2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« starter PONTIAC GRAND PRIX PENNZOIL 1995 1/4 | トップページ | starter PONTIAC GRAND PRIX PENNZOIL 1995 3/4 »

2021年6月23日 (水)

starter PONTIAC GRAND PRIX PENNZOIL 1995 2/4

シート付け替えのための工作を終え、一仕事やり遂げた気分になったら、もう少しだけ塗装前の仕込みをしておきます。

Pennzoil_9521

いつもと変わらずプラ板で適当に最低限の追加工を施します。これ以上の工作は面倒になるだけなので断固としてシカトします。

Pennzoil_9522

お漏らしと併せ、レロレロのスジが俺の芸風。よりにもよってボディ先端のエンジンフードのスジを彫る際に失敗します。芸風なんですよ。

Pennzoil_9523

とりあえずグレーのサフェーサを吹きます。

Pennzoil_9524

スジがレロってるからといってイチイチ埋めたりしないですよ。面倒くさい。とりあえずレジンの持つ自然治癒力に望みを託し放置します。

検討課題
・ゆっくり彫る
・薄くなぞるように彫る

3/4

« starter PONTIAC GRAND PRIX PENNZOIL 1995 1/4 | トップページ | starter PONTIAC GRAND PRIX PENNZOIL 1995 3/4 »

コメント

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
意図的に見ない。なるほど、勝利の鍵は見て見ぬ振りと、目を逸らす作戦ですね。
いっそ、もっと全体にダルダルでレロレロなスジにしてしまうという「木を隠すなら森」作戦も効果的な気さえしてきます。

自然治癒力!
しかし意図的に見ないでいると自然と目に入らなくなるので、あながち無い訳では無いかもしれないです。
他の人はそもそも気づかないでしょうし

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« starter PONTIAC GRAND PRIX PENNZOIL 1995 1/4 | トップページ | starter PONTIAC GRAND PRIX PENNZOIL 1995 3/4 »