2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月の記事

2021年12月31日 (金)

大晦日

新コロ、変異種、ど年末。
そんなこんなで昨年に続き、今年もまんまと集近閉に振り回され続けた2021年も今日でおしまい。デジャブなんてにしない。

なんやかんやとありながら自分が日頃お世話になるヨンサン周りの方々に新コロの直撃を喰らい、重篤な状態に陥るような方が
いなかったことは、今さらながらに暁光なのじゃないかと思ったりします。それでも、今に至ってもニヤニヤと半笑いでいるだけの
アレに対して「この集近閉めっ!」とありったけの呪いの言葉を西へ向けて全身全霊で投げかけずにはいられなかったりもします。

211231

いつものようにグダグダ言ったところで常時マスク装着状態は確実にもう1年続くような感じがします。
よく「日本人は規律正しいからマスクを装着してる」や「日本人は周囲に迷惑をかけないためマスクをしてる」などデカイ主語で
語られることがありますが、実際は「誰も外さないから俺も外さない」ってだけなんじゃないかと日本人の私は思っていたりします。
有名人が外す、影響力のある人が外す、町内会の回覧板に外してOKと書かれる。これくらいになれば外す人も増えるでしょう。
つまりは自分が最初の1人になるのはイヤなだけなんです。感染拡大予防のためにももう少し我慢することになりそうです。

まぁ、難しいことは誰かに考えてもらうことにして、今夜の歌合戦視聴に向けた準備に取りかかることにしますか。
自分といえば新コロ騒ぎのなかにあって何となく乗り切ることもでき、2021年は思っていたほど悪くなかったなという感じです。
そして、こちらをご覧くださる奇特な皆々様に良き年が訪れることを祈念してバイバイプー。

画像は大晦日にはマダマダ時間もありながら、今年になって閉店した店も多かった上野アメ横ウェルカムモール、夕方の様子。

検討課題

・年が明けてから長風呂をする
・初詣の計画を立ててみる

2021年12月30日 (木)

こんごう庵 湯島店 湯島

店舗は湯島駅4番出口から南下し、学問のみちを東に入った場所にあります。

211230_20211215122501

秋ハゼの天ぷら蕎麦。
ダブル秋ハゼ、インゲン、舞茸などの天ぷらを盛りつけた温かい蕎麦。年越しそば代わりということでもなく軽く啜ります。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・大晦日に年越しそば用のエビ天を買わない
・年明けうどんのその後をソッと気にしてみる

2021年12月29日 (水)

パンダ酒場 上野店 上野広小路

店舗は上野広小路交差点から春日通りを西へ歩いた場所の2階にあります。

211229_01

エビマヨ。
完全食品のマヨネーズに甲殻類をあわせ効率よく摂取します。
たいへんおいしゅうございました。

211229_02

台湾ラーメン。
大陸系のお店にあって珍しい太麺。スープはソコソコ辛く、飲む干すことを断念します。
たいへんおいしゅうございました。

211229_03

目を惹いたのは店内に貼られたポスター。このチャンスを取り逃がすことはできません。

検討課題
・それを飲みに行ってみる
・定食セットも食べて見る

2021年12月28日 (火)

ALEZAN No.238 Maserati Bora Competition 1st Version 1973 2/3

面倒だなと思い、避けて視界に入らないようにしてきたキットを、久しぶりにどうにかしようと考え製作を再開します。

Bora_7321

コレだコレ。製作の手を止めた面倒の根源。コレをどうにかしないと先に進まないわけです。
今回は「アレナの巨匠」さまの製作されたポルシェの工作を拝見し、稀なことに刺激を受け、後戻りするチャンスを失います。
それにしてもコレをヘッポコの自分がどうこうできるのか。今から再び小箱のフタを閉め、ブン投げたくもなってくるのです。

Bora_7322

さらにココ。この隙間を埋める算段がつかず放置していたというのもあります。
前輪はボディに取り付け、後輪はシャーシに取り付ける構成に原因があると思われます。ただ、ココはもう目を瞑ろうと思います。

だって面倒なんですもの。

検討課題
・完成させちまえばコッチのもの
・次は頑張りまぁ〜す

3/3

2021年12月27日 (月)

Sward 1/72 Aichi B7A2 Ryusei Kai (Grace) 日本海軍 艦上攻撃機 “流星改” 5/5 完成

あぁそうだ。こんな感じの飛行機を作りたかったんだ。これじゃないかもしれないけど、こんな感じの飛行機をさ。たぶん。

Grace_51

キャノピーを突き破るアンテナ、後部機銃、アンテナ等々の小部品の取付を省略しています。緑色の塗り分け位置が微妙です。

Grace_52

ボウっとしていました。突然とても強い光を感じた後、眩しい部屋の冷たい台に寝かされていたことはボンヤリと覚えています。
気が付くと自室で腰掛けていて、キットとデカールはいつの間にか消え失せ、私の手元にはこのようなモノが残っていたんです。

Grace_53

鹵獲機とか、接収後の評価試験用とか。思いがけずF4U用のデカールがフィットしているように見えて悔しい気持ちになります。

Grace_54

洋上を飛ぶ海軍機なら機体は緑色より、濃紺に塗った方が迷彩効果はあったのじゃないかと門外漢の私は考えたりします。

Grace_55

調べた範囲では魚雷は機体中心ではなく、オフセットされた位置に吊り下げられていたようです。よく分かりませんけど。

キットやデカールの成仏を目的とした適当モデリングは楽しいと思います。誰かから批判、罵倒されない範囲で遊ぼうと思います。

検討課題
・バラクーダとか
・フルマーとかも

2021年12月26日 (日)

Sward 1/72 Aichi B7A2 Ryusei Kai (Grace) 日本海軍 艦上攻撃機 “流星改” 4/5

なんだか今回のSward社はスムーズに作れます。なんとも言えない気持ち悪さと底知れぬ不安を感じつつ製作を続けます。

Grace_41

抽斗からデカールが発掘されます。狭い空間であっても日々地殻変動を続けている整理などしないあの抽斗です。
思うに任せ適当に塗った緑色を乾かしている最中に、いつもの抽斗を開けたり閉めたりしていると何のために買ったのか
全く思い出せないタミヤ社のF4Uコルセア用デカールが発掘されます。仕方ないと腹を括り、成仏作戦を立案、遂行します。

Grace_42

とりあえず真っ青に塗りつぶします。

Grace_43

濃紺あたりを気の向くままスジスジします。

検討課題
・そんなつもりじゃなかった
・後悔なんてするもんじゃない

2021年12月25日 (土)

Sward 1/72 Aichi B7A2 Ryusei Kai (Grace) 日本海軍 艦上攻撃機 “流星改” 3/5

考えたところでダブルに対しての良案をひねり出せるはずもなく、であれば何も考えずに製作しようと手を動かします。

Grace_31

胴体下面のウェポンベイを閉めきってさえすれば特段の面倒も感じず、今回はぬるめの熱湯を浴びる程度で済みそうです。

Grace_32

下面をいくつかのグレーを塗り重ねるようにスジスジします。日本軍機の飴色とか青竹色とか正直サッパリなんですよ。

Grace_33

上面は濃緑色などをスジスジします。海軍機なのに緑色なんスね。

検討課題
・航空自衛隊の飛行機も
・銀色の日本軍機とかも

2021年12月24日 (金)

Sward 1/72 Aichi B7A2 Ryusei Kai (Grace) 日本海軍 艦上攻撃機 “流星改” 2/5

えも言われぬ違和感とともに彗星をブン投げた後、はて?じゃあ俺が作りたかったのは何だったんだ?となるわけです。

Grace_21

これだ。よく分かっていませんけど。
勤務地から歩いて行ける中古キットを扱う店で手に取ります。たぶんこれです。これなんじゃないかな。もうこれでいいかも。

Grace_22

Sward社といえば、過去に煮え湯どころか熱湯を浴びせかけられてきた模型メーカーです。今回も嫌な予感しかしません。

Grace_23

中古キットのくせして少々お高めのお値段でした。人気があるとか、稀少だとかではなく、箱には同じキットが入っていました。
ダブルなんですかね?パッケージには2個入り的なことは書いてなかったです。だれ向けの商品設定なんでございましょうか。
ひとつでじゅうぶんですよ。
ツーツーフォーどころじゃなく、ワンワントゥーだって懲り懲りですよ。懲り懲りの「懲」は懲罰の「懲」と同じ字なのです。

検討課題
・模型の神様からの罰と心得る
・どう有効活用できるか考える

2021年12月23日 (木)

Sward 1/72 Aichi B7A2 Ryusei Kai (Grace) 日本海軍 艦上攻撃機 “流星改” 1/5

緊急百合子解除とはいえ年末ゆえ遠出もできず、仕方ないので適当にキットを見繕い、それを生贄としてダラダラ作るわけです。
え?ヨンサン?ハイ、頑張ります。

Grace_11

Fujimi 1/72 D4Y2 “JUDY” 日本海軍 艦上爆撃機 彗星12型
模型をひたすら突っ込んでいるだけの棚の地殻変動によって目に付く位置に浮上してきたキットを手に取ります。

Grace_12

キットの主要部は、彗星33型と共通になっているような部品分割。

Grace_13

ランナータグに「TYPE-12」と彫刻表示された彗星12型 液冷タイプ用専用部品。
中途半端な部品分割により作りやすいとはいえないキットですが、メイクラフトあたりに比べれば100倍作りやすいキットです。

Grace_14

彗星ってこんなに小さかったっけ?そもそも俺が作りたかったのは彗星だったのか?自分の記憶に自信を持てません。
なんともいえない違和感とともに中途状態のままゴミ箱にブン投げます。

検討課題
・棚の崩落だけは何としてでも防ぐ
・再戦はF-Toys社かAZmodel社で

2021年12月22日 (水)

戦果報告

今年の三太狩りは無事終了。
スーパーエージェントさまのお手を煩わしながら長いこと探すでもなく、それでも探していたいくつかのキットを手に入れます。
毎度毎度のことではございますが本当にありがとうございます。感謝申し上げます。

3ta2021_01

ESDO Ref:22 Peugeot 402 1939 Darl' Mat Record Car

3ta2021_02

ESDO Ref:83 D.B.1 Citroen 1938 Paris Gp

3ta2021_03

ABC BRIANZA BRK 43-367 Le Curboisier Minimum 1936

3ta2021_04

みんな大好きル・コルビュジエ。あの車はナスカーよりも遥かに小さく、ファミリアよりも更に小さいと初めて知ります。
オリジナルは木製モックアップのため、木製のタイヤを装着しています。タイヤはやはり黒く塗りたい気持ちもあります。
車体色と合わせてこれまでイロイロと配色の試案もありますが、オリジナルに忠実で作るべきなのかとも思ったりします。

そしてエスド社の2点。かっこいい俺のフレンチブルーをどうにかするため、ペンキをネリネリしまくる必要がありそうです。
他にキットやら、デカール等も手配していただきました。重ね重ね感謝申し上げます。

検討課題
・ESDO社とGAFFE社のベタベタ比べをする
・面倒な凹凸はサッパリ削り落としちゃう

2021年12月21日 (火)

JADE MINIATURES J43166 O.S.C.A F2-S-372 Reims 1959 Essais 4/4 完成

タイトルの通りJADE MINIATURES J43166 O.S.C.A F2-S-372 Reims 1959 Essaisです。

Osca_41

苦手克服を目的としながら私ごときに4輪全て丸出しはマダマダ早いと考えます。
たどり着いた答えとして、後輪部はスパッツで隠した車両のキットを作ることで経験を積むことにします。
ホイールはギラギラ輝いているのもアレなので、タミヤ社 TS42 ライトガンメタルを吹いています。

Osca_42

デカールを貼ったボディに対してガイアノーツ社 Ex-03 Ex-クリアーをタップリ塗り重ね、デカール貼付部周辺に生じる
段差を無くすための研ぎ出しもせず、塗りっぱなしの乾かしっぱなし、放置しっぱなしにしています。
今回、試みとしてクリアーと溶剤の比率を1.0:0.8程度とし、濃いめ、硬め、近め、厚めでブシブシ吹きつけています。

Osca_43

期せずしてポジティブキャンバー。タイヤ取付時に垂直水平、そして平行など気を配らない雑な工作の結果の賜物。
ヘッドレストはボディにモールドは無く、パーツも無かったため、適当に切り出した厚紙を茶色に塗りって貼り付けています。

Osca_44

スクリーンが浮いています。どうにもU字型のスクリーンの場合、切り出しとフィッティングに苦手意識を持ってしまいます。
ここらへんの苦手作業の解消も果たしていく必要性を感じつつ、台座に接着して完成とします。

今年完成できたヨンサンはこれにて看板。積み上がった未着手、半完成のアレコレはジリジリ作っていこうと思います。

検討課題
・ビア樽関連をもう少し
・次こそ4輪丸出しで

2021年12月20日 (月)

ローブリュー 表参道 模

店舗は表参道駅から骨董通りを高樹町交差点方面へ歩いた場所にあります。

211220_01

とびきりの美味しい食事の前に、開店前のお店のテーブルをお借りして、持ち寄ったヨンサンを並べたりするわけです。

211220_02

FERRARI 375 MM Carrera Panamericana 1954。
製作は「パンナムの巨匠」さま。シェフの手にかかればFDSのキットもこの通り、見事に料理され完成しています。
令和の時代になってFDSブーム到来の兆しです。

211220_03

FIAT ABARTH 1000 TC。
製作は「アニキの巨匠」さま。途中経過は涙無しには聞けないほどの困難を極め、それもリカバーされています。

211220_04

AC COBRA 298 Allen Grant 1963。
製作はこいでさま。マーシュのキットをサラッと、さりながらキッチリと仕上げています。

211220_05

DELAHAYE 135 CS 1937。
製作はN田さま。フロントの開口部からエンジンがチラチラ見える工作が施されています。

211220_06

FERRARI 735S CARRERA PANAMERICANA 1954。
製作は「最新技術を駆使する巨匠」さま。先月の段階から風呂に浸けて塗装を落とし、再び新たに塗装を施しています。

211220_07

FERRARI 159 S 1947。
製作は「モトも鉄道も戦車もな巨匠」さま。確実に完成に向けて製作が進んでいます。

211220_08

FERRARI 166 Zagato1953。
製作は「上田の巨匠」さま。TOP MODEL COLLECTIONのキットを製作しています。

211220_09

マダムがパンパンと手を叩いたら食事開始の合図。テーブルに広げたアレコレを片付け、美味しい食事の時間が始まります。

検討課題
・俺の大人感なキットを作る
・上田詣での機会を窺う

2021年12月19日 (日)

ローブリュー 表参道

店舗は表参道駅から骨董通りを高樹町交差点方面へ歩いた場所にあります。

211219_01

忘年会といった感じで集まります。速報と詳細は「上田の巨匠」さまの記事をご参照ください。

211219_02

今日の生ビール。
やはりヨンサンは偉大。この日お集まりのヨンサンモデラー誰ひとりとして新型コロナに感染することなく皆さま元気。乾杯!
たいへんおいしゅうございました。

211219_03

今日の黒い恋人。
シェフがテーブルに持ってこられたのは黒トリュフ。これがこの後、まさかあんな風に

211219_04

今日のお酒。
マダムがテーブルに持ってこられたのは赤ワインのマグナムボトル。これを今夜で飲み干す戦いが始まるのです。

211219_05

今日のお肉。
シェフがテーブルに持ってこられたのはこの日のメイン。さて、この極太を俺ひとりで食べ尽くすことができるかだ。

211219_06

今日の前菜。
レンズ豆、自家製ベーコン、ブラウンマッシュルーム、パテドカンパーニュ。
たいへんおいしゅうございました。

211219_07

今日のサラダ。
ポロ葱の温製サラダに先ほどの黒い恋人を「え?」というくらいモリモリ盛りつけ、黒トリュフの香りとともにいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

211219_08

今日のスープ。
カサゴやアナゴを丁寧に擂り潰して作ったスープ。途中でガーリッククルトンやチーズを加え、味の変化を楽しみます。
たいへんおいしゅうございました。

211219_09

今日の貝。
モンサンミッシェル産のムール貝を大鍋で。鍋底に残る滋味深い貝汁をパン吸わせ、一滴残らず平らげます。
たいへんおいしゅうございました。

211219_10

今日のメイン。
ハンガリーの宝といわれるマンガリッツァ豚と、浄蓮の滝で身を清めた天城黒豚を掛け合わせた豚肉。
さらにミッチリミチミチの自家製ミュンヘナーソーセージ。この画像は待ち受けにしたくなります。
たいへんおいしゅうございました。

211219_11

今日のデザート。
紅茶にドライフルーツと、紅茶のシャーベットを乗せた甘く、サッパリしたデザート。
たいへんおいしゅうございました。

美味しいモノを食べていると無口になります。美味しいモノは誰かに取られたらたいへんなので食べるのが早くなります。

検討課題
・白文字盤のアルピニストを
・美味しい記憶は舌に残す

2021年12月18日 (土)

火の花 上野広小路

店舗は上野広小路駅から南西へ歩いた地下にあります。

211218_01

日本酒タイム。
福井県大野市にある株式会社南部酒造場の花垣 純米超辛。日本酒度+12という辛口のお酒からスタート。
たいへんおいしゅうございました。

211218_02

青森産天然平目。
たいへんおいしゅうございました。

211218_03

露西亜産牡丹海老。
たいへんおいしゅうございました。

211218_04

日本酒タイム。
佐賀県鹿島市にある富久千代酒造有限会社の鍋島 特別本醸造。本醸造とは思えない飲み口。
島根県安来市にある吉田酒造株式会社の 月山 特別純米無濾過原酒。無濾過火入れ原酒。
たいへんおいしゅうございました。

211218_05

蒸し海老とトマトのタルタル。
たいへんおいしゅうございました。

211218_06

鮮魚のなめろう。
たいへんおいしゅうございました。

211218_07

日本酒タイム。
山形県鶴岡市にある冨士酒造株式会社の栄光冨士 闇鳴秋水 純米大吟醸無濾過生原酒。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・海老料理ばかり注文しない
・濃い味の肉料理も頼んでみる

2021年12月17日 (金)

大衆食堂 安べゑ 御徒町店 御徒町

店舗は御徒町駅南口から南へ歩いた高架下にあります。

211217_01

ホッピーと肉豆腐。
とりあえず黒ホッピー。肉豆腐は醤油仕立ての「黒」を注文します。他に無限もやしもいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

211217_02

串焼き。
名古屋コーチンつくね、ぼんじり、せせり、もも等を適当に6本ほどタレで。
たいへんおいしゅうございました。

店名に「肉豆腐とレモンサワー」と書いてあったのにもかかわらずレモンサワーを飲み忘れます。

検討課題
・レモンサワーも
・味噌仕立ての肉豆腐赤も

2021年12月16日 (木)

ALEZAN No.238 Maserati Bora Competition 1st Version 1973 1/3

あれから5年もの歳月が無為無策のまま過ぎ去りました。まさに月日は百代の過客ですよ。
何とはなしにシムカは完成に漕ぎつけたものの、ボーラは箱を開けてはため息をつき、再び箱を閉めを繰り返していました。
面倒くせぇな。マジ面倒くせぇ。何度も呟きながらもヨッコイショーイチ、重い腰を上げて面倒を片付けることにしてみます。

Bora_7311

とりあえずキット付属のデカールを貼ります。薄くて、透けるし、しかも微妙に硬いわりに溶けやすい難儀なデカールです。
製作時にドアノブのモールドが無いなと思っていたら、ドアノブ部はデカールで表現する構成でした。楽できてラッキーです。

Bora_7312

ドアに貼られるゼッケンサークルは凹部へ密着することはなく、適当に溶かし込んだのち凹部に白でタッチアップしています。
ヤル気もないままデカールを貼り終えたら定着と保護のためクリアを吹きます。

Bora_7313

テールライトもデカールで表現されています。
クリアを吹いた際に端部がチリチリと跳ね上がってきたため、慌てて指でグニグニと押さえ密着させます。指紋ベッタリです。

面倒くせぇな。やるんじゃなかったぜ。

検討課題
・やれるだけやってみる
・ヤル気や情熱を傾けない

2/3

2021年12月15日 (水)

手打ちそば 吉仙 仲御徒町

店舗は仲御徒町駅1番出口から昭和通りを北上した場所にあります。

211215_01

山本 ピュアブラック 純米吟醸。
秋田県八峰町にある株式会社山本酒造店のお酒。お通しは煮帆立のなんとか。
たいへんおいしゅうございました。

211215_02

玉子焼き。
温かい肴も頼み、飲み足りないとばかりに、飲み口の良かった山本をお代わりします。
たいへんおいしゅうございました。

211215_03

鴨せいろ。
寒くなってきたので〆はアツアツのつけ汁で鴨と焼き葱と一緒に大盛りの蕎麦を啜ります。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・鴨南蛮も
・同じお酒を3杯飲んじゃう

2021年12月14日 (火)

築地から有楽町

2021年11月27日、少しずつでも歩こうと思い、用事もあったことから歩きに出かけます。

211214_01

築地駅から地上に出ます。場外市場へは敢えて行かず、午前中からお酒を飲める店へも行かず、用事を先に済ませます。

211214_02

珍しい車でも走ってないかと思い首都高をしばらく見下ろします。
目を惹く車も走ってこないので近くのミニカーショップを冷やかします。むしろこちらで珍しい車のミニカーを手に入れます。
これが用事じゃなかったし、初手から本末転倒感を覚えつつ、収穫物には満足し再び歩きます。

その後、銀座の靴店を何軒かハシゴしながら靴紐をいくつか購入します。
欲しかった靴紐そのものズバリではなく代替品的革紐だったこともあり、少なからずガッカリしながらタップリ妥協します。
これにて用事は無事完遂。

211214_03

有楽町駅近くのオフィシャルショップでは記念品や、ロゴのプリントされたアレコレが最終セール中。当然寄ってみます。
何枚かのTシャツとキーホルダーを購入し、思いがけないラッキーを楽しみます。セールは2021年11月30日をもって終了。

211214_04

大会キャラクターの選定と決定の際、当初このミライトワとソメイティに違和感もありましたが、目に入る機会の増加とともに
慣れてきたのか、これはこれで可愛らしいと思ったり思わなかったり。春先に購入してみたプラモもいずれ作ってみますか。

有楽町駅周辺で飲んでから帰るかと思いつつ、テリトリー外での飲酒はマダマダ怖いのでおとなしく帰宅します。

検討課題
・靴紐探しはもう少し続ける
・買ったTシャツは10年くらい寝かせてから着る

2021年12月13日 (月)

花ぶさ 末広町

店舗は末広町駅から北へ歩いた場所にあります。

211213_01

ハイボール。
たまにはさ、ホラ。どうせ午後は仕事する振りだけしてればいいことを思いだし、チョットだけ喉を潤します。
たいへんおいしゅうございました。

211213_02

御膳と御飯セット。
もずく酢、さごち塩焼き、鯛イカお造り、クリームコロッケ。どれもこれもご飯の前にチョット飲みたくラインナップです。
たいへんおいしゅうございました。

211213_03

御飯。
この日は五目かやくご飯。チョット飲んだこともあり、ご飯のお代わりは控えます。食後に甘味も配膳されます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・チョットの上限を少しずつ上げてみる
・魚の名前と形と味を一致させる

2021年12月12日 (日)

大衆食堂 ゆしまホール 湯島 麻婆豆腐

店舗は湯島駅3番出口から春日通りを西へ歩いた天神下交差点近くの場所にあります。

211212_01

以前、利用した際「こぼれ麻婆豆腐」という気になるメニューもあったことからチョット行ってみます。
さて、バイスでも。と注文しようとして、今日は出勤日の平日昼間だということを思い出し、お酒の注文を思い留めます。

211212_02

日替わり定食。
この日の日替わり定食は麻婆豆腐と店員さんが教えてくださったので、これ幸いと注文します。
麻婆豆腐はキャベツの千切りと漬物と一緒に盛りつけられ、他にご飯、サラダ、スープがセットされます。
振りかけられた目にも鮮やかな一味唐辛子により辛さを感じます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・次こそこぼれ麻婆豆腐
・チョットだけ飲んでみる

2021年12月11日 (土)

十周年

よもや、よもや。まさか、まさの十周年。あれま、こらま。そんな、こんなで十周年。まさにヨモスエでございます。

今から10年前に先達の阿闍梨様ともいえる「上田の巨匠」さまの勧めもあって気まぐれに始めた当ブログではございます。
ここまで続いてしまってきたことに自分が最も驚いていたりします。これほどの根気を今までナゼ活かしてこなかったのか?
それほどの諦めの悪さを今までナゼ別のことで発揮してこなかったのか?今となっては自問する振りだけしかできません。

開始から1000回目の更新後は連続更新も放り出し、10周年となる今日時点でのエントリー数は3286。
どんぶり勘定では毎年だいたい1ヶ月分の更新無し日があった計算になります。もっと休んだ方が良いのか考えてみます。

211211

当初このブログに与えられた容量2GBも使い切るタイミングだったことから、もう少しグチグチと日頃はとても口に出せない
モロモロをダラダラと垂れ流し続けるためにプランを変更してみました。これであと10年は戦えるのじゃないかと思います。
容量を増やしたからといって基本的な内容に変化を加えるつもりは毛頭ありません。そんなタマじゃあござんせんよ。

ヨンサン買って、お酒を飲んで、麻婆豆腐食って、どっかへ行って。だらしなく過ごす日常を恥と一緒に晒していくのです。
できるだけ政治的なことは書かず、できるだけ特定の個人や何かを攻撃するようなことは書かず、ここをご覧くださっている
奇特な方に精神汚染を及ぼさぬよう、面倒ごとからは全力で逃げる感じで日々薄い内容のイロイロを広大なネットの場末で
今後も様子を窺いながらチマチマと書き殴っていこうと思います。お暇な方はどうぞお付き合いいただければと思います。

まずは11年、そして12年を目指し、その先の4000あたりも狙ってみましょうか。

検討課題
・今日は美味しいものを食べちゃう
・今日は美味しいお酒も飲んじゃう

2021年12月10日 (金)

JADE MINIATURES J43166 O.S.C.A F2-S-372 Reims 1959 Essais 3/4

カンカンスプレーを使って塗ったも乾いてしまったことから、仕方なしに次の工程に進もうと思います。

Osca_31

けっこうデロデロにするつもりで厚めに吹いた塗装面も、クルクル回しながらハイライトをみれば思っている以上にギバギバ。

Osca_32

キット付属のデカール。
革バンドはエッチングパーツかなにかに置き換えようと思います。そして左上のエンブレムの貼付位置を探し出せません。
いくつかの実車画像や、同キットの完成例などを確認してもエンブレムは表示されていないようにしか見えないのです。
考えるのは苦手ですから分からない箇所はスッパリ省略しておきます。

Osca_33

ボディへは予選用を示す「T」のデカールを貼るだけにします。

Osca_34

塗膜のギバギバが目立つ部分だけスポンジやすりでサスサスしたら、クリアを濃いめ近め厚めでドバドバ吹きつけておきます。

しばらく放置し乾かします。

検討課題
・そういうのは詳細判明後ソッと対応する
・アップライトの工作をどうするか考える

4/4

2021年12月 9日 (木)

金盃立呑処 アメ横店 上野

店舗は上野駅からアメ横センタープラザ右側の上中通りに入ったすぐの場所にあります。

211209_01

金盃 樽酒 一合升。
樽酒を常温で。樽の香りも楽しみながらいただき、お代わりもします。
たいへんおいしゅうございました。

211209_02

淡路島産赤玉ねぎスライス。
ポン酢をかけまわしたオニスラに店員さんが鰹節をのっさり盛りつけてくださいます。
たいへんおいしゅうございました。

211209_03

美味しいソーセージ。
太めでいい感じに焼けたソーセージ。添えられた完全食品マヨネーズをソーセージにペトペト塗っていただきます。
たいへんおいしゅうございました。

211209_04

カウンターには金盃ゴールドカップ佳撰がずらり。

211209_05

なんと飲み放題プランが提供されています。ワンカップ4本呑めば勝ちです。これは挑戦しないといけません。

検討課題
・三宮へ行く機会を探る
・飲み放題プランを試す

2021年12月 8日 (水)

すし酒場 うまる 御徒町店 御徒町

店舗は御徒町駅南口から南へ歩いた高架下にあります。

211208_01

角ハイボール。
そんな予感はあったものの、とりあえず飲み始めてしまいます。
たいへんおいしゅうございました。

211208_02

真鯵なめろう。
アジを見つけると何があろうと頼んでしまいがちです。
たいへんおいしゅうございました。

211208_03

秋刀魚刺身。
思いがけず今年初秋刀魚。
たいへんおいしゅうございました。

211208_04

ホッピーセット。
黒を飲み足します。
たいへんおいしゅうございました。

211208_05

握り。
秋刀魚、赤身、活車海老、真鯵、真鯛、鉄火巻。
たいへんおいしゅうございました。

211208_06

活車海老。
刺身、または握りで注文すると頭を香ばしく焼いてくださいます。
たいへんおいしゅうございました。

店員さんたちの雰囲気から手作り感、あるいは文化祭感たっぷり。放置系、もしくはシカト系と表現することもできます。
シャキシャキと働く店員さんに声をかけるタイミングを、呆然としてるだけの店員にブロックされ飲まないとやってやれません。

検討課題
・寛大な心持ちを忘れない
・呑みたい気持ちに忠実でいる

2021年12月 7日 (火)

冬物衣料

秋の日は釣瓶落とし。冬の寒さはパイルドライバー。あれから半月あまりで寒さもグッと皮下脂肪に堪えるようになってきました。
風を凌ぐだけでは少し足りないと思い、羽織っていれば体温の低下をじゅうぶん防げる上っぱりを追加購入しておきます。

211207

気軽に使えるソフトシェルとして薄手で軽量のガンマ LT フーディ。
積極的に継続購入するブランドではないものの、サイズ感や各部ディテールの使い勝手からツイツイ購入対象になりがちです。

このメーカーのジャケット等に対して個人的に抱く唯一の不満と言えば、フロント部分にダブルファスナーを採用していないこと。
ちょっとパンツを脱ぎたくなったときなどに不便を感じたりします。これまで採用していないことからメーカー側になんらかの考え、
哲学のようなものがあるのでしょう。使用する私はちょっとパンツを脱ぐ前に、思いとどまるチャンスを与えてもらったと考えます。

検討課題
・ベータSVあたりも
・フード無しも

2021年12月 6日 (月)

本屋で買う物といえば

本屋で本を買うのは当たり前のことかもしれません。
そんな固定観念から逃れられないからか、そうじゃないものを見つけるとツイツイ手に取り、うっかり買ってしまっていたりします。
まんまと本屋の巡らせた作戦の術中に嵌まってる気もしますが、それさえも楽しむくらいの余裕を持っていたいのです。

211206_01

金の太陽花椒。
四川省金陽県産の青花椒を使った痺れの強いパウダー。
付属のタブレットケースに移し替えれば携行でき、あらゆる料理に痺れを追加することも可能になります。

211206_02

彝族のズマグニ。
焼肉などにパフパフできる痺辛パウダー。以前、、購入したコチラと食べ比べをしてみたいと思います。

それにしても四川省にお住まいの彝族さん侮りがたしです。

211206_03

今回、上記2点のスパイスを購入したのは神保町すずらん通りに店舗を構える中国書籍の老舗、内山書店。
普段なら足を踏み入れることのない本屋ですが、ショーウィンドウのディスプレイを見た瞬間フラフラと入店していました。

211206_04

店内で催される「アジアのスパイスフェア」では各種スパイスの他、関連書籍も多数販売されて興味深いフェアとなっています。
現在でもフェアが継続して開催中かは不明なため、購入をご検討の際は事前に確認をすることをお薦めします。

検討課題
・ビリヤニ本を一冊
・火鍋用鍋をなんとかして

2021年12月 5日 (日)

プレイ内容の確認 2021

そんなこんなで今年も健康診断の季節です。
どうにもこうにも新コロの感染拡大に伴い発せられた緊急百合子に唯々諾々と従った結果の運動不足は顕著。診断の前から
ド素人の私でさえ診断結果をじゅうぶん想像できたりしちゃいます。まさに医者いらずだね。これもそれも集近閉のせいですよ。

外出を控えたことから家で食べ、家で飲むことも増え暴飲暴食をしまくったことが各検査項目の結果に反映されています。
解せないのは体重の変化が少なかったこと。場所前の検診とあって身体を作ったつもりでしたが老いには勝てなくなったのか
気まぐれに0.1tを行ったり来たりする体重リンボーダンスもできなくなってしまったことに一抹の寂しさを覚えたりもします。

211205

デジャヴ?イエイエそんなことはナイアルですよ?
体重はさほど変わらないものの、腹囲はマシマシになっています。運動不足のツケはヘソまわりに現れていたということでしょう。
週末を中心とした無駄歩きを積極に行わないとならないのかもしれません。ただ、これで体重の減量は難しいかもしれません。
とはいえ健全な飲酒生活と、娯楽としての模型製作を楽しむためには何よりも健康第一を目指しておきたいところです。

まずは診断結果の宣告を待ちたいと思います。

検討課題
・炭水化物摂取過多ダイエットを開発する
・健康のバロメータは足の親指の痛みで計る

2021年12月 4日 (土)

MONOGRAM 1/72 F8F Bearcat 3/3 完成

やっぱ御機嫌最高モノグラム。幼少期からの刷り込みがあるにせよ、他メーカーより3割増しで作っていて楽しさを感じるキットです。

Kumaneko_31

濃紺もすっかり乾いたら、キット付属のデカールを貼ります。とても30年以上経過したデカールとは思えないくらいの貼りやすさ。

Kumaneko_32

キャノピーは前後に分割され、そのまま閉めた状態を選んで作るとけっこうな隙間が生じます。
事前に入念な摺り合わせを行うか、キット付属のパイロットを乗せ、キャノピーおっぴろげ開放状態で作ることをお薦めします。

Kumaneko_33

雑な筆塗りで適当に塗っただけではツヤツヤにはならず、ラッカー系塗料を吹きつけ、クリアコートしたくなってきます。
ただしそれは冬のナナニー筆塗り修行の目的から外れる行為ですから、こんな感じでオッケーにしたいと思います。

Kumaneko_34

キット同梱のスタンドを増槽にブッ刺せば飛行状態も再現できます。こんなことならパイロットを乗せておくべきでした。

なんだかんだいってもモノグラム社のキットはいつ作っても御機嫌最高だぜ!という感じです。

検討課題
・おフランス海軍仕様で
・筆塗りからの研ぎ出しをしてみる

2021年12月 3日 (金)

MONOGRAM 1/72 F8F Bearcat 2/3

やっぱ御機嫌最高モノグラム。
そんじょそこらの簡易インジェクションキットメーカーなら、座りションベン漏らして逃げ出すほどの驚異的なデキの良さです。

Kumaneko_21

説明書の指示通りにバンバン組んだらヌリヌリします。画像では青っぽいですが、けっこう紫色の強い青を下塗りします。

Kumaneko_22

さらに青っぽいグレーをスジスジし、

Kumaneko_23

もっと青みの強いグレーもスジスジします。

Kumaneko_24

とどめにアメリカ海軍機っぽいツヤ有りの濃紺をペタペタと塗り重ねます。

検討課題
・FH-1 ファントムも
・F2H バンシーも

2021年12月 2日 (木)

MONOGRAM 1/72 F8F Bearcat 1/3

ガキの頃さんざん作った御機嫌最高モノグラム社のF8F ベアキャット。
いつでも手に入ると思っていたのも今は昔。既にモノグラム社そのものが無くなっており、諸行無常のチンチラホイでございます。

Kumaneko_11

そこで友人の手を借りて1980年代後半に再販されたMINI MASTERPIECESシリーズの御機嫌最高なグラマンを手に入れます。
いつもいつも面倒をおかけし、その度に力になってくださる友人には感謝しかありません。本当にありがとうございます。

Kumaneko_12

とはいえ積むだけは積んでいるのです。あとはSword社ナナニーのベアキャットを手に入れておきたいところです。

Kumaneko_13

とりあえず組み立てます。元は1960年代にリリースされたキットです。このMINI MASTERPIECESシリーズとして再販された段階で
発売から20年以上経過し、今となっては50年以上前のクラシックなキットですから各部のイロイロは当然のように多々あります。
実際には、主翼と水平尾翼を機体左右で挟み込めば、水平垂直もイッパツで決まり、いとも簡単に「士」の字に組み上げられます。

検討課題
・ハセガワ版も
・レベル版も

2021年12月 1日 (水)

上野駅前 12月

気付けば12月。昨年に続き新コロに振り回されっぱなしのまま、あっという間に師走到来ですよ。
とりあえずは今年もどうにかして三太狩りをしておきたいと企みます。あわよくば独り忘年会連続開催もしたいと目論みます。

211201

上野といえばの駅前アメ横。今年は威勢の良いダミ声とともに新巻鮭が飛び交う年末の風物詩も復活するのでしょうか。
蟹、鮭、かまぼこ。なにも好き好んで上野で買うこたぁねぇでがんしょ?そんなことを言いたくもなりますが、名物ですからね。
無駄に長かった緊急百合子も解除されたことですし、誰もが物欲を解放させるヤケクソ景気を盛り上げていきましょうや。

検討課題
・死のロードな忘年会も楽しむ
・有給休暇の消化に努める

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »