2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« Sward 1/72 SW72115 TBM-3W "Guppy" Aeronautique Navale, Kon.Marine 2/3 | トップページ | われる »

2020年3月 9日 (月)

Sward 1/72 SW72115 TBM-3W "Guppy" Aeronautique Navale, Kon.Marine 3/3 完成

何かに取り憑かれたように飽きもせずスジスジと塗り重ね、まだ足りないと主翼下面などの淡色部にvallejo 70989 スカイグレーを
スジスジし、トドメとばかりに濃色部へ71053 ダークシーグレー、淡色部へは 71050 ライトグレーを思う存分塗り重ねておきます。

Guppy_31

やはり、グッピー部が何ともいえないほどグッピーすぎてアベンジャー感を薄れさせてしまっているように思えてなりません。
そしてその巨大なグッピー部のせいで主脚が垂直を保てず、いわゆる「ハの字」になってしいます。実機がどうだったか未確認です。
濃色部と淡色部の境界がレロレロです。塗装ガイドをみるとピッチリした塗り分けのように思えたりします。ただ、今回までの一連の
所業は冬期の筆塗りによる水性塗料による塗装習熟が目的ですので、そこらへんの精度は無視しています。甘やかせてください。

Guppy_32

キット付属のデカールは、脆く、シワになりやすく、すぐに丸まり、簡単に割れるタイプでした。否定的な要素を先行させましたが薄く、
凹部へ馴染み、発色も良い高品質なデカールでもあります。最大の難点は、おフランス海軍仕様の段だら縞が無かったことです。
そんな扱いに細心の注意を要するデカールですから、細かい注意書きなどは貼ることを諦め、全て省略しています。

Guppy_33

後部銃座が無いとアベンジャー感に物足りなさを感じてしまいます。なんとかして普通のアベンジャーを作りたくなってしまいます。

Guppy_34

垂直尾翼の“D”の文字が斜めっています。キャノピー窓枠への塗装は当然のようにヨレヨレです。もうどうでもいいです。

今シーズン中にもうひとつくらいナナニーをやっつけたいな。いつの間にか積み上がっているナナニータワーを見ながら完成とします。

検討課題
・銀色のをなんとか
・複座型もどうにか

« Sward 1/72 SW72115 TBM-3W "Guppy" Aeronautique Navale, Kon.Marine 2/3 | トップページ | われる »

コメント

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
え? リアル金たまごヒコーキ感がなんですって? それにしても機体下面の存在感です。
ソード社の自衛隊グッピーいいですね。作りごたえのありそうなマッハ2のキットも捨てがたいというか、捨てたくなりますけど。

リアルたまごヒコーキ感が凄いですね。
海上自衛隊のデカールが入ったバージョンを発見してしまいました。
やっぱり、おフランスの方が塗装がオシャレですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Sward 1/72 SW72115 TBM-3W "Guppy" Aeronautique Navale, Kon.Marine 2/3 | トップページ | われる »