2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 伊那谷でダムツアーだにー! 長野Aパート | トップページ | 伊那谷でダムツアーだにー! 長野Cパート »

2019年9月23日 (月)

伊那谷でダムツアーだにー! 長野Bパート

2019年9月7日、美和ダムで久しぶりのダム分を補給した後、国道152号線を北上し高遠ダムを目指します。

20190923_01

高遠城址見学は後日の再訪を誓い、高遠歴史博物館の見学も見送ります。絵島囲み屋敷を見学する時間を確保すべきでした。

20190923_02

ダム下側、三峰川に架かる田山花袋の句を刻んだ銘板のある白山橋から、高遠ダムの3門のテンダーゲートを見下ろします。

20190923_03

高遠ダム管理所側からの眺め。ダム周辺は立ち入り禁止となっており近づくことはできません。
この後、高遠湖の湖畔にある高遠さくらホテルへ行き、高遠さくら発電所の発電所カードの配布を受けます。

見学を終え、県道18号線を南下しながら小渋ダムを目指します。この県道の途中区間で通行止めなどがあり少々難儀します。
もしかしたら再度、国道152号線を中央構造線の見学をしながら南下した方が良かったのかもしれません。悔いが残ります。


Koshibu

1108、小渋ダム到着。この看板形状はどこかの時代、地域などで流行したスタイルなのでしょうか。

20190923_05

上部に5門のラジアルゲート、下部に2門のローラーゲートを備えたアーチ式ダム。1門あるジェットフローゲートは確認できず。

20190923_06

ダム堤体南端にある天竜川ダム統合管理事務所は擁壁、トンネル、渡り廊下、レーダーなど秘密基地的ワンダバ感ムンムンです。

20190923_07

管理事務所側からの眺め。100mを超す堤体高は、天端から下を覗き込むと足がすくんでくるほどです。

20190923_08

小渋ダムインフォメーションセンターでダムカードを受領します。
ダム下にナイスな鉄橋を見つけ、どうにかしてアプローチできないかと小渋川沿いの県道59号線を西進しますが、途中で
見つけた川沿いの道への入り口は工事車両専用と書かれており、ダム下へたどり着くことはできませんでした。

さらに県道59号線を西進します。

検討課題
・飯田線沿いも走ってみる
・流れで佐久間ダムも再訪する

« 伊那谷でダムツアーだにー! 長野Aパート | トップページ | 伊那谷でダムツアーだにー! 長野Cパート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊那谷でダムツアーだにー! 長野Aパート | トップページ | 伊那谷でダムツアーだにー! 長野Cパート »