2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月の記事

2020年1月31日 (金)

RACERS Vol.54, 55 ホンダNR500 三栄書房刊

心をジューニにモッキリ砕かれたので、せめてもの慰めにということでもなく雑誌を購入しておきます。

20200131_01

Vol.54 NRの衝撃 Part.1 レースレビュー編
Vol.55 NRの冒険 Part.2 テクニカルレビュー編
ホンダNR500を2冊にわたり紹介する濃密な内容となっています。またぞろジューニに手を出してしまいかねい内容といえます。

ジューニ繋がりでもなく、

日本のバイク遺産 空冷耐久レーザー伝 モーターマガジン社刊

タミヤのジューニはRS1000だったか、と作れもしないし、作らないキットを買うことを回避できたような気持ちのまま購入します。

20200131_02

同時に特集されているのはKR1000。こちらは過去に三栄書房から発刊された雑誌を持っていたはず。
このときに書いたようにKR1000のキットはどこかに埋まっているはず。最近、思いがけない場所からデカールだけ出土しました。
私ごときにはとても作れないので適当な場所に埋め戻し、地殻変動の波に揉まれていただこうと考える次第でございます。

検討課題
・いつかジューニに挑戦する
・当面は買い集めるに留める

2020年1月30日 (木)

押上から浅草

2020年1月13日、今日は「成人の日」だということを失念したまま浅草に行きたいこともありノコノコと出かけます。

20200130_01

浅草へ行く前にチョットだけでも歩いておこうと考え、ひとまず押上駅から地上に出ます。

20200130_02

たばこと塩の博物館へ寄り、企画展を見学します。
見たかったのは上段にある大阪 高井商店「親玉」と、下段左端の「GITANES」のポスター。複製をどこかで売ってないかしらん。

20200130_03

日本専売公社のポスターで鉄分補給。列車内で普通に喫煙でき、健康のバロメーターが煙草のうまさだった時代があったんです。

20200130_04

冬晴れ、ピーカン、スカイツリー。最近、買い物等々含めスカイツリーへ行く機会に恵まれません。通勤経路を変えたくなります。

20200130_05

冬晴れ、ピーカン、サンダーゲート。祝日とあって混雑しています。当初の目的を果たせる感じが全くしないため帰ることにします。

たばこと塩の博物館「たば塩コレクションに見る ポスター黄金時代」展の会期は2020年2月16日(日)まで。

検討課題
・浅草で飲むなら参詣を済ませてからにする
・浅草の用事は人が空いてきたときを見計らう

2020年1月29日 (水)

八丁堀から水天宮前

2020年1月11日、先日もう少し歩いておきたいと思っていた亀島川沿いを再び歩こうと考え、出かけてみます。

20200129_01

日比谷線 八丁堀駅から地上に出ます。この周辺は折々に歩き潰し、地理の把握に努めておきたいエリアです。

20200129_02

京葉線 八丁堀駅B4出口そばの高橋(たかばし)。鉄骨感に溢れる構造の造作にも手が込んでいて何度も往復しちゃいます。

20200129_03

亀島川水門。隅田川に注がれる亀島川の防潮用水門の補強工事を行うとともに、手前の排水機場の解体が予定されています。
ここから日本橋川方面へと亀島川沿いを歩いていきます。

20200129_04

日本橋水門。日本橋川の湊橋を渡った北側に整備されている箱崎第一公園側から眺めます。

20200129_05

日本橋川の下流にある豊海橋を堪能し忘れたことに気付かぬまま、水天宮前から帰宅してしまいます。痛恨です。

検討課題
・また歩きに行く
・深川から木場にかけても歩く

2020年1月28日 (火)

ニュータッチ 名代 富士そば 紅生姜天そば

大晦日に年越し蕎麦を食べますか?最近は年明け饂飩なるものもあるそうで、いっそラーメンおせちとか欲しくなってきたりします。

歌合戦を見終え、有名な寺社仏閣からの中継を見るあいだに食べようと思って買っておいたカップ麺です。富士そばシブイです。
実際にはお酒を飲みすぎてしまったり、満腹を遥かに超えるほど食べてしまったことから、大晦日に食べることはできませんでした。

年明け後、ソウソウと思い出し食べてみます。紅生姜天をのせたそばを啜っても店内に流れる聞き慣れない演歌は聞こえてこず、
店内に漲る独特の殺伐とした緊張感も感じられません。やはり早朝の実店舗に行って食べないといけないかと思ったりします。
たいへんおいしゅうございました。

20200128

通常からだいたいダメな感じで営業中の私です。ですから富士そばでだって飲めるときには当然のように飲んでしまうわけです。
そば抜き肉富士にかき揚げ天と紅生姜天をブチこむと天ぷらが汁を吸いきって、そういう料理ができあがり酒の肴になるんです。
それをつつきながらグジグジ、ダラダラと飲んだりもしました。もちろん飲んだ〆には軽くカツ丼も食べおきます。コースです。
勤務地の上野周辺にもビールを提供している店舗がいくつかあるようです。久しぶりに飲みに行ってみようと考えたりします。

検討課題
・六文でコロッケ
・小諸で香味豚


2020年1月27日 (月)

北へ

今年も青森ツアーの季節となりました。
昨年はこれまでの作戦を大幅に変え、1週間という長期間の滞在をしたものの雪掻きに遭遇できたのはツアー初日の1回のみ。
なんともウンニョリした結果となりました。マジで暖冬きてる?これが噂に聞く地球温暖化ってやつ?そんなことを考えてしまいます。

200127

今回の旅程は現地の天候等々、状況の変化に対応しやすくしています。望むのは全日程での午前午後バンバン雪掻きです。
ツアーについてのモロモロはまた後日。

検討課題
・帰りの荷物を増やさない
・中三に寄るチャンスを窺う

2020年1月26日 (日)

BOLT ACTION 1/56 T-34/76 MEDIUM TANK 2/2 完成

鬼戦車!

Oni_21

転輪のゴム部分側面は、履帯と接触しないと思われるのでもっと乾いた白っちゃけた土色にすべきだったと塗り終わってから気付きます。

Oni_22

たぶんもっと明るい緑色にしたかったはずなんです。下塗りとして用いた緑色の選択を間違えたことは確かなような気がします。
今後またソ連戦車を作ることもあるような気もするので、ソ連戦車における「俺の緑色」を探す旅に出る必要性を感じたりします。

Oni_23

同じ中戦車枠にあるシャーマンと並べてみます。星形エンジンを搭載するシャーマンは、遠くから狙いやすいくらい腰高だと判ります。

正月からダラダラと陸海空にヨンサンまで作り、もしかしてグランドスラム達成?とか考え違いをしたまま完成とします。

検討課題
・日本の中戦車も作る
・ソ連戦車の緑色を探す

2020年1月25日 (土)

BOLT ACTION 1/56 T-34/76 MEDIUM TANK 1/2

ヨンサン作った! えぃ!
飛行機も作った! えぃ! えぃ!!
艦船も一応作った! え、えぇ〜?
あと作ってないのは、と思い巡らし残るジャンルとして何となく戦車を作ろうとしてみます。

Oni_11

間もなく鬼の活躍する節分です。ということで鬼といえばの「鬼戦車」に生贄となっていただこうと思います。

Oni_12

グレーの樹脂で成形されたランナーが3枚ほど入っています。他に組立説明書とデカールが同梱されています。
砲塔は3種類のなかから1種類を選択できます。身を乗り出す戦車長を取り付ける際の開放状態用ハッチも付属されます。

Oni_13

一通り接着します。
今年の干支は子ですから丸形ハッチを両方とも開けてしまいたくなりますが、某所から訴えられると怖いので自重します。ハハッ!

Oni_14

車体にはグリーングレー、転輪ゴム部と履帯へはダークグレーを塗り、よく乾かします。

検討課題
・ガーランド機を作ってみる
・たこぶえなんですと言い張る

2020年1月24日 (金)

PRO LINE PL-2 FORD MUSTANG IMSA GTS DAYTONA 1993 3/6

シンナー風呂に浸けて平成の名残もキレイサッパリ落としきったら、どうにかアレするために何となく製作を進めます。

Cobra_9331

ボディをガイアノーツ社 Ex-01 Ex-ホワイトを景気よく吹いておきます。
カウルを留めるファスナー部分は、帯金などを嵌めこめるよう彫り込んだほうが良かったと思いますが手遅れです。あと面倒です。

Cobra_9332

シャーシ側の製作も進めます。内装部品はレジン製のシート以外は全てホワイトメタルでできています。チマチマ組み立てます。
各部の補器類は目立つ部分以外、ライトグレーで適当に塗っています。ダッシュボード付近に取り付く何かのリザーバタンク様の
部品の取り付くべき場所を探し出すことができません。目立つ場所に設置されているはずなのに断腸の思いで省略します。

Cobra_9333

ボディを載せてみます。内装部分はだいたい見えなくなるのでオッケーです。

Cobra_9334

Bピラー周辺から後部へ這い回されるオレンジ色のダクトは、メタルにオレンジをそのまま吹き、蛇腹感を強調させてみます。

製作にあたり後回しにしていたアレコレにソロソロ向き合わないとならないようです。

検討課題
・自分の気持ちに正直に作る
・見えない部分はとにかく手を抜く

2020年1月23日 (木)

eduard 1/72 MiG-21MF Fighter Bomber 3/3 完成

マグロ! 令和2年の幕開けを告げるかのように豊洲で行われたマグロの初競りは驚きの落札価格でした。

Mig21_31

カジキマグロのデカールは細分化されていることから、貼り込む際は前後上下等の辻褄が合うように注意しないといけません。
そのデカールは各部のバルジや突起部に対しての考慮はなされていないため、軟化剤を浴びせたり、切り刻む必要もあります。
そんなことからデカールを貼るだけで精も根も尽き果て、機体全体にツヤを合わせるトップコートを吹くことさえしていません。
もちろん細々とした各種コーションマークも全て省略しています。結果、注意書き等のデカールシート1枚がマルマル残りました。
各国、各機の面倒くさい記念塗装を機体全面に施されたような航空機を作られるモデラーはスゲーなと思ったりもします。

Mig21_32

ショックコーンや垂直尾翼上端はもう少し明るめの緑色で塗ったほうが良かったと思います。思った以上に濃緑色すぎました。

Mig21_33

垂直尾翼には水色で“FISHBED”の表示もされています。ポーランドとカジキマグロとの由縁も気になります。

Mig21_34

尖ってます! ジェット機です!! 部品精度も高く週末が1週間程度あれば簡単に組み上げることができる素晴らしいキットです。

Mig21_35

キャノピーの窓とフレームの間にある茶色い枠状の部分は、塗装でどうにかできなさそうだったことから省略しています。

次こそは銀色のジェット機! 企むだけは企んでおこうと思います。

検討課題
・単座の次は複座
・手に負えないキットは早めに処分しておく

2020年1月22日 (水)

eduard 1/72 MiG-21MF Fighter Bomber 2/3

俺のミコやんがグレビッチ! 金土日でやっつけるぜ!! そんなことを目論見つつ週末から製作を始めてみます。

Mig21_21

Day 1
中綴じされた冊子状の組立説明書を読み込み、いくつもの余剰パーツを含むパーツ群から必要な部品を切り出し組み立てます。

Mig21_22

Day 2
さらに部品を切り出し組み立て、MiG-21らしくみえる基本形状に漕ぎつけます。

Mig21_23

Day 3
イジェクションシートを取り付け、脚周りをチマチマ作ります。ここで機首部分にウェイトを仕込むのを忘れていたことに気付きます。
尻もち回避のため、釣り用のバレットシンカーというタングステン鋼でできた錘をショックコーンにミッチリ詰め込んでどうにかします。
また、エデュアルド社らしく精密なエッチングパーツもキットに同梱されていますが、シートベルトをはじめエッチングパーツは使わず
作り進めます。理由は俺の週末は日本では平均的であることと、何よりも細かく薄いパーツと格闘するのは面倒至極だからです。

あれ? 金土日と作ってるけど完成してないな。

Mig21_24

Day 4
下塗りでもなくダークグレーをペタペタ塗ります。今回はスジスジ塗っているほど時間的余裕はないためバシバシ塗ります。

Mig21_25

Day 5
ムラなんて気にせずライトグレーを重ね塗りします。
デカールを貼る準備に取りかかりながらチェコスロバッキョの週末ってずいぶん長いな、なんてことを考えたりします。

検討課題
・週休6日の週末を堪能してみる
・姉さん六角蛸錦と歌っておく

2020年1月21日 (火)

eduard 1/72 MiG-21MF Fighter Bomber 1/3

エイビスに負けた! おぅ!
ミグにも負けた! おぅ!おぅ!
いいえソモソモ俺がアレだった! おぉ〜ぅ

昭和枯れすすきムードで自らの現状認識をします。そのうえで自らの現状から目を逸らし、次の餌食となる生贄を見繕います。

Mig21_11

ホビーショップへ行き手に取ったのはジェット機のMiG-21。機首、翼端とイロイロな部分が尖っていてジェット機感満載です。
MiG-21ならソ連マル出しで銀色にしたいところですが、カジキマグロなスペシャルマーキングの誘惑には勝てっこないんです。
しかも箱には“WEEKEND edition”なんて書かれています。額面通りに受け取れば週末にチャラっと作れそうに思えてきます。

もちろん前段はあったんです。
ジェット機作りたい! 鯉のぼりみたいなヤツ! 翼端に増槽付いてるヤツ! 銀色塗りたい! ポンチキな機種ならなおよしっ!!
そんなことを考えながら棚の隙間を中心に探し、在庫の崩落に怯えながら満額回答な対象キットを引っ張りだしたりします。

Mig21_12

MPM 1/72 Hispano Aviacion HA200 Saeta
イスパノのサエタです。キャノピーがプラインジェクション製であることが最大の売りといって過言でもないようなポンチキキットです。

Mig21_13

簡易インジェクション丸出し。ダボ? はぁ? 合い? はぁぁっ?? なにもかもを望むことさえ拒絶するような仕様が通常だったりします。

Mig21_14

透明度の高いインジェクション製プラキャノピー、高品質なデカール、レジン製細部パーツ。ここだけ見れば最高です。
そうじゃない。そうじゃないんですよ。コックピットを仕込みながら機体の左右を貼り合わせることさえ拒否され、敢えなく撃沈です。

白旗揚げて降参です。そんなことがあってのエデュアルドのミグなんです。軽い気持ちでパチパチ作っちゃいたいだけなんです。
なんかもう無理。そんな気分でサエタのキットを捨てます。

検討課題
・確実に作れる簡易インジェクションだけを買うようにする
・銀色のジェット機を諦めない

2020年1月20日 (月)

町屋から日暮里

2020年1月5日、正月休みも最終日。明日からまた仕事する振りをせにゃならんとゲンナリしつつも少し歩きます。

20200120_01

町屋駅から地上に出ます。個人的に駅ホームの配置から、地上に出たとき東西南北をすぐに把握できない少々苦手な駅です。

20200120_02

地下に千代田線が通る尾竹橋通りと、横に京成本線が平行する藍染川通りの交わる花の木交差点で京成の鉄骨を味わいます。

20200120_03

明治通りを渡り冠新道から尾久橋通りを歩き西日暮里駅前に出ます。細い道が斜めに通ることから迷子になりまくりです。

20200120_04

西日暮里駅と日暮里駅間に広がる宿泊施設密集地にある渡る際、最徐行しないと腹を擦りそうになる常磐線の踏切。

20200120_05

望楼のようなものを持つ日暮里駅。
原宿駅にも行っておこうかと考えたりしながら谷中から上野に抜けて帰宅します。

検討課題
・三河島周辺を歩いてみる
・迷子になりっぱなしのまま歩く

2020年1月19日 (日)

starter PONTIAC GRAND PRIX KODIAK 1989 3/3 完成

タイトルの通りstarter PONTIAC GRAND PRIX KODIAK 1989です。

Kodiak_8931

やっぱりリアフェンダー部にかかる黒/黄土色のラインは水平、平行じゃないことがバレバレです。こんなもんですよ。
フロントバンパーの右角部分を何かにぶつけたのか、塗膜がポロリします。どうにもできないのでタッチアップします。

Kodiak_8932

後方からみると黒/黄土色のラインの歪みは顕著となり、もはや何をどうしようとも誤魔化せない状況となっています。

Kodiak_8933

フロントウィンドを接着し、ボディとシャーシをネジ留めしたあとにウィンドブレースを仕込むのを忘れたことに気付きます。
硬くなるとともに脆くなっているバQ製フロントウィンドをメリメリと剥がしたりするのはデンジャラスな気がするのですよ。
ただ、1980年代後半となるとブレース無しとはいかないと思うので、外側からプラ板を貼ってそれっぽくしておきます。

Kodiak_8934

いつも通りダメダメなまま、ラスティ・ウォレスのドライブしたポンティアックを並べて完成とします。

検討課題
・やるべき工作はメモしておく
・完成間近になって何かにぶつけない

2020年1月18日 (土)

starter PONTIAC GRAND PRIX KODIAK 1989 2/3

ボディ、シャーシへ施した白塗装も乾きだしてしまったのでデカールを貼る作業に取りかかります。

Kodiak_8921

ニッコリと歯を剥き出しにする熊ちゃん柄もラブリーな噛み煙草コディアック。デカール保護のためクリアーを吹きつけます。

Kodiak_8922

リアフェンダーにかかる緑色のベタデカールを貼り込む際に、ボディ側面のプレスラインと平行を保てず失敗することになります。

Kodiak_8923

今後、コディアック・ポンティアックを製作されるモデラーに対してのアドバイスとして、黒/黄土色のライン部は緑色部から切り離し
緑色部分は面倒でも塗装をするなどした方がボディ側面のプレスラインと平行を保つことが容易になると思います。がんばって!

Kodiak_8924

この角度から見下ろすと黒/黄土色のライン部の歪みはさほど気にならないような感じもします。そんなんじゃダメなんです。

検討課題
・デカールを細分化することを厭わない
・大丈夫な角度からしか見せない工夫をする

2020年1月17日 (金)

starter PONTIAC GRAND PRIX KODIAK 1989 1/3

確変継続です。ラスティ・ウォレスが1989年にドライブした熊ちゃん柄のコディアック・ポンティアックに手を出してみます。

Kodiak_8911

実際の仕込みと、塗装タイミングはマーキュリー・サイクロンと同時期だったので、同じようにガーッと削って、バーッと塗っておきます。

Kodiak_8912

80年代後期からのポンティアック・グランプリに対して施す手抜き工作の一環として、リアスポイラー部を事前に切り離しておきます。

Kodiak_8913

ダッシュボードを黒くするためにマスキングします。

Kodiak_8914

隙間が無いようにと祈りながらクレオス社 S33 つや消し黒を吹きます。

Kodiak_8915

マスキングテープを剥がします。漏らしたりもせず上手く塗れてしまったことに釈然としない気持ちになります。

ボディの塗装を乾かしている間に内装の細かいところを塗っておきます。

検討課題
・白はカンペにするか試しておく
・いっそロックに戻すことも考える

2020年1月16日 (木)

慶豊 御徒町

店舗は御徒町駅から南へ歩いた高架下にあります。

Okachimachi_03

エビレタス炒飯とエビ玉子チリソース。
甲殻類万歳!単品メニューからエビ固めな感じで注文します。炒飯にはスープもセットされます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・新たにメニューに追加されたものを食べておく
・ガード下スタートからのガード下フィニッシュを決める

2020年1月15日 (水)

えぞ菊 御徒町店 御徒町

店舗は御徒町駅から南へ歩いた高架下にあります。

Okachimachi_02

旨辛味噌+餃子セット。
通常の味噌ラーメンに旨辛ダレを溶かし込んだスープ。カウンターに用意された辛味噌に比べマイルドな辛さだと思います。
もう少し寒くなったらバターやコーンも追加して札幌感マシマシにして食べたくなる安定感ある味噌ラーメンです。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・ラーメンをつまみにして飲んでみる
・ラーメンをおかずにしてラーメンライスもやっつける

2020年1月14日 (火)

戸隠製粉 御徒町

店舗は御徒町駅から南へ歩いた高架下にあります。

Okachimachi_01

天丼セット。
揚げたての天ぷらを盛りつけた天丼と、蕎麦のセット。
過去に数回、同じセットを注文し食べていますが、高確率で丼の外側に天丼のタレがベタベタと付着したままだったりします。
粗忽な私の行いで店員さんの不興を買ったのか、タレ増量サービスの一環かは不明ですが丼を手に持つとタレが付着します。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・食器を手に持たないで食べる
・そのタレも舐め取る

2020年1月13日 (月)

GAFFE PROTO ROVER QUADRO DAKAR 1989 3/4

クリアを吹いて乾かして、削って薄めたクリアを再び吹いて、時間をかけて念入りに乾かして。その前にと思い出します。

Quadro_31

フロントグリルとフロントバンパーをツヤ消し黒で塗るためにマスキングテープでグルグル巻きにします。

Quadro_32

たぶん大丈夫なはず。そう自分に言い聞かせたらクレオス社 S33 つや消しブラックをシュシュっと吹いてみます。

Quadro_33

ヘッドライト横にあるポジションライトあたりのキワがモヤモヤしています。いいです。細かいことは気にしなくていいんです。

再び放置して乾かします。

検討課題
・キワ部分はコンパウンドで軽く磨く
・シャーシも併せて作っておく

2020年1月12日 (日)

殿 秋葉原

店舗は秋葉原駅から東へ歩いた場所にあります。

2020112_01

たかちよ。
新潟県南魚沼市にある髙千代酒造株式会社のお酒。お猪口に注いでいただいてるのを凝視していたため詳細記録漏れです。
たいへんおいしゅうございました。

2020112_02

エビマヨ。
甲殻類万歳!こちらにくるとマヨネーズを摂取したいがためにツイツイ注文してしまう肴です。
たいへんおいしゅうございました。

2020112_03

オロナミンハイ。
元気ハツラツとか元気ですか〜っ?って感じで飲んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・キャッシュオンのお店で万札を使わない
・むしろじゅうぶんな小銭を用意しておく

2020年1月11日 (土)

三ぞう 秋葉原

店舗は秋葉原駅から北へ歩いた場所にあります。

20200111_01

玉乃光 純米吟醸酒。
京都市伏見区にある玉乃光酒造株式会社のお酒。アルミ製ワンカップで提供されます。お通しは千切りキャベツ。
たいへんおいしゅうございました。

20200111_02

うずらの和風ピクルスとクリームチーズの味噌醤油漬。
注文後すぐに配膳していただけそうな肴として注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20200111_03

アジフライ。
メニューにはタルタルなんとかとも書かれていたように思いますが、記憶があやふやです。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・店員さんにシカトされても注文を諦めない
・気弱そうな店員さんを選んで強めに注文する

2020年1月10日 (金)

喜どり 仲御徒町

店舗は御徒町駅から上野御徒町中央通りを北へ歩いた場所にあります。

店舗住所は台東区上野。またグルメサイトなどでは「上野店」との記載もありますが、店名看板に「御徒町」と書かれていたり、
徒歩で利用する場合の最短距離が仲御徒町駅A7出口ということあり、上記の仲御徒町とします。

20200110_01

新政 No.6 X-type。
秋田県秋田市にある新政酒造株式会社の純米大吟醸酒。新酒ですし、生酒ですし、ナカナカ飲めないですし、飲んじゃいます。
たいへんおいしゅうございました。

20200110_02

エビの塩焼。
甲殻類万歳!他に出汁巻き玉子、レバーのねぎまみれ、つくね、もも、ししとうなども注文します。
たいへんおいしゅうございました。

20200110_03

会津中将 純米酒。
福島県会津若松市にある鶴乃江酒造株式会社のお酒。
これを飲む前に福井県永平寺町にある黒龍酒造株式会社のお酒、黒龍 いっちょらい 吟醸酒も飲んだりしておきます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・半合で片っ端から飲む
・珍しいお酒なら尚のこと飲む

2020年1月 9日 (木)

starter CHEVROLET LUMINA DUPONT 1993 7/8

ボディに厚く、厚く塗ったクリアーも乾いたようなのでデカールの段差を消すように表面をザッと削り、再度クリアーを吹きます。
このときは「まさかこんなことになるなんて」などと思うことも無かったのです。仕上げにと薄く塗ったクリアーも乾いた令和2年。

Dupont_9371

おわかりいただけますでしょうか。

Dupont_9372

エンジンフード部分のクリアー層に一筋のヒビ。デカールのキワに沿ってということでもなく、唐突にバシッとヒビ割れています。
まったく正月から縁起でもないことでござんす。今年一年の己が未来を暗示しているんじゃないかと暗澹たる気持ちになります。

Dupont_9373

ほぼ溶剤といったくらいに薄めたクリアーを筆で流し込みますが、作戦は成功した感じには全く見えません。参ったなこりゃ。

○ 普段、使うことのないクリアーを代替品として使ったから。
○ 単純に乾いたクリアー層が割れてしまうほど厚く吹きすぎたから。
○ 冬期の塗装から乾燥にかけて温度差が大きかったから。
○ 日頃の行いの悪さから。

理由はいくつか挙げられますが、割れてしまったものは仕方ありません。ラッカーでも割れてしまうことがある、ということです。
適当にリカバーした風にして、細かい部品を取り付け完成を目指したいと思います。

検討課題
・クラック塗装に挑戦してみる
・最適なクリアー層の厚みを考える

2020年1月 8日 (水)

Heller 1/72 Saab J21A 3/3 完成

先に塗ったスジスジを隠すでもなく、残すでもない感じにしながら薄めたダークグリーンを上塗りして仕上げます。

Saab_j21a_31

俺を嘲るスウェーデンのラウンデルを始めとしたデカールはキット付属のものをそのまま貼っています。ツヤが合っていません。

Saab_j21a_32

スピナーの青は、垂直尾翼の“D”の青色と合わせたほうが良かったと思います。ちくしょう、アイツやっぱり俺のこと笑ってやがる。

Saab_j21a_33

キャノピー部分の部品分割に独特さがあり組み立てに難儀します。三本脚でバキバキに立てたことだけでもよしとします。

検討課題
・直輸入ノーカットモデリングを楽しむ
・デンマーク軍所属の飛行機も作る


2020年1月 7日 (火)

Heller 1/72 Saab J21A 2/3

酔ってるから、ね? 誰ともなく言い訳をし、あたりを見回し誰もいないことを確認しながら適当に製作を始めます。

Saab_j21a_21

前脚カバーの取付について正確ではないと思います。酔っていますから説明書もよく見ることもせず、なんとなく作っていきます。
それでもキット自体の素性は非常に良く、思いの外スムーズに組み上がります。酔ってなければスムーズさ倍増間違いなしです。

Saab_j21a_22

下面は緑がかった成型色を塗りつぶすようにグレー数色を適当に塗り重ねていきます。

Saab_j21a_23

飽きもせずスジスジと塗ります。最終的に濃緑色を目指しながら水色や紫色も加えてみます。どんな効果を得られるか不明です。

検討課題
・気が向いたらバンパイアも手に入れる
・どさくさに紛れてシーベノムもどうにかする

2020年1月 6日 (月)

Heller 1/72 Saab J21A 1/3

新春泥酔モデリング!!
ヨンサンはどうした?と胸ぐらを掴まれユサユサされそうです。泥酔してるときにユサユサされたら大変なことになっちゃいます。

俺にジェット機はマダマダ早いか。そんなションボリしちゃった気持ちをどうにかするでもなく、そうはいってもジェット機は作りたや。
そこで後年、サーブ J21Rとしてジェット機型も開発されたレシプロタイプのサーブ J21Aを手慰みに生贄としてみたいと思います。

Saab_j21a_11

フィヨルドな海岸線沿いをブンブン飛んでるサーブ J21Aを描いた箱絵。やはりエレールの黒箱シリーズはいいものです。

Saab_j21a_12

ランナーは4枚。双胴、後退翼、後方推進。たまらない要素がてんこ盛りです。

Saab_j21a_13

デカールまで俺のことを笑っていやがる。泥酔していると、この世の全てに見放され、嘲笑されている妄想に取り憑かれます。

検討課題
・酔ってるときに現れる誰かに人生相談をしない
・酔ってるときに現れる誰かに喧嘩腰にならない

2020年1月 5日 (日)

初詣

2020年1月2日、飲んだくれていても仕方なので、体内のアルコールを排出させるでもなく初詣に行ってみます。

20200105

訪れたのは昨年同様、上野にある五條天神社。自分の勤務地が上野ということもあり、健康祈願も兼ねて参詣します。
上野公園に近いためか昼頃に詣でているのに賽銭投げ渋滞が発生しています。自分の順番になるまでジッと待ちます。
小銭をバッと投げ入れ、二礼二拍一礼と併せ投げた賽銭以上のお願いを神様にします。ど厚かましさこの上なしです。

検討課題
・久しぶりに夜の初詣もやってみる
・御朱印帳を持ち歩くか考えてみる

2020年1月 4日 (土)

SMER 1/180 art.0904 DRAKKAR OSEBERG 2/2 完成

新春泥船ショー!
大丈夫です。作ってるとき手が震えるのは寒いからです。お酒が途切れたからじゃあないんです。本当です信じてください。

Battleship_21

一瞬それっぽく見えれば勝ちです。何に勝てたのかは判りませんが、いつでも何かに負け続けている自覚くらいはあるんです。
キットの部品は全て使っています。追加工作は一切していません。それでも何となくヴァイキングの軍船のようには見えています。

Battleship_22

マストが曲がっています。真っ直ぐ走れません。マストや帆に付く細かいロープは全て省略しています。妙にスッキリしています。
船室と帆のカンバス部分は箱絵を見ながら青っぽくしましたが、潮風を浴び褪色した灰色っぽい感じにすべきでした。手遅れです。

Battleship_23

帆裏面のプッシュピンの痕も消さないワイルドモデリング。正月ってことでご容赦ください。酔いも覚めないまま完成とします。

検討課題
・艦船模型製作の機会を窺う
・酔ってないときに作る

2020年1月 3日 (金)

SMER 1/180 art.0904 DRAKKAR OSEBERG 1/2

新春泥酔モデリング!
なかきよです!とおのねふりのナンチャラです!!正月恒例、目出度い初夢をなんとかして見るための宝船プレイです!

事の起こりは令和元年の横浜ホビーフォーラムでのこと。会場にて「重いのを入手した巨匠」さまから艦船モデルやってみ?と
軽く言われます。巨匠さまからお預かりしている「ぜかまし」を手元に置き、鑑賞しつつ彼我の差に愕然とする日々なのにです。
そこで泥酔したまま、彼我の差はそのままに当初のかけことばを「新春泥船モデリング!」とゴッチャにしながら在庫を漁ります。

Battleship_11

軍船です。大砲とか艦橋とか見当たりませんけど軍船です。私ごときが戦艦に手を出すのはマダマダ時期尚早ってもんですよ。
引っ張り出してきたのはスマー、あるいはセマーなどと呼ばれているメーカーの艦船キット。いわゆるヴァイキングの帆船です。
いつ、何を思って購入したのか酔っていなくても思い出せません。棚を漁れば同社のダバーチンとかも発掘されそうな気もします。

Battleship_12

スケールは1/180。比較対象が無いので大きいのかどうか判断付きません。調べてみると同社からリリースされている1/60の
ヴァイキング船にはオールを握る戦士や、頭領のフィギュアも付属されているようです。考えただけでも作りたくなくなってきます。
オール折れてるな。中途半端にバリがあるな。チェコのキットっぽいし細かいことはどうでもいいか。そんな感じでしかありません。

Battleship_13

デカールの端に2001と印刷されていますから最近のキットといって差し支えないと思います。
舷側に並ぶ防盾と、帆に描かれるナゾ生物はデカールを貼ることで再現できます。これは北欧神話のヨルムンガンドでしょうか。

よく分からないことは放っておき、酔ったまま作り出します。

検討課題
・漫画VINLAND SAGAを読み返す
・バイキング料理での必勝パターンを探す

2020年1月 2日 (木)

年頭所信

今年も作るわけです。やりますよ、完成度なんて無視してドンドン作らないと在庫に部屋を占拠され、立って寝ることになりますから。
立って寝る事態に陥らないために何をすべきか、年末からの酔いも進んだ足りない頭でヌチヌチと考えたり飲み足したりするのです。

20200102

工作、あるいは製作の効率化という部分についてどういった事ができるかを試し、確かめてみようと考える振りをします。
自分の楽しみ、人生の余暇として趣味でやってるヨンサン製作に効率化は必要か?という意見は至極全うであり正論だと思います。
ただ、上記の通り立って寝たくないのです。ゴジュウを過ぎ、肉体に蓄積される疲労と戦ううえで可能な限り横になって寝たいのです。

比較的原色を用いたカラーリングの多いナスカーを作る際、自分の好みや、自分の作りたい気持ちよりも塗る工程を優先させてみる。
なんだかレイドカーを作るときと変わらない作業手順のようにも思えてきます。思えるどころじゃなく、丸っきり同じなんだと確信します。
仕方ありません。原因は買いすぎた自分のせいであり、お世話になるエージェントが優秀すぎるからなんです。どうか今年もよしなに。

検討課題
・繰り返される同じ工作を倦まない
・それでも買っちゃう意志の弱さを笑わない

2020年1月 1日 (水)

元旦

新年あけました。

もう毎年同じことを書いています。書いているような気がするどころの話じゃありません。同じことを繰り返して書いています。

新時代を飾る令和初元旦。そろそろ「令和最初の〜」ブームも沈静化してきた感じもします。どうでもいいことと重々承知です。

20200101

今年の夏は平和の祭典が東京を中心とした各地で催されます。なんたって津軽海峡を渡った先まで「東京」でひとまとめです。
江戸川の先で「東京なんちゃらランド」なんて称しているのが可愛らしく思えてくるほどです。新年初日から文句タラタラです。
ま、アレですけど今年も変わらずノロノロ、デロデロとやっていこうと考えたりします。

検討課題
・男子レジンバリ取り100kg超級の日本代表を目指す
・男子シンナー風呂高飛び込み自由形の日本代表も目指す

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »