の時間帯に外国人観光客と思しき女性の背中を肴に飲むという贅沢を味わいます。

来夏の東京で催される平和の祭典に併せて来日される観光客も多くなることでしょう。しょぼくれたオッサンがチビチビ
飲めるお店を早急に把握しておく必要性のようなものを感じたりします。そんなところがあるのか不明ではありますけど。

検討課題
・壁により掛かって飲む
・店内奥へと雪隠詰めを喰らっても悠然と飲む

2019年6月24日 (月)

世界の傑作機 F-104 スターファイター・ロッキードF-104J/DJ 栄光 文林堂刊

書店に行き、そこでマルヨン本を見つけたら無条件で購入しないといけません。義務、あるいは業というものです。
左のNo.103は、2004年に刊行された際の表紙とは異なるイラストに変更されています。内容までは確認していません。
右のNo.104は、表紙に変更は無いように思います。このBACライトニングにも通じるシシャモ感がたまらんのです。

F104_01

なんといっても「最後の有人戦闘機」、そして「栄光」なわけです。これだけでお櫃ご飯を何杯だってお代わりできます。
ひまを見つけて2004年版と、今回のアンコール版に違いがあるのかネチネチ見比べてみたいと考えます。

そんなこんなで俺のマルヨン本が火を噴くぜ!本が火を噴いたら焚書です。たいへんなことです。気持ちの問題です。

F104_02

ここ数年のなかでモデルアート社から刊行されたマルヨン本など。

書店でまた見つけることがあったら中身は確認せず、買うだけ買っておこうと思います。

検討課題
・チャックチャックイエーガーと呪文を唱える
・いざ作るとなったら資料本は見ずに製作する

2019年6月23日 (日)

starter FORD THUNDERBIRD Folgers 1990 2/2 完成

タイトルの通りstarter FORD THUNDERBIRD Folgers 1990です。

Folg_21

ゼッケンは一桁とあって、おそらく縮んでいるボディにデカールを貼っても辻褄の合わなくなるようなことは少なかったです。

Folg_22

リアスポイラーはボディと同色。内装はグレイなので手持ちのニュートラルグレイを適当に塗ったくっています。大丈夫です。

Folg_23

台に接着し、青メタのサンダーバードと並べ机上コーヒー対決を実現して完成とします。

検討課題
・普段飲むなら緑缶のMJB
・ルミナのフォージャーを探す

2019年6月22日 (土)

starter FORD THUNDERBIRD Folgers 1990 1/2

いつか書いていた赤メタのフォージャーを入手できたので製作します。

Folg_11

削ったボディへはクレオス社 S75 メタリックレッドを吹いています。
実車はもっと赤茶メタ、海老茶メタのような気もしますが、缶スプレーから近似の色を見つけることはできなかったことから
似ていないことは重々承知の上で妥協に妥協を重ね、普通の赤メタを吹いてみました。そんなもんです。オッケーですよ。

Folg_12

線状のデカールを貼るにあたり、特にエンジンフード境界部にかかる部分もあるため、以前のサンダーバード同様、パネル
ラインの深彫りを控えています。問題はそこではなく、線状デカールをボディに這わすとウンニョリと歪んでしまうこと。

Folg_13

しかも運転席側の線状デカールは、必要な幅になっておらず寸足らずな状態になってしまっています。これは困りました。

Folg_14

あったもんだよ金のデカール。しかも使用済み。なにはなくとも引き出しをまさぐってみるものです。
金色の色味に違いはありますが、適当に切り出しパッチを当てるようにして寸足らずな箇所を誤魔化しておこうと思います。

検討課題
・使いかけのデカールも捨てずに残しておく
・適当に保管しているデカールの鮮度に目を配る

2019年6月21日 (金)

Go West! June 箱根の山は吊掛の 108+109

2019年6月1日、併せて箱根登山鉄道108+109も撮ろうと沿線の撮影ポイントをハシゴしていきます。

20190621_01

強羅駅にて。
背景に「鈴廣かまぼこ」の看板を紛れ込ませておきます。

20190621_02

宮ノ下駅にて。

20190621_03

塔ノ沢駅~大平台駅間の上大平台信号所にて。

20190621_04

塔ノ沢駅~大平台駅間にて。
塔ノ澤橋から。

20190621_05

小涌谷駅〜彫刻の森駅間にて。
牛乳屋踏切から。

20190621_06

小涌谷駅~彫刻の森駅間にて。
牛乳屋踏切から。

これにて「Go West! June 箱根の山は吊掛の」の項はおしまい。

検討課題
・箱根登山鉄道の模型をいくつか手に入れておく
・温泉地で温泉に入らないプレイを堪能する

2019年6月20日 (木)

Go West! June 箱根の山は吊掛の 103+107

2019年6月1日、間もなく廃車となる箱根登山鉄道103+107を撮ろうと沿線の撮影ポイントをハシゴしていきます。

20190620_01

箱根湯本駅には2019年7月19日のラストランを知らせる垂れ幕多数。待ち遠しきは「ありがとう」のコール大会。

20190620_02

塔ノ沢駅〜大平台駅間にて。
塔ノ澤橋から。

20190620_03

塔ノ沢駅~大平台駅間にて。
新緑、早川渓谷、緑の鉄橋、曇天。なんだか鉄橋がグンニョリ。

20190620_04

小涌谷駅〜彫刻の森駅間にて。
牛乳屋踏切から。

20190620_05

塔ノ沢駅~大平台駅間の上大平台信号所にて。

20190620_06

塔ノ沢駅~大平台駅間の上大平台信号所にて。
103の窓からニョッキリ飛び出すその手には黒く、野太い集音器。吊り掛け特有のギモギモしたサウンドを録音中か。

20190620_07

大平台駅〜宮ノ下駅の仙人台信号所にて。

20190620_08

大平台駅~宮ノ下駅の仙人台信号所にて。

検討課題
・脚立は使い捨てくらいのつもりで携行する
・自分の知らない趣味の奥深さに触れてみる

2019年6月19日 (水)

Go West! June 箱根の山は吊掛の

2019年6月1日、弁慶は安宅の関で「旅の衣は篠懸の」から華麗な六法を踏みましたが、ヘッポコは箱根の関周辺を徘徊
しながら「箱根の山は吊掛の」とブツブツいいつつ、間もなく廃車となる箱根登山鉄道の車両を撮りためておくのです。

20190619_01

0642。グッドモーニング箱根湯本。駅で「トコトコきっぷ」なる1日乗車券を購入し、イザイザと強羅を目指します。

20190619_02

0700。箱根湯本駅を発車する108+109の先頭かぶりつきに陣取り、運転士さんの正確なマスコン捌きに見入ります。

20190619_03

かっこいい鋳造金具。吊革を固定する鉄棒と天井を繋ぐブラケット。軽量化とリブを両立させる円形意匠がよい。

20190619_04

かっこいい鋳造金具。網棚を固定する鉄棒と壁面を繋ぐブラケット。下側に設けられた控えめなフックもよい。

20190619_05

0737。強羅駅着。しばらくすると新型3002が0755に到着します。

20190619_06

事前の天気予報では、この日の箱根は最高気温25℃と予報されていましたが、撮りながら歩くこと蒸し暑さも感じる天気。
箱根ってもっと涼しいところじゃなかったっけ?と、きっと別のどこかと勘違いしながらホームランバーを舐めしゃぶります。

20190619_07

1737。彫刻の森駅〜小涌谷駅間にて本日の業務終了。

この項、少し続きます。

検討課題
・箱根ロープウェイに乗ってみる
・宝登山ロープウェイにも乗っておく

2019年6月18日 (火)

JPS KP173 VERTIGO V DE V LM BPR 1997 2/4

塗装済みキットなら塗装工程をすっ飛ばせると浅はかに考え、箱に入れたまま熟成を重ねてみます。

Vertigo_21

ひと月も待てば熟成も進み、いつの間にか完成しているかと思えばさにあらず。仕方なしにデカールを貼ります。
キット同梱のデカールは薄く、硬く、脆く、さりとて軟化剤を使えば使った箇所から溶け始める軟弱なものでした。

結果、ボディ上面と側面のウニウニした曲面に貼るべき黒いデカールは、貼るべき面に馴染まず、製作を放棄
したくなるほどでした。どうリカバーすべきか考えないまま黒をペタペタ筆塗りして事態を打開しようとします。

Vertigo_22

内装は適当に黒く塗り、説明書を見ながら細部を白や赤、緑に銀とチマチマ塗ります。
ホワイトメタル製のロールケージはシャーシに接着後、無理矢理ボディをかぶせ最適な位置に修正しています。

Vertigo_23

上部には青い線で示したバッテン形状のパーツが付きますが、仮組をするとボディ内側を1mmほど削りまくる
必要があることが判り、完成後はさほど見えない場所でもあるので勇気を持って省略しておきます。英断です。

この後、スポンサーを含め上記のような貼りにくいデカールを貼っていく作業に移ります。

検討課題
・デカールは使わない部分を用いて試し貼りをする
・ロールケージ千本ノックからは可能な限り逃げる

2019年6月17日 (月)

BOLT ACTION/ITALERI 1/56 PANZER III 2/2

塗装も乾いたようなので組み立てていきます。

Panzer_iii_21

男は黙って短砲身! 個人の意見です。
この段階でシュルツェン取付ステーを接着したのは失敗だった気がします。最適な製作手順を見つけられません。

Panzer_iii_22

完成です。
砲塔に取り付けるシュルツェンの一部を接着できませんでした。やはり製作手順を間違えたようです。手遅れです。

Panzer_iii_23

機銃をガンメタに塗るのを忘れました。箱絵を見ながら塗った迷彩柄は適当です。そんなもんです。

Panzer_iii_24

先に作ったファイアフライと並べてみます。チンマリした3号戦車はなかなかラブリーに見えてきます。

検討課題
・ソ連戦車も作る
・もう少しゴーロクを作る

2019年6月16日 (日)

BOLT ACTION/ITALERI 1/56 PANZER III 1/2

検討課題をこなすでもなく、勢いに任せてゴーロクのドイツ戦車にも挑戦してみます。

Panzer_iii_11

キットはJ型、L型、M型、N型のいずれかを選択し、製作できる構成になっています。
自分は各型の違いを理解しておらず、説明書をジックリ見ながら製作しても何カ所も間違えてしまっています。

Panzer_iii_12

気の向くまま適当に接着しながら組み立てていきます。自分が作りたかったのはおそらくM型。自信ないです。
詳しい方なら一目見て、シャーシ側転輪の上にハッチを間違えて取り付けてることを指摘されると思います。
シュルツェンを取り付ければハッチは見えなくなるはずと、間違えたことを誤魔化すことに一生懸命になります。

Panzer_iii_13

以前、ナナニーを作った際にグレーの成型色を黄色くするのは難しいような気がしたので、今回は塗ります。
車体にはタミヤ社 TS-4 ダークイエローを、履帯にはタミヤ社 TS-4 ジャーマングレーを吹き付けます。

Panzer_iii_14

ドイツ戦車らしくなりました。組み立てて、もう少し塗り重ねてみようと思います。

検討課題
・シュルツェン内側の色を調べる
・何型を作りたいのか決めてから作る

2019年6月15日 (土)

USA! のスカイツリー

2019年5月27日、第45代アメリカ合衆国大統領の訪日を記念するスペシャルライティングを行っていると聞きつけ、
会社帰りに浅草を経由し、夕暮れ時にあっても下町にニョッキリと聳え立つスカイツリーをチョットだけ撮っておきます。

20190615_01

相撲観戦したり、大統領杯を授与したり、炉端焼き行ったり、ゴルフを楽しんだりと過密日程をこなされたようです。
さすがアメリカ合衆国大統領。とても72歳(今回の訪日時)とは思えないパワフルさでございます。

接待だの、媚びてるだの、幇間だのと相も変わらずイロイロと文句をつける論調を目にしたり、聞き及んだりします。
同盟国とはいえ利害関係しかないなか、仲良くゴルフもできないような関係しか築けない方が問題だと思うのです。
どこぞの浮かれた連中が過去に「とことん話して、酒飲んで、遊んで」と発言していました。まさにそれなわけですよ。
通商にしても日本の道路事情にあった小型車を生産輸出してくださいと思うのです。とまぁ、政治的な話はここまで。

20190615_02

枕橋から。
1845。予告されていたライティング開始時刻なれど周囲はマダマダ明るく、照明もいきなりパッと輝いたりしません。

20190615_03

枕橋から。
上段の青白赤で星条旗を、下段の白赤白で日章旗を表現してます。

20190615_04

源森橋から。
撮る人を撮るスタイル。

20190615_05

東武橋から。
もうちょっと星条旗っぽさを演出していただけたらと思わないでもないトリコロール。

源森橋と東武橋の間の橋が長期にわたり工事中だったりします。この橋から撮りたいと思いながら実現できません。

検討課題
・上野の大統領をたまに利用する
・墨東地区を歩き回ってみる

2019年6月14日 (金)

ぽんしゅ館 唎酒番所 越後湯沢店 越後湯沢

店舗は越後湯沢駅から改札を出てすぐ、駅構内にあります。雪の積もる冬期でも外へ出ずに到達できます。

20190614_01

受付で500円を5枚のメダル型トークンに替え、お猪口を受け取ります。
自販機に並ぶお酒はメダル1枚から3枚を要し、飲みたいお酒の求めるメダルを投入してスイッチオンで飲酒開始です。

20190614_02

飲みたい銘柄はなにかとグルグル見回してから、メダル1枚で飲めるお酒を5種類ほど試します。

笹祝酒造株式会社 笹祝 純米吟醸酒 新潟県新潟市。以前飲んだ笹祝を見つけたので純米吟醸酒を試します。
峰乃白梅酒造株式会社 峰乃白梅 純米吟醸酒 生貯蔵 新潟県新潟市。初夏限定の生貯蔵酒も飲んでおきます。
玉川酒造株式会社 イットキー 純米吟醸酒 新潟県魚沼市。日本酒度-40という極甘のお酒を見つけます。
塩川酒造株式会社  COWBOY 山廃純米吟醸原酒 新潟県新潟市。珍しい輸出用商品ですから飲んでおきます。
猪又酒造株式会社 サビ猫ロック 赤サビ 純米酒 新潟県糸魚川市。お土産に買えばよかったと後悔します。
たいへんおいしゅうございました。

20190614_03

都内でも有料試飲のお店はいくつかありますが、ここまで強力なラインナップは見たことがありません。
是非、都内のアンテナショップでも同様の展開をしていただきたいと思ってしまいます。

検討課題
・新潟店に行ってみる
・肴の充実した有料試飲店を探す

2019年6月13日 (木)

GENBI SHINKANSEN

2019年5月25日、浦佐駅まで行ったのは現美新幹線 とき452号に乗車するため。

20190613_01

1210。定刻より僅かに遅れるタイミングで超濃紺に塗られた先頭車両が浦佐駅に滑り込んできます。

20190613_02

ズバ〜ン! 側面は極彩色。

20190613_03

自由席4号車の様子。このソファーをゆったりと配置した車内が自由席。どのソファーも座りたい放題です。

20190613_04

自由席3号車の様子。カフェも併設された車内では「GENBI in GENBI.」といった光景が再現されています。

20190613_05

自由席2号車の様子。鏡に映り込む様は燃えよドラゴン的車内。

20190613_06

1230。越後湯沢駅に到着。短時間の乗車時間を車内をウロウロすることだけに費やします。

20190613_08

越後湯沢駅から移動します。

20190613_09

出。

検討課題
・美術鑑賞は余裕を持って行う
・現代美術は分からないやと匙を投げない

2019年6月12日 (水)

新幹線

2019年5月25日、行ったり来たりする合間合間に降り立ったにおいて、雑な感じのまま新幹線を駅撮りします。

20190612_01

乗車時に受けられる車内サービスとしての飲み放題を満喫するためにグランクラスという席を利用してみたくなってしまいます。

20190612_02

大宮駅下り線ホーム南端から。出。

20190612_03

出。

20190612_04

出、出。

20190612_05

越後湯沢駅にて。

20190612_06

出。

20190612_07

出。

検討課題
・いずれ一眼を使ってちゃんと撮る
・東海道新幹線の駅撮りもやってみる

2019年6月11日 (火)

大宮から太田

2019年5月25日、かねてより友人と計画しながらもタイミングだったり、諸般の事情を喰らったりなんだりしたことも
あったりなかったりと、ノビノビになっていた悪だくみをようやくな感じで実行に移すべく、朝の大宮駅に集合します。

20190611_01

0930。コンコースではスタンプラリーの説明会が行われていたり、駅スタッフに喚く人がいたりと大宮らしい混沌。
そんな混迷を横目で見ながら、ひとまず移動中に手持ち無沙汰にならない程度のイロイロを買い込んでおきます。

20190611_02

1020。第一の目的は、2020年度には廃車が決まっている二階建て新幹線「E4系 MAXとき」に乗ることです。
目的地までの乗車時間も短いことから、自由席を選択するも週末とあって席はそれなりに埋まっています。

20190611_03

座席確保のため車内をウロウロしたら喉もほどよく渇いてきたので、大宮駅で購入したビールを飲んじゃいます。

20190611_04

1120。越後湯沢駅到着。このニョロリンとした2階建て新幹線のミシミシいう1階に乗るのが好きだったんです。

20190611_05

新幹線E7系に乗り換えて浦佐駅へ行き、そこから再び越後湯沢駅に戻るプレイを楽します。ここは別項とします。

20190611_06

1410。帰路はひとまず新幹線E2系に乗って移動をします。

20190611_07

1450。高崎駅で下車します。ここで催された鉄道関連イベントにおいて酷い目に遭ったり、酷い目に遭ってる方を
見たりします。とりあえず上信電鉄はアルコールの絡む鉄道イベントを催すことは止めてください。お願いします。

20190611_08

1640。気持ちを切り替えるでもなく高崎駅から両毛線に乗って伊勢崎駅まで移動します。

20190611_09

1700。伊勢崎駅から東武鉄道に乗り換え、太田駅までワンマンで前パンな普通電車に乗ります。

20190611_10

1730。太田駅からは特急りょうもう号に乗り、その停車駅の多さに特急感を感じられないまま帰宅します。

検討課題
・新幹線乗車時はひたすら飲む
・これ準急Aじゃねぇか?とか言わない

2019年6月10日 (月)

starter CHEVROLET MONTE CARLO LEVI GARRETT 1986 5/8

先行してシャーシに塗った黄色が思っていた以上に赤かったんです。作戦の練り直しを迫られることになります。

Levi_8651

気分転換というか、ちょっと落ち着くためにデカールに保護のためクリアーをベタベタ吹き付けます。
車体先端部を覆う黄色の大判デカールは、キッチリ貼れそうな予感を微塵も感じさせてくれません。これはムリムリです。

Levi_8652

貼れないのなら塗ればいいじゃない! 後日、ムッシュ・ド・パリと対面するとは思ってもいなかった王妃のプレイを真似します。
大判デカールを貼り込むことをサッサと諦め、その一部を切り出し、適当な紙片に貼って暫定色見本を用意します。

Levi_8653

似た感じの黄色を買い集め、吹き比べてみます。結果、タミヤ社 TS-47 クロームイエローが何となく似てると判断します。
色調の差異を目視するのであれば同面積の試料を並べ、淡色なら黒バックに、濃色なら白バックの上に置いて見比べる
作業をするべきだとは思います。ただ、今回はそこまでしていません。今回も、かもしれませんし、今後も当然しないです。

なんというか、チマチマした作業は面倒なんです。

Levi_8654

ボディに塗る予定の黄色も確定した安堵感から既にクレオス社 C-109 キャラクターイエローを塗ったシャーシに気分良く
タミヤ社 TS-47 クロームイエローを吹き重ねていきます。なんともいえない印象的な画像になっています。

乾き次第、難関のマスキングタイムからの黄色塗装です。

検討課題
・色の確認は先にやっておく
・黄色の下塗りは黄色だと言い張る

2019年6月 9日 (日)

BOLT ACTION 1/56 SHERMAN VC FIREFLY

いつかの検討課題を果たすでもなく、購入したまま積んでいたゴーロクに挑戦してみます。

20190609_01

最近のキットにはイタレリの表示もあり、ゲームとキットの関係性について門外漢の私はサッパリ分からなかったりします。
考えても仕方ないので考えることを放棄して、組立説明書を見るでも無く斜め読みしながら分かったつもりで組み立てます。

20190609_02

説明書に従って作れば約2時間ほどで組み上がります。ライト周辺等、微妙に細分化されたパーツ群に面倒臭さを感じます。
とりあえず転輪のゴム部分と、履帯パーツをタミヤ社のエナメル XF-85 ラバーブラックで適当にペタペタ塗っておきます。

20190609_03

前回も使った水性塗料を凹部に流し込むような感じでシバシバと塗り、全体を緑色にしてみます。
この後、ファレホのピグメントを溶いたものやらなんやらを塗り重ね、気の済むまで英国戦車的暗緑色にしていきます。

20190609_04

完成です。
手慣れていない、手が遅い、手際が悪い。そんな私でも組んで塗って乾かして、更に塗ってと2日間で完成できました。

20190609_05

スケール感を無視した塗装表面の粗さは、粗雑な感じを見るものに与えるだけの仕上がりでしかありません。オッケーです。

20190609_06

前回、暇つぶし的にカッとなって作ったナナニーと並べてみます。ゴーロクの方が大きいな。そんな感想しかでてきません。

検討課題
・次はゴーロクのドイツ戦車
・ベタベタ塗り重ねることに面白さを見出す

2019年6月 8日 (土)

OLYMPOS PC-308

もうずいぶんと長いこと使っているPC-308が不調てんこ盛りになり、へっぽこヨンサン製作に支障を来すまでになりました。
さて困った。これを期に私も巷間で噂される「エアブラシ沼」にダイブしてみるかと考えたり、考える素振りだけしてみます。

Pc308_01

トリガーを目一杯引くことができなくなりました。どこかに擦れているような引っかかり、干渉の気配を感じます。
それでもトリガーを引くとエアが出てこないことがあります。あるいは塗料だけがダバダバと滴り落ちてくることもあります。
素人が外装から分解できる範囲で部品をバラし、洗浄したのち再度組み立てても同じような症状に悩まされたりします。
もしかしなくても素人の自分が分解なんてしないほうが良かったのじゃないか。そう結論づけるに至るわけです。

本業において現在の役職に就く前、納品後のサンプルを展示している現場で補修塗装しなければならないことがあり、
エア缶とセットになったPC-308を慌てて入手した記憶があります。本業用とはいえ個人の道具ですから自腹で購入です。
消えかかる薄ぼんやりした記憶では15年前以上前のことかと思います。まだ真面目に仕事をしていた頃のお話です。

使えない道具を後生大事に溜め込むのは悪い癖です。そこで仕事をする振り全開でチョット調べてみます。ありました。
石川県白山市のトータル・ティーという会社で販売修理を受け付けていただけることがわかります。インターネット万歳!
連絡をすると修理ではなく、保有している不調のハンドピースを下取ったうえで新台入替もできるとアドバイスを受けます。
既に自分では完調に戻すことなどできようはずのないPC-308を送ること数日。待ち望んでいた新台が手元に届きます。

Pc308_02

何が違うということなく、以前と同じ操作感にしたかったため、旧版のPC-308そのものだったりします。
外装を一通り撫でさすってから先端を平吹きエアキャップに交換し、カップにシンナーを注ぎ洗浄を兼ねて吹いてみます。
こんなにも吹きやすいハンドピースだったか。そんな感想しかでてこないくらい驚くほどスムーズに、快適に作動します。

これで私のへっぽこモデリングの完成度が僅かばかりでも向上すればいいのでしょうけど、それはまた試してみましょう。

現在においてはヨンサン製作にしか使用しない道具ではありますが、カテゴリーは「ヨクボウ」としておきます。

検討課題
・今のうちに買い増しておく
・IWATANIのも併用する

2019年6月 7日 (金)

ヒノマル食堂 有楽町2号店 有楽町

店舗は有楽町駅から北へ歩いた「有楽町高架下センター商店会」のなかにあります。
店内で有楽町総本店にも繋がっており、イロイロ便利に使い分けをしながら利用することも可能です。

20190607_01

カウンターでご一緒した人生の先輩から、ためになるかもしれないお話を伺いつつ、明るい時間からノンビリ飲み始めます。

20190607_02

バイスサワー。
セットでいただきます。中身が下町に比べ少々お高い印象を受けます。有楽町ということで気にせず飲んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

20190607_03

とん平焼き。
デカイ! 軽くつまむといった量ではなく、しっかり一食分といった感じの量です。それでもいつの間にか完食できてます。
たいへんおいしゅうございました。

20190607_04

つくね。
鉄板の油をジウジウいわせ、周囲に油を飛び散らせながら配膳されます。串焼きは他にハラミ、セセリも注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20190607_05

濃い緑茶ハイ。
メニューに書かれた「濃い」は緑茶にかかっているようで、焼酎の濃さではなかったと飲んでから分かります。
たいへんおいしゅうございました。

20190607_06

噂のあて巻き。
たっぷりマヨを期待できそうな「エビマヨレタス巻き」を注文します。確かに〆の米飯というより肴といった感じです。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・有楽町総本店にもいく
・フランク永井っぽく飲んでみる

2019年6月 6日 (木)

立呑み CLUB HOUSE/丸井酒店 東武動物公園

店舗は東武動物公園駅東口から県道408号線を北東に歩き、2つめの信号を左に曲がり、北西へ歩いた場所にあります。

20190603_01

立呑みと書かれていますが座って飲んだりもできます。また隣接する丸井酒店で購入した酒等を持ち込むことも可能です。

20190603_02

銀盤 純米吟醸酒。
富山県黒部市にある銀盤酒造株式会社のお酒。旨口と呼ばれるタイプで、飲み切り1合瓶はすぐに空になります。
たいへんおいしゅうございました。

20190603_03

鯛入りちくわ。
イトヨリダイを練り込んだちくわを肴にします。
たいへんおいしゅうございました。

20190603_04

千歳鶴 純米酒。
北海道札幌市にある日本清酒株式会社のお酒。北海道産の「吟風」という酒米を用いたお酒なので飲んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・飲み切りサイズをまとめたギフトセットを自分用に買う
・途中下車して飲んだあと電車に乗って乗り過ごさない

2019年6月 5日 (水)

天府舫 新宿 麻婆豆腐

店舗は新宿駅から小滝橋通りを北上し、少し歩いた先の路地を山手線側に入ったあたりにあります。

20190605_01

新宿に続けていく用事もあり、そういえばという感じで混み合うランチタイムどストライクな時間帯に入店していまいます。
とはいえ名物料理の麻婆豆腐は着席し注文を終えるとすぐに配膳されます。このスピード感が非常にありがたいのです。

20190605_02

麻婆豆腐定食。
安定感抜群です。どの利用客もお代わりするくらいの水餃子は常に狩られ尽くされ、常に出来立てが用意されています。
たいへんおいしゅうございました。

20190605_03

おや? こんなキャラクターが誕生してたんですね。

検討課題
・わんこ水餃子プレイに没頭してみる
・ゆっくり食べられる時間帯を狙う

2019年6月 4日 (火)

starter PONTIAC GENUINE DRAFT No.2 1992 5/5 完成

タイトルの通り starter PONTIAC GENUINE DRAFT No.2 1992です。

Miller_51

フロントグリル周辺の赤い帯は端部がピッチリ合っておらず、雑な工作の結果が丸わかりとなっています。
ゼッケン#2やMillerの黄色と、ボディ下部の黄色の差異も大きく、塗装失敗以外のなにものでもありません。
よくあることです。そして、よくないことです。もっとどうにかしないといけない部分だと思います。

Miller_52

苦手な黒、さらに苦手な黄色を塗りきったことだけを収穫にしようと思います。

最近の仕上げとして、厚く吹いたクリア層を削り均した後、シンナー多めに薄めたクリア吹くだけにしていることから
最終段階でのコンパウンド等を用いた研磨作業を省略しています。この結果、黒塗装では悩まされることの多かった
磨き傷がナカナカ消しきれない問題から解放されることとなりました。手抜き万歳! 手抜き万々歳なのですよ!!

Miller_53

リアスポイラーのフィッティングは、エッチングパーツを上下2点に分離する方法を取り入れてみましたが失敗でした。
もっと違う方法を編み出さないと手抜きモデリングの上達と、効率化には至らないような気がしてきます。

いつもの台座に接着して、令和一発目ということで完成とします。

検討課題
・黒いのも苦手克服のため何個か作る
・黄色+αのカラーリングも何個か作る

2019年6月 3日 (月)

大手町から日本橋

2019年5月12日、歩き忘れた箇所もあったことから前日に続き同じような場所へと再び出かけてみます。

190603_01

ひとまず大手町駅から地上に出ます。
本当は地下通路を歩いて東京駅方面へと行きたかったのですが、地下迷宮を把握していないことから断念します。

190603_02

地上に出ればサンサンと降り注ぐ初夏の日差し。これがあるから可能な限り地下に潜って移動をしたかったのです。

190603_03

東京駅。自分を含め駅舎を撮ったり、誰かと一緒に記念撮影を撮る人の多さに驚きます。
北千住駅や川口駅では見られない光景といえるかもしれません。

190603_04

新丸ビル、KITTE、大丸と東京駅周辺の商業施設を巡り、物欲メーターの振れ幅を確かめます。
アレも欲しいな、コレも欲しいぞと考えながら近いうちに購入すべきものの優先順位を確認だけしておきます。

190603_05

遅めの昼飯を、そんな感じで八重洲をフラフラしてると「冷やし中華はじめました」的な幟に目が留まります。
日曜日の八重洲じゃ営業している飲食店もまばら。どうしたものかと思案するのも面倒になり帰宅します。

検討課題
・夏用防寒着を調達する
・ネクタイを何本か入れ替える

2019年6月 2日 (日)

霞ヶ関から神田

2019年5月11日、歩き慣れないあたりも歩いておこうと出かけてみます。

190602_01

普段は地下鉄の乗り換えをするのに利用するくらいの霞ヶ関駅から地上に出ます。
というのも、とりあえずの目的地である日比谷公園内の施設へ行くには日比谷駅より至近だったからです。

190602_02

千代田区立 日比谷図書文化館において開催中の「アートになった猫たち展」をジックリ見学します。
館内には図書館も併設されており、自分じゃ買えない高額な美術書を気ままにペラペラめくってみたりします。

190602_03

有楽町方面へ抜けるため公園内を歩いていると恐ろしい罠が仕掛けられていました。
開催期間中に行ければ飲む機会に恵まれない珍しいビールに挑戦したいと考えます。まずは下調べです。

190602_04

さりとて歩いて喉も渇いたので、有楽町の高架下にあるプロショップに寄り、麦酒メインで水分補給をします。
画像右端の赤シャツ男性が延々と姿の見えない誰かと会話しています。そしてその内容に聞き耳を立てます。

190602_05

鍛冶橋通り沿いに設けられた東京駅の出口から吹いてくる風を浴びながら少し涼みます。

190602_06

八重洲を素通りし、西河岸橋から日本橋を眺めます。日本橋川を遊覧する船に乗ってみたいと考えます。

190602_07

さらに北上して神田駅。歩いてはみたものの、見逃していたアレコレを思い出しながら帰宅します。

アートになった猫たち展 会期は2019年6月23日まで。

検討課題
・誰かの独言に相づちを打ってみる
・自分にだけ見えていない可能性も考える

2019年6月 1日 (土)

Go West! June

関所プレイといえば出女に入り鉄砲なんだぜ!
学校で習ったことも記憶の改竄は著しく、何がどうしてそうなったかのかなんてことは忘却の彼方だったりします。

20190601

噴煙とか、微震とか、情報をチェックしつつ暢気にブラブラしようと企みます。自分だけは大丈夫なんですから。
食べれば寿命も延びるといわれる名物の茹で卵を貪るチャンスは果たしてあのるか。食い意地だけが先行します。
そんなこんなでモロモロについてはまた後日。

検討課題
・一眼を持っていく
・替えのシャツも用意する

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »