« 三冨魯久汁八 湯島 | トップページ | Heller 1/72 JA 37 JAKTVIGGEN 1/3 »

2021年3月28日 (日)

12345の Be a driver.

ディーラーからお手紙が2通ほど届きます。

1通は「MAZDAアップデートサービスのご案内」と書かれた封書。
クルージング&トラフィック・サポート(CTS)の作動上限速度が拡大されるとのこと。レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)の
加減速制御を滑らかにするとのこと。高速道路などでの走行時に効果を実感できそうな調整と改良を知らせる内容のようです。

もう1通は赤文字で【至急ご開封の上、記載内容をお確かめください】と書かれたサービスキャンペーンのお知らせの封書です。
特定の手順で操作を行うと省電力モードへ移行しないことがあり、最悪の場合バッテリーが上がるおそれがあるとのことです。
車両制御プログラムと、空調制御プログラムをそれぞれ対策されたプログラムに修正してくれるという内容でした。

ディーラーへ行き、およそ1時間ほどでそれぞれの修正をしていただき、安心して車に乗れそうなことを確認します。

210328

ディーラーを訪れた際、以前から気になっていたエンジンスイッチを入れると鳴ったり鳴らなかったりするブザーについて聞きます。
営業スタッフからの回答として、車体本体についてのブザーでは無く、ドライブレコーダーの記録を知らせるブザーだそうです。

ドライブレコーダーに刺さるSDカードを再生してみると、乗車や下車するときに車両に近づく自分の姿の映像が大半でした。
残りのファイルは車庫に駐車中の車にどこからともなく降ってくる野良猫の映像。どういった目的があってのダイブか知りませんが
ボンネットに足並みを揃えドスン、ドスンと飛び降りてくる野良猫の映像が記録されていました。まったく土足で乗ってくれるなよ。

疑問も解決したことですし、百合子の言うことをシカトしても良さそうなので遠出をする計画でもオッ立てようかと考えたりします。

検討課題
・猫バンバンしてから乗る
・エンジンルームから断末魔のニャーが聞こえても聞こえないふりをする

« 三冨魯久汁八 湯島 | トップページ | Heller 1/72 JA 37 JAKTVIGGEN 1/3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三冨魯久汁八 湯島 | トップページ | Heller 1/72 JA 37 JAKTVIGGEN 1/3 »