« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月の記事

2021年1月31日 (日)

ハセガワ 1/72 F-16B PLUS FIGHTING FALCON 3/3 完成

おっさんの私にとってF-16とはこのトリコロールなカラーリングなのです。ですから、それ以外の色柄はもはやどうでもいいんです。

F16b_31

垂直尾翼の白い部分が水平じゃありません。その白い部分にあるべき型式表示のようなものもありません。心眼で見るのです。

F16b_32

主翼に貼ったインシグニアなどのデカールはサイズがあっていません。ソモソモがF-16用のデカールじゃ無いのでオッケーです。

F16b_33

インチキ塗装を施すにあたり適当にイロイロ調べると、機体下面の青部分はだいたいこんな感じになっていることを知ります。

F16b_34

面倒なことは考えず、考証とか史実なんて無視して思うように塗りたくって遊ぶのです。これも修行、遊びも修行なのですよ。

検討課題
・派手目なカラーリングを塗ってみる
・嘘カラーリングを適当に試してみる

2021年1月30日 (土)

ハセガワ 1/72 F-16B PLUS FIGHTING FALCON 2/3

ハセガワの組立説明書は久しぶりすぎて慣れないなぁと思いつつも、何も考えずトカトカ部品を接着し組立自体を完了させます。

F16b_21

マッチボックスの3Cを作った際、主脚取付に難儀したことから今回はパイロット2匹を乗せた飛行状態にして製作を進めてみます。
とりあえずエアインテークあたりと、ねんどろ用台座にネオジム磁石を仕込みんでピタピタとくっつくようにします。

F16b_22

いつもの抽斗を開けたり閉めたりしながら何のために購入したのか思い出せないマイクロスケールデカールを引きずり出します。
セイバー、ブードゥー、デルタダガー、どれも自分の守備範囲じゃない飛行機です。おそらく間違えて買ってしまったのでしょう。
ならばと、このデカールもいっそ生贄にして成仏させるいい機会と捉えます。

F16b_23

機体を新宿の花園神社でやっていた白塗りのアレっぽくなるイメージで、グレーの上に白を塗り重ねます。

F16b_24

主翼を赤くします。これだけだと航空自衛隊の実験機に見えなくも無いことも無い感じです。

F16b_25

とどめに青黒くします。F-16といえば、やはりこんなトリコロールこそが正義なんじゃないかと思うのです。細かいことはいいんです。

検討課題
・フレンチトリコロール風を何かで試す
・隙あらば芸風の一環としてやらかしておく

2021年1月29日 (金)

ハセガワ 1/72 F-16B PLUS FIGHTING FALCON 1/3

ジェネラルダイナミクスなのか、ロッキードマーチンなのか委細については調べる気も無いまま、試しに買ってしまったハセガワ社製の
F-16Bを積んだままにしておくのも忍びないと思い、成仏させる意気込みで検討課題を果たすでもなく生贄にしてみようと思います。

F16b_11

FIGHTING FALCONにレジスターマークが付いています。権利侵害をするつもりは毛頭ないので、どうかお目こぼしをお願いします。

F16b_12

おそらく従来のタンザニア仕様のキットに追加されたであろうフクザニア部分のパーツ。機体は思っている以上に小さいと感じます。

F16b_13

キット付属のデカール。右下に1987.7と印刷されています。リリースされてから30年以上経過しているキットということなのでしょう。

検討課題
・タミヤのナナニーも作ってみる
・フジミのナナニーも作っておく

2021年1月28日 (木)

餃子の郷 神田西口店 神田

店舗は神田駅西口から駅前の西口商店街を西へと歩いていったあたりにあります。

210128_01

あまりにも辛く痺れるような麻婆豆腐をングング飲み、咽せたり咳き込んだりするとアレですから家庭的な味付けのお店を利用します。

210128_02

名物!四川鉄鍋麻婆豆腐。
熱せられた鉄鍋に盛りつけられた麻婆豆腐はグツグツと沸騰した状態で配膳されます。辛さうんぬんより熱すぎます。
油など飛び散るに任せ、しばらく放置するとハフハフせずとも食べられる温度になり、咽せたり咳き込んだりせずに食べることができます。
たいへんおいしゅうございました。

210128_03

海老マヨネーズ和え。
甲殻類は基本。完全食品であるマヨネーズをタップリまとわせながらハイボールとともにいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・咽せないように落ち着いて食べる
・攻撃力の弱い麻婆豆腐を押さえておく

2021年1月27日 (水)

メダマメダマ

年明けの頃から左目に違和感を覚えます。
縮れた糸くずのような何かが左目の視界に割り込んでくるのです。

部屋の床に寝転がれば、どこからともなく侵入してきた縮れっ毛をそこかしこに見つけることができます。こいつが犯人か?
それともダビングを繰り返し、画質の劣化しきった洗濯屋関連映像作品を薄目にしたまま目を凝らし見続けてきた罰なのか?
原因なんて分からないまま目をグリグリ押さえつけたり、眼球洗浄液でシバシバ洗ってみたりとジタジタと足掻いてみます。

Eyeball

所詮は素人。およそ一週間を経過しても視界に割り込む縮れた何かはそのままだったことから眼科医院へ行ってみます。
はじめに流行性結膜炎に罹っていないか簡単なチェックののち、視力やら何やらの検査をイロイロ行い、状態を確認します。
その後、詳細な診察をする前に瞳孔を開く点眼薬をドボドボ垂らされます。もう瞳孔パックリ、業界的には瞳孔くぱぁ状態です。

瞳孔がおっぴろげになったら眼科医による診察が行われます。
縮れた何かは、眼球硝子体と網膜のあいだに隙間ができ影のようなものが生じて、その影が視界に映り込んでいるから。
隙間ができたのは加齢により眼球硝子体そのものが萎んできてるから。なんともナエナエな診断結果を告げられてしまいます。

ひとまず網膜剥離やなんちゃらといった深刻な病状ではなく、50代前後からよく発生する症状だと慰められます。ドンマイ!
ただ問題は、この視界に映り込む縮れた何かとは、この先ずっとお付き合いしないとならないこと。だって縮れてるんですよ?
参ったな。まさに参った狸は目で分かるでござんす。念のため2月になったら再検査しましょうと言われ眼科医院を後にします。

眼科医院へいった顛末なれど、ボヤキ全開でもありますのでカテゴリーは「ヨマイゴト」としておきます。

検討課題
・早送り画面を凝視しない
・襲ってくる老化に抗う

2021年1月26日 (火)

株式会社宮崎本店 亀甲宮焼酎

正式名称は亀甲宮焼酎。書くにあたり初めて正式名称を知ります。細かいことは横へ置き、なんといってもキンミヤでございます。
さとうきびを用いた甲類焼酎。アルコール度数は25°と、おそらく自分にとっての基準値のような数値といっても過言ではありません。

210126

こんな状況ですからコダマのバイスサワーも購入し「おうちでバイス」を楽しみます。もちろんホッピーも買いそろえておきます。
準備万端「おうちでバイス」であれば中ダブルはおろか、中トリプル、そして夢にまでみた中ナミナミも余裕でこなせるのです。

検討課題
・パックのキンミヤも用意する
・冬でも外でシャリキンやっとく

2021年1月25日 (月)

薩摩酒造株式会社 天使の夢幻

利用する機会の多いスーパーマーケットで目に付いたので購入してみます。
鹿児島県枕崎市にある薩摩酒造株式の19年長期熟成麦焼酎。アルコール度数は37°、いい感じでサラリと飲めてしまいます。

210125

焼酎はよく分かっていません。判断基準は飲んでて側頭部こめかみがジキジキ痛くなるか否かだけです。これは痛みませんでした。
とりあえず判断基準を確立させていくためにも積極的に手当たり次第イロイロ試し、飲んでいこうと思います。

検討課題
・飲める焼酎の量を把握する
・飲みやすい焼酎を探す旅に出る

2021年1月24日 (日)

小正醸造株式会社 メローコヅルエクセレンス

以前、新橋において美味しいお鮨をいただいた際、幹事のN田さまお勧めということで飲んだ米焼酎を見つけたので購入します。
鹿児島県日置市にある小正醸造株式会社の長期熟成米焼酎。アルコール度数は41°と高めですがヌルリと飲めてしまいます。

210124

昨年からの状況もあって、これまで入手に手間取るお酒や、飲食店向け専用酒なども酒販店で思いがけず購入できたりします。
個人的には嬉しいことではありますが、手放しで喜べることではないと思ったりします。よく分からないので飲んで酔っておきます。

検討課題
・少しずつ飲む
・冬でもソーダ割りで

2021年1月23日 (土)

緊急事態とかマスクとか

当然のように今年も大きな声で「この集近閉めっ!」とやるわけです。
なんでも著名な方の予測では、日本に於いて現在の状況が解消され、もとの日常に戻れるのは2022年頃だということです。
つまりは今年も、そして来年に至っても私は何処かの誰かに責任転嫁をするように「この集近閉めっ!」と文句を言い続けるのです。

先進国にあって最も遅いと断じてらっしゃいますが、日本は先進国なんですかね。どなたかが書かれていた衰退途上国なんじゃあ
ないかと思ったりするのです。いつまで先進国面してるんだ?かかる状況においてのバタバタを見るつけ、そう思ってしまうのです。

210123

そんななか、初詣ついでにアメ横を歩いた際に見かけた叩き売りの現場。慌てて記録したためピンボケご容赦。
製造やら性能やら委細モロモロ不明な不織布マスク50枚が税込みで209円。一枚単価が驚きの4.2円。ここまで下落しましたか。
当初の品不足はどこへやら。高値に吊り上げ、売り抜ける予定だったその道のプロや新規参入組はグンニョリしていることでしょう。

このまま2022年までマスク常用の日常が続くのであれば、使い捨てマスクは安価に入手できるにこしたこたぁはございません。
消費者側に選択肢が増えることは良いことです。そしてその叩き売りの現場にあって更に値切る猛者もいたことに喜びを感じます。
果たしてどこまで販売価格が下落していくか。底意地悪く「ザマアミロ」という気持ちを露わにしないようチェックしたいと思います。

検討課題
・大きめサイズを買っておく
・模型用マスクのフィルタを調達する

2021年1月22日 (金)

初詣

さて、そうは言っても年の初めに寺社仏閣へ行き、小銭をブチ撒けながらニムニムとしてみないことには踏ん切りというか、スタートも
できないような気分もするので、決死の覚悟をするほどでもなく買い物ついでにバチ当たり上等と開き直り初詣を済ませておきます。

210122

そんな理由から勤務地近く、アメ横のなかにある摩利支天徳大寺へお詣りします。
適当に小銭を投げ入れ、いつも通り賽銭以上の願い事を聞き届けていただけるよう図々しくニムニム、ニムニムとしておきます。
今年もアレですからね。まぁそういうことですから何はなくとも健康第一。何としてでも禿げずに生き残りたいのです。それだけなんです。
気の済むまで盛りだくさんのお願いをしたら線香を買い、軽く炙ってモウモウと立ちこめる煙を全身に浴びて摩利支天さまを後にします。

検討課題
・願うは世界征服
・求むは世界平和

2021年1月21日 (木)

3001

さて、そんな感じで変化もないようなままヌパヌパと続くのです。
昨年からのグダグダにより外出もままならず、大っぴらに外で飲んだくれることも抑制しないとならない状況が続いています。
おそらくこの状況は、もうしばらく続くことになるだろうし、私もそういった状況に適応していかないといけないのでしょう。

人に後ろ指さされ、せせら笑われることに無上の喜びを感じなくもなくはない私の芸風的には困った状況なわけなのです。
なんとか適応したうえで笑われていきたいと考えたりします。

3001

最近は海外、特に米国と中国から画像収集を目的としているようなアクセスが増えてきているような傾向が見受けられます。
であれば、意識的にでも可能な限り彼らの飯の種にならないよう、彼らが困惑するような内容にしていくかとなるわけです。
だってそんな正直者ではないし、根性は無くても底意地は悪かったりする嫌な人間性なんですもの。

画像は昨日に引き続き、頭の悪い補色のパネルにイタコプレイにて天界から呼び寄せたビッグゲストを配してみます。

そんなこんなのアレですからビッグゲストもお手上げだったり、腰を割ったりしちゃっているんです。
文章に若干の既視感を感じても軽く受け流すのが大人の処世術です。

検討課題
・検討課題たり得なくても続ける
・検討課題はできるだけ果たす

2021年1月20日 (水)

3000

ありゃま、こりゃまと言ってる間に3000回。
先達の阿闍梨様に倣うよう1000回、諦め悪く2000回、そしてダラダラと3000回。
惰性で続けてる感じが全開な状態ではございますが、なんとなく継続していることに自分自身が最も驚いてしまっています。

3000

阿闍梨様よろしく毎日の更新を維持していれば8年目とちょっとで3000回だったのでしょうが、1000回を過ぎたときから
連続更新から偶数日を休むこともあったので今のタイミングになったわけです。義務じゃあないし、私のすることですしね。

とりあえずは先日も書いたとおりグチグチと垂れ流そうと思います。あわよくば10周年も目指してみるかと企んでみます。
画像は偶のことですから、目に痛い補色のパネルにイタコプレイにて天界から呼び寄せたビッグゲストを配してみました。
文章に若干の既視感を感じるのは気のせい。

 検討課題
・いまから新ネタを模索してみる
・よりダメな方向に振る覚悟で

2021年1月19日 (火)

Heller 1/72 Mirage F1-CT 3/3 完成

表面を触ってシットリしている感じがしなくなったら気まぐれ風味な感じで細かい部品を取り付け、デカールを貼ります。

F1ct_31

機体に吊り下げられた増槽は、 F1-CT専用のパーツですから接着しておきます。併せて翼下の増槽も取り付けます。武装は省略します。

F1ct_32

主脚のタイヤ周辺の部品構成を説明書からは読み解けませんでした。調べるのも面倒ですから適当な感じで脚柱を取り付けます。

F1ct_33

緑色はVallejo 71093NATO グリーンなど中心に塗り重ねましたが、もっとムラムラな塗り上がりにした方がよかったのかしれません。

F1ct_34

昨年作ったフクザニアと並べてみます。似てるちゃあ似てんな。そんな感じです。

検討課題
・MIRAGE III Eも
・もっと楽に作れるキットも作ってみる

2021年1月18日 (月)

Heller 1/72 Mirage F1-CT 2/3

主要部分の組立に問題は無いだろうとエレール社を信用しきって製作を始めます。

F1ct_21

元のキットがタンザニア、フクザニアのコンバーチブルキットだったことから、機体上面を構成する部品の一部にアイの悪さを感じます。
ただし、それは現代的感覚なだけであって、少しのパテをグニグニすればストレスを感じることもなくスムーズに組み立てられます。

F1ct_22

機体上面と下面に塗られるグレーは異なるグレーと思われます。私は面倒なので機体全体を同じグレーを使ってスジスジと塗ります。

F1ct_23

迷彩塗装となる緑色部分もスジスジと塗り重ねます。

乾かします。

検討課題
・メイクラフトに比べれば楽勝
・12 Squaredと比べれば楽勝楽勝

2021年1月17日 (日)

Heller 1/72 Mirage F1-CT 1/3

作りやすさに優れたエレール社のキットを作ることで荒みきった精神を癒やすのです。

F1ct_11

今回の生贄はミラージュ F1-CT。
箱絵の背後に描かれた陽炎に揺れる平らな屋根の建物と、椰子の木々から中近東か地中海南側のどこかのような感じがします。
キャノピーも半開きにしてますから暑い場所なのでしょう。

F1ct_12

ランナーに謎の空間。
MIRAGE F1 CTのキットはMIRAGE F1 CRのタンザニア仕様をベースにしています。その元となるMIRAGE F1 C/Bからフクザニア部分の
パーツを廃した結果の謎空間だったりします。このとき機首の給油装置の部品などが新たに追加されてもいます。どうでもいいことです。

F1ct_13

そのMIRAGE F1 CRにMIRAGE F1-CT専用パーツとして素直尾翼、増槽などが追加することで対応しています。どうでもいいことです。

検討課題
・MIRAGE F1Bを作る
・MIRAGEの薄青を探す

2021年1月16日 (土)

三冨魯久汁八 湯島

店舗は湯島駅4番出口から天神下交差点を起点にし南東の飲食店街に入ったあたりにあります。

210116_01

日本酒タイム。
青森県弘前市にある三浦酒造株式会社の豊盃 特別純米。
青森県おいらせ町にある桃川株式会社の桃川 純米吟醸。
青森県弘前市にある三浦酒造株式会社の豊盃 純米吟醸。
たいへんおいしゅうございました。

210116_02

さんが焼き。
鯵のなめろうを鮑の貝殻に入れて焼いた房総の郷土料理というか漁師料理。ご飯のおかずにもなりますが、酒が止まらなくなる肴です。
たいへんおいしゅうございました。

210116_03

エゾシカの竜田揚げ。
揚げ物は必須。クセも無く、脂身も無く、サクサク食べることができます。
たいへんおいしゅうございました。

210116_04

2020年9月2日にオープンしていたとのこと。店名は三冨魯久汁八と書いて「サブロクジュウハチ」と読みます。

検討課題
・猪鹿熊肉あたりに果敢に挑戦してみる
・初見で店名を読めなくても入店しちゃう

2021年1月15日 (金)

火の花 上野広小路

店舗は上野広小路駅から南西へ歩いた地下にあります。

210115_01

陸奥八仙 シルバーラベル 吟醸あらばしり 無濾過生原酒。
青森県八戸市にある八戸酒造株式会社のお酒。だってお店で飲むならせっかくなんだし生酒飲みたいじゃないですか。
たいへんおいしゅうございました。

210115_02

明石産クロダイ。
刺身から食べ始めます。
たいへんおいしゅうございました。

210115_03

マグロ塩わさび。
マグロの赤身を塩麹とワサビで和えたもの。
たいへんおいしゅうございました。

210115_04

新政 陽乃鳥 貴醸酒。
秋田県秋田市にある新政酒造株式会社のお酒。飲みやすくゴクゴク飲んでしまいたくなり、お代わりをしてしまいます。
たいへんおいしゅうございました。

210115_05

有頭海老炭火一本焼き。
甲殻類は基本。殻をむくと中はジューシー。他に〆ということでもなく出汁巻き玉子をいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・さらに飲み足すときは一合飲んじゃう
・白身と赤身をバランスよく食べる

2021年1月14日 (木)

慶豊 御徒町

店舗は御徒町駅から南へ歩いた高架下にあります。

210114_01

ラム肉のクミン炒め。
ラム肉食べたい気分が高まってきたので単品おすすめメニューからこちらを選びます。ラム肉は薄切りタイプで味はピリ辛。
たいへんおいしゅうございました。

210114_02

エビレタス炒飯。
昼飯に炭水化物がないと始まりません。せっかくですから甲殻類も併せて食べられるエビレタス炒飯です。スープも付きます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・ラムのビリヤニを食べる
・ラムのプロフも食べる

2021年1月13日 (水)

新東洋 上野

店舗はアメ横の高架下通路を歩き、二階へ階段を上ったところにあります。中田商店から歩くと、高架下の看板が目印になります。

210113

パイコー丼。
大盛りご飯に排骨、もやし、高菜を乗せた丼。サラダ、スープがセットされます。
たいへんおいしゅうございました。

昼時に利用するとパイコー丼を頼んでしまいがちになります。次は熱くて辛い「肉ニラ麺」を頼んでみようと思います。

検討課題
・新東洋特製Tシャツを手に入れる
・パイコー麺も食べておく

2021年1月12日 (火)

メガネメガネ

昨年のことではありますがメガネをいくつか買い足しました。

以前購入したメガネは運転免許の更新に合わせたもので、運転時に視界の端にフレームがチラチラしないよう大きめのフレームの
メガネを選びました。これはこれで軽いし、赤いフレームが視界に入ることもなく、雑に扱っても罪悪感も感じず便利に使っています。

今回、新たに買い足しのは昨年から続く新コロによりマスクの常時装着をするにあたり、特に今の季節はマスクから漏れる鼻息等に
よりメガネのレンズが曇ってしまうことに何とか対応しないとならない感じがしたからのことです。これもそれも集近閉のせいだぞ!

210112

まず、メガネのフレームにマスクが触れないよう、かからないようにするためフレームは可能な限り小さいタイプを選びます。
フレーム選択にあたってのテーマは「質屋のオヤジ風」という感じ。最終的に少しだけつり上がったナイロールのフレームにしてみます。
本当は金色のメタルフレームをバキバキに傾けた45度のフレームを求めたのですが、訪れた眼鏡店では在庫していませんでした。

いい年のオッサンでもありますし、いやらしさを醸すでもなくはないフレームだっておかしくはないと思うのです。
暖かくなるまではこんな感じでいこうと思います。

検討課題
・気分次第でまた買い足す
・ゴツめのウェリントンも買ってみる

2021年1月11日 (月)

RACERS Vol.58 無限・新電プロジェクトの全貌 三栄書房刊

無限の特集であれば1984年の鈴鹿8耐にエントリーしたWhite Bullにも触れていたら嬉しいなと思い、平積みされた一冊を購入します。

Mugen

モトクロスバイクの製作から始まったコンストラクターだということを初めて知ります。
さらに2012年からエントリーしているマン島TTレース用「新電」シリーズを特集記事にしています。やっぱ時代は電動なのか?

次号はNR特集完結編として幻のNR250TURBOを取り上げると予告されています。これは全裸待機案件です。

検討課題
・電動といえばザ・スターリン
・電動と聞いただけでニヤけない

2021年1月10日 (日)

Provence Moulage K1296 FERRARI BARDAHL 1956 TEST INDIANAPOLIS 3/

よく判らないまま、なんとなく塗ったも乾いたのでデカールを貼っていきます。実はヨンサンも作ってるんですよ。

Bardahl_31

ボディへ貼るべきデカールは少なく、アッという間に貼り終えることができます。この時点でイロイロ不明なままの内装は手つかず。
さらにタイヤに貼るデカールがタイヤ数以上に用意されていることから、貼るタイミングを後回しにしようと逃げの準備も怠りません。

Bardahl_32

とりあえずデカール定着のためのクリアを吹いておきます。
ラジエターは黒っぽくすればいいか、アップライト風の突起は銀色にしとくか、コックピット開口部周辺は茶色にしときゃあいいか。
そんなことを考えつつ、しばらく放置してからクリアを厚塗りしようと思います。

検討課題
・とにかく完成を目指す
・タイヤにもクリアコートしてみる

2021年1月 9日 (土)

たる松 本店 御徒町

店舗は御徒町駅から北へ歩いた高架下にあります。

210109_01

高清水 本醸造 樽酒。
秋田県秋田市にある秋田酒類製造株式会社のお酒。1合徳利で提供され、塩をナメナメ2合ほど飲んでおきます。
たいへんおいしゅうございました。

210109_02

エビフライ。
揚げ物は必須。他に板わさも注文します。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・ミニチュア樽酒を購入してみる
・冬場はワンカップを切らさない

2021年1月 8日 (金)

日本酒処 地花 御徒町

店舗は御徒町駅南口から南西方向に歩いたあたりの地下にあります。

210108_01

黒龍 垂れ口 本醸造 薄にごり生原酒。
福井県永平寺町にある黒龍酒造株式会社のお酒。甘さがありながらサッパリ、スッキリとした飲み口。
たいへんおいしゅうございました。

210108_02

地花の厚焼き玉子。
伊達巻きのような見た目なれど、伊達巻きのような甘さのない厚焼き玉子。他に千住葱の酢味噌ぞえも注文します。
たいへんおいしゅうございました。

210108_03

裏ロ万 純米吟醸 一回火入。
福島県南会津町にある花泉酒造合名会社のお酒。数種類の「ロ万」をブレンドしたお酒とのこと。
たいへんおいしゅうございました。

210108_04

千住葱の素揚げ。
もう少し葱を食べたいと思い、焼いた葱は酢味噌ぞえで食べたので、無理をお願いして揚げていただきます。
たいへんおいしゅうございました。

210108_05

阿武の鶴 純米吟醸 生。
山口県阿武町にある阿武の鶴酒造合資会社のお酒。軽い飲み口ではないものの、軽い気持ちでゴクゴク飲めてしまいます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・ネギマ鍋もやっておく
・飲み損ねたお酒を飲みに行く

2021年1月 7日 (木)

なおじん 秋葉原

店舗は秋葉原駅の近くにあります。

210107_01

日本酒タイム。
新潟県佐渡市にある尾畑酒造株式会社の真野鶴 本醸造。
富山県黒部市にある銀盤酒造株式会社の銀盤 純米大吟醸 播州50。
それぞれジックリ1合づついただきます。お通しは里芋、大根、人参、牛蒡などの煮物。
たいへんおいしゅうございました。

210107_02

クジラ刺。
どんな種類の鯨であるかは分かっていません。赤身肉を肴に飲み始めます。
たいへんおいしゅうございました。

210107_03

チャーシュー。
煮込んだチャーシューを軽く炙り、温かい状態で配膳されます。
たいへんおいしゅうございました。

210107_04

フグ唐揚げ。
揚げ物は必須。冬っぽくフグなんか食べちゃいます。〆は飛び散る汁に果敢に挑みながらカレーうどんをすすります。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・肴が全体に赤茶けてても気にしない
・鯨ベーコンを克服する

2021年1月 6日 (水)

Kovozávody Prostějov 1/72 DEWOITINE D-510N1J 3/3 完成

新春一発目は正月らしさを感じさせないこともなくはない初日の出っぽい日の丸カラーです。

D510_31

この頃の銀色はどの程度キラキラ、あるいはギラギラしていたのか想像つきません。もしかしたらもっとツヤ消しだったのかもしれません。
私には詳しいことは判りませんし、酔っていますので模型的な銀色ということでテラテラした輝きを残した半ツヤくらいの銀色にしています。

D510_32

排気管は黒っぽくすべきでした。気まぐれに黒っぽくすれば、排煙の煤っぽい汚れも欲しくなってしまうので、このままにしておきます。

D510_33

キット付属のデカールは硬く、凹部への追従もあまり良好といえません。また、赤のみ印刷しているため少し透けます。
今回は銀地だったことから影響はありませんが、迷彩地にそのまま貼ると下地の色柄が影響する可能性があるかもしれません。

D510_34

数十年振りに手にしたKPのキットは、昭和の頃のそれとは全く異なる高品質なものといえます。機会があればKP再挑戦もしたいところです。

検討課題
・古いKPを修行として作る
・新製品の中身がKPでも文句をいわない

2021年1月 5日 (火)

Kovozávody Prostějov 1/72 DEWOITINE D-510N1J 2/3

めでたい正月なんだしエレール社のキットでダバーチンしたかったな。そんなことを考えつつ、不承不承といった感じで製作を始めます。

D510_21

ここで既に罠にかかっています。
キットの箱絵ではスパッツ無し、タイヤはマル出しになっています。説明書ではスパッツ部に赤いバッテンが記されていません。
どっちが正しいのか詳細を知らない自分には判りません。ただ、箱絵と違うということだけは判ります。もう銀に塗れればどうでもいいや。

D510_22

下塗りにタミヤ社 エナメル XF-56 メタリックグレイを機体全面に塗ります。

D510_23

しかる後、vallejo メタルカラー 77701 アルミニウムをビタビタ塗りつけます。
さらにvallejo メタルカラー 77724 シルバーなども塗り、とどめとばかりに再度vallejo メタルカラー 77701 アルミニウムを塗り重ねます。

検討課題
・銀色の下塗りをイロイロ試す
・銀色そのものもイロイロ試す

2021年1月 4日 (月)

Kovozávody Prostějov 1/72 DEWOITINE D-510N1J 1/3

シンシャンシュンシャンショー!
新春といえばシャンソン、シャンソンといえばおフランス。ということで年明け一発目の生贄は当然のようにおフランスの飛行機です。

意味不明なままダバーチンです。二つ星のメーカーのように「デヴォアティーヌ」なんて言わないですよ。ガキの頃に読んだ飛行機本には
ドボアチンと書かれていたような記憶もあります。自分はおフランス人じゃないから正しい読み方ができなくても問題ないのですよ。

D510_11

Kovozávody Prostějov 読めないです。昭和の頃はヘロヘロの粗い紙を組んだ細身の箱でキットをリリースしていたメーカーです。
本当に作りたかったのは機体側面に赤いトライデントが描かれたエレール社、黒箱時代のDewoitine D500/501。
ところがどうにも発掘できず、代替として鎌を持ったスカルマンを描いたエレール社、黒箱時代のDewoitine D510を探してみますが
こちらも見つけることができませんでした。ならば、スマーのキットでもと思うも、こちらも流通在庫を見つけられず途方に暮れます。

D510_12

グレーで成型されたランナーが2枚。それに風防の透明パーツと、発色も鮮やかなデカールが用意されます。
アレ?もしかして2機作れるの? なんて思ってしまうようなパーツ群。当然のごとく実際には1機分しか作れない仕様になっています。

D510_13

説明書には使用しないパーツをバッテンで示しています。ここに罠が仕掛けられていたようなのです。もちろんガッチョリ罠にかかります。

検討課題
・再戦はエレールのキットで果たす
・D520も

2021年1月 3日 (日)

冬物衣料

寒いですからね。
昨冬に購入した防寒着は、風や雪の侵入を許さない優れた防寒性を有していましたが、袖口のタイトさから素早く脱いだり着たりは
非常に困難といえるものでした。屋外で脱いだり着たりをしない状況なら問題ありませんが、私の使い方に合ってなかったりします。
ということで脱いだり着たりを素早く、容易にできる防寒着を見繕ってみます。

210103

以前は、同社製のフードの無いタイプのダウンジャケットを購入しました。
実際にはスコットランド人みたいな感じで多少の降雨や降雪くらいでは傘を差すこともない私ですからフードは不要なんです。
とはいえ、フードがあれば首元もヌクヌクと暖かくなりますから、かぶらなくても、上手く収納できずともフードがあれば便利です。
ということで今回はフードがベロンと出しっ放しのタイプを選んでみました。本当は取り外せるタイプが欲しかったのですが。

その暖かさを雪の降るなかで試してみたくなります。

検討課題
・ウールリッチを試してみる
・ノローナも考えてみる

2021年1月 2日 (土)

年頭所信

今年も作りますよ。本業についてはアレになること確実な予想がバキバキにオッ立っているわけですし。
それになによりヨンサンは効くんです。本当ですよ?ホワイトメタルでもレジンでも間違いなく効くんです。お願いです、信じてください。
その効果を私自身が率先して人柱となり実証するため、今年もモリモリ作っていこうと企むのですよ。

210102

数年前からのナスカー確変を絶賛継続中だったりします。沖縄台ならパトランプ回りっぱなし、サイレン鳴りっぱなし状態なんです。
そのナスカーもフォード・サンダーバード、シボレー・ルミナ、ポンティアック・グランプリあたりが中心となり、作り増すことになります。
同じ作業を繰り返すことに苦痛を感じることなどはありませんが、たまに箸休め的にそれ以外の車種も作りたくなったりもします。

作る作らないは別にして、適当にフォード・ギャラクシーや、シボレー・インパラあたりを引っぱり出しておきます。これで安心できます。
叶うなら昨年と同じくらいの数量をこなしたいと野望はあるものの、ナナニーやゴーロクも作りたいのでソコソコにしておこうと思います。

とりあえずヨンサンは効きますからね?

検討課題
・ヨンパチも
・サンゴーも

2021年1月 1日 (金)

元旦

新年あけました。
もう毎年同じことを書いています。書いているような気がするどころの話じゃありません。同じことを繰り返して書いています。

明けちゃったらしょうがない。新年ですから少しは考えないといけないんでしょう。考えるだけムダムダなだけなんスけどね。
年が変わったからといって昨年から世界と俺を悩ませてる新コロがどうにかなるとは到底思えません。新年ソウソウ集近閉め!

210101

こんな状況ですから自分の本業については低調になること間違いなし。つまりは、ヨンサン製作がモリモリ捗るということです。
2007年のリセッション後の2008年はグレグレと無駄に足掻いて、どうにもならない袋小路感を嫌というほど味わされました。
2011年の震災後の新年度は足掻くことも無く開き直り、どうとでもなれという投げ遣りな感じで過ごしたりしていました。
2021年の今年は、過去の経験から現時点で既に開き直りきり、焼くなり煮るなり好きにしやがれといった感じになっています。

そんなこんなで今年もグチグチと垂れ流しながら、フワフワと漂っていきたいと考えます。

検討課題
・いざとなったら逃げる
・逃げるときは跡を濁しまくってから

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »