2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« 作業工程の標準化という名の失敗回避策 | トップページ | なおじん 秋葉原 »

2020年4月14日 (火)

レーサーズ外伝 Vol.03 クリスチャン・サロン 三栄書房刊

発刊3番目、Vol.3なら1986年のYZR500(OW81)か、1990年のYZR500(OWC1)でもよかったんじゃない?という表紙。
そんなことを気にするでもなく気にしつつも書店に積まれていればイソイソと購入するわけです。

Sarron

読んでいて1983年のYZR500(OW70)に乗っていなかったことに気付きます。
ソノートカラーの#10 マーク・フォンタン車に何かあって乗ってたような気がしていましたが、ただの勘違いだったようです。

それにしても副題の「青の騎士道」とある通り、青いカラーリングのイメージは強烈で、80年代の福田照男や清水雅広といった
WGP250ccに参戦していた選手と合わせ「青い選手」といった感じで、レプリカヘルメットとともに記憶に残っていたりします。

kiwiのヘルメットを探して上野をフラフラしたことや、ゴロワーズを吸って不味いなぁと思ったことを思い出したりします。

検討課題
・ジタンの味を思い出す
・ソノートカラーの何かを作る

« 作業工程の標準化という名の失敗回避策 | トップページ | なおじん 秋葉原 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 作業工程の標準化という名の失敗回避策 | トップページ | なおじん 秋葉原 »