2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« BOLT ACTION/ITALERI 1/56 PANZER III 2/2 | トップページ | Go West! June 箱根の山は吊掛の »

2019年6月18日 (火)

JPS KP173 VERTIGO V DE V LM BPR 1997 2/4

塗装済みキットなら塗装工程をすっ飛ばせると浅はかに考え、箱に入れたまま熟成を重ねてみます。

Vertigo_21

ひと月も待てば熟成も進み、いつの間にか完成しているかと思えばさにあらず。仕方なしにデカールを貼ります。
キット同梱のデカールは薄く、硬く、脆く、さりとて軟化剤を使えば使った箇所から溶け始める軟弱なものでした。

結果、ボディ上面と側面のウニウニした曲面に貼るべき黒いデカールは、貼るべき面に馴染まず、製作を放棄
したくなるほどでした。どうリカバーすべきか考えないまま黒をペタペタ筆塗りして事態を打開しようとします。

Vertigo_22

内装は適当に黒く塗り、説明書を見ながら細部を白や赤、緑に銀とチマチマ塗ります。
ホワイトメタル製のロールケージはシャーシに接着後、無理矢理ボディをかぶせ最適な位置に修正しています。

Vertigo_23

上部には青い線で示したバッテン形状のパーツが付きますが、仮組をするとボディ内側を1mmほど削りまくる
必要があることが判り、完成後はさほど見えない場所でもあるので勇気を持って省略しておきます。英断です。

この後、スポンサーを含め上記のような貼りにくいデカールを貼っていく作業に移ります。

検討課題
・デカールは使わない部分を用いて試し貼りをする
・ロールケージ千本ノックからは可能な限り逃げる

« BOLT ACTION/ITALERI 1/56 PANZER III 2/2 | トップページ | Go West! June 箱根の山は吊掛の »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BOLT ACTION/ITALERI 1/56 PANZER III 2/2 | トップページ | Go West! June 箱根の山は吊掛の »