2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月の記事

2022年2月28日 (月)

ちそう 湯島

店舗は湯島駅6番出口から地上に出た左手すぐにあります。

220228

鴨南蛮蕎麦。
ランチタイムに手打ち蕎麦を提供し始めたので利用してみます。鴨肉、焼き葱、鴨つくねが盛りつけられています。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・夜営業が平常化されたら行ってみる
・鴨焼きを食べられる蕎麦屋を探す

2022年2月27日 (日)

我流担々麺 竹子 天神下店 湯島

店舗は湯島駅から上野広小路駅に向かう途中の春日通り沿いにあります。

220227_01

パイコウタンタン麺。
メニューを見ながら吟味するでもなく、なんとなく頼んでしまいます。こちらの担担麺の独特さはいまだに理解できていません。
たいへんおいしゅうございました。

220227_02

水餃子。
利用した日は水餃子5個を100円で提供するサービスをしていたのでライス代わりに注文します。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・ラーメンに餃子を浮かべてみる
・中辛以上の担担麺に挑んでみる

2022年2月26日 (土)

starter BUICK REGAL QUAKER STATE 1991 5/5 完成

タイトルの通りstarter BUICK REGAL QUAKER STATE 1991です。

Quaker_9151

手元にあったBUICK REGAL QUAKER STATE 1989用のデカールを無理矢理貼っていることから、細部について
実車とは異なる箇所が各所にあります。ルーフ部にあるブレット・ボーダインのドライバーネームも省略されてします。

Quaker_9152

完成間際でやらかした部分は、レタッチ成功などと胸を張ることなどできない程の惨状。
ボディ下部の白い部分も実車に比べて帯の幅が太く、どうにもこうにも締まらない有様です。

Quaker_9153

とりあえずクエイカーステイト柄のビュイック リーガルを並べて完成とします。
まず一つ、ナスカー製作における自分へのノルマをこなした感じです。

検討課題
・この調子で黄色いノルマをなんとかする
・そろそろ#43のノルマをどうにかしてみる

2022年2月25日 (金)

starter BUICK REGAL QUAKER STATE 1989 4/4 完成

タイトルの通りstarter BUICK REGAL QUAKER STATE 1989です。

Quaker_8941

バQの切り出しは相も変わらずラフなまま。フィッテングもアマアマです。
このビュイックは、ポンテGP同様に前窓部分のバQ前縁をボディとダッシュボードの隙間に挟み込む構成ですが、
長期的に前窓バQの上端屋根側がメロメロと剥がれてくることもあったため、バQ部品へのストレスを減らすために
以前製作した1995年式ポンテのように前窓前端はボディへ乗せるようにしているだけに留めています。

Quaker_8942

白と緑を適当に塗り分けた上に金色のデカールを貼っています。クリアを塗り重ねてもベコベコの段差が残りました。

Quaker_8943

チンスポをV字に塗り分けたカッコいい1988年式のビュイックと並べて完成とします。

検討課題
・チンスポがV字といえばお召し新幹線と断言する
・このボディのビュイックはもう1台くらい作っておく

2022年2月24日 (木)

Heller 1/72 Messerschmitt Bf 190F 3/3 完成

水性塗料を乾かすため、数日のあいだ屋外に放置します。いわゆる「寒ざらし」と呼ばれる冬の風物詩です。嘘です。

Bf109f_131

機体番号などはAZmodel社のキットから奪ってきたデカールを貼っています。
AZmodel社のキットに付属するデカールは薄く、凹凸に馴染みやすく、すぐに丸まり、簡単に破ける高品質なものでした。

Bf109f_132

キャノピーの先っちょの三角小窓がありません。あの小窓はF-4型のみなのか、調べるのも面倒なので無視します。
主脚のトレッド狭いのに脚柱は長く、不整地での離着陸は難儀したのじゃあないかと思ったりします。

Bf109f_133

やっぱ●じゃあね。いつも通りスジスジしたのに明るし砂漠色のせいか、どうにもノッペリした塗り上がりになりました。

検討課題
・垂直尾翼が赤いのも
・ファインモールド社のも

2022年2月23日 (水)

Heller 1/72 Messerschmitt Bf 190F 2/3

独特の柔らかさと、裂けるように削れるエレール社の古い成型樹脂を楽しむように製作を始めます。

Bf109f_121

現代の模型工作的にはエンジンカウル上部の機銃部などディテールアップすべき箇所なのでしょう。面倒ですよ。
曖昧な箇所、異なっている箇所てんこ盛りですが、そういう箇所をチクチク直すことを目的にしてはいないんです。
適当に組み上げたら修行としての水性塗料による塗装の準備に取りかかります。

Bf109f_122

パテを塗り込んだ部分と成型色の境界を目立たなくさせるため、全体にライトグレーを下塗りします。

Bf109f_123

機首や主翼の先っちょとかを白くします。

Bf109f_124

下面を青くします。
別キットの色指定を信じるとどうにも青すぎるし、パッケージの絵面では白すぎると思ったりしたので適当に塗ります。

Bf109f_125

サンドイエロー、デザートブラウン、ライトブラウンあたりを気の向くままスジスジします。

Bf109f_126

下面の先っちょを黄色くします。

検討課題
・俺の砂漠色を探す
・キッチリした直線部も不安定な筆塗りで

2022年2月22日 (火)

Heller 1/72 Messerschmitt Bf 190F 1/3

砂漠な色合いに塗れるか不安なまま、自らの技量など無視してエレールの黒箱を生贄にしてみます。

Bf109f_111

機首にはアフリカらしくニャニャーンのマーキング。公文書の墨塗りよろしく垂直尾翼の●が無粋です。

Bf109f_112

今から30年以上前、昭和時代に作ったときは部品表面に梨地加工が施されていたと記憶しています。
今回発掘されたキットの部品には梨地加工は施されていませんでした。黒箱初期のキットだったのでしょうか。
細かい仕様についてはどうでもよく、整理され部品点数も少ないこちらをアフリカの星にしようと思います。

Bf109f_113

デカールは黄ばんでいます。砂漠色に塗った上に貼るのですから問題無いような気もします。
ただし、垂直尾翼に貼るべき●がありません。キット発売当初はニャニャーンの上に●ではなく回転十字印が
あったのではないかと思ったりします。無いものねだりをしても仕方ないし、アフリカの星とは機体番号も違う
ので、デカールは既に用意してある別キットから奪ってこようと思います。

検討課題
・有象無象の脅迫的なお気持ち表明は無視する
・その上で貴重な御意見ありやとやんしたで流す

2022年2月21日 (月)

ねんどろ

昨年と同じメンツを連れ回すのも楽しい。

220221_01

津軽大沢駅にて。

220221_02

津軽大沢駅にて。

220221_03

津軽大沢駅にて。

少し気付く。ここ3年のボウズはこいつらを連れてきたこと。験担ぎでもなく、次は違う連中を連れて行こう。

これにてまさかの3年連続ボーズを喰らい超ガッカリンコとなった「青森ツアー 2022」の項はおしまい。ムキャー!

検討課題
・二度あることは三度あったと臍を噛まない
・しまったままの連中のメンテをする

2022年2月20日 (日)

三浦酒造株式会社 豊盃 純米大吟醸 2021

弘前周辺で生じた空き時間を有効活用するため、中央弘前駅近くの酒販店に立ち寄り渾身の酒選びに没頭します。

220220_01

スキットルのような形状の瓶に入っています。飲み切ったら何かに使えるかもしれませんので早めに飲もうと思います。

220220_02

しゃけ酔明。
お酒のアテに宮城県石巻市にある水月堂物産株式会社の珍味を用意します。ほやは苦手なんですよ。

検討課題
・つるし古酒をなんとかして
・レインボーもどうにかして

2022年2月19日 (土)

マルヨ食堂 石川

店舗は弘南鉄道大鰐線石川駅から平川を渡り、国道7号(弘前バイパス)を目指し東へ歩いた場所にあります。

220219_01

カレーラーメン。
自家製麺の縮れた細麺、正油系スープ。本体ともいえるカレーはスープの下に仕込まれており、別途チャーシューをトッピングします。
たいへんおいしゅうございました。

220219_02

天地返し。
どんぶりの底のカレールーをスープと合わせるように静かにかき混ぜます。カレールーは豚肉、人参、ジャガイモ、玉ネギと具だくさん。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・焼きそばも
・おにぎりも添えて

2022年2月18日 (金)

青森ツアー 2022 3日目 最終日

2022年1月28日、泣いても号泣しても笑われても今日がツアー最終日。お願いしますよ。

220218_01

0715、サンシャイン。天気予報では吹雪、積雪、着雪、雪崩と期待も高まるソレっぽい言葉が並びますがサンシャイン。

220218_02

1410、奥羽本線 大鰐温泉駅。
この日、青森駅〜新青森駅間において始発から積雪のため、特急列車は昼過ぎまで運転見合わせ。普通列車だけが走ります。

220218_03

1430、みやげものを物色します。本場の大鰐温泉もやしと、ジェネリック品との購入制限と価格差。

220218_04

1500、グッバイお岩木。

まさかの3年連続ボウズ。ぬー。はてさて、どうしたものか。

検討課題
・天気次第で旅立つくらいで
・いっそチャーターも考える

2022年2月17日 (木)

黒潮市場 弘前

店舗は弘前駅城東口から国道7号線を目指した長四郎公園の東側にあります。炉ばた屋 黒潮市場の兄弟店。

220217_01

生ビール。
まず乾杯。どんよりしてても飲むのです。
たいへんおいしゅうございました。

220217_02

エビの油煮、鶏の唐揚げ、枝豆。
この日から青森県も蔓延防止等重点措置の対象県となり、営業時間の短縮され提供されるメニューが削減されます。
たいへんおいしゅうございました。

220217_03

日本酒タイム。
青森県青森市にある株式会社西田酒造の田酒。
青森県弘前市にある三浦酒造株式会社の豊盃。
たいへんおいしゅうございました。

220217_04

刺し盛り。
この日から青森県も蔓延防止等重点措置の対象県となり、鮮魚の仕入れを控えたことから魚種が削減されます。
たいへんおいしゅうございました。

220217_05

ハイボール。
なんとも言えない気分を炭酸で流し込みます。
たいへんおいしゅうございました。

220217_06

さきいかの天ぷら、エビマヨ。
この日から青森県も蔓延防止等重点措置の対象県となり、20時閉店となったことから〆の米飯は無しでフィニッシュ。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・旅先でも新規開拓を怠らない
・5年振りの利用での変化を見る

2022年2月16日 (水)

山崎食堂 大鰐

店舗は弘南鉄道 大鰐線 大鰐駅から東へ歩いた至近にあります。10年振りの利用となりました。

220216

元祖おおわに温泉もやしラーメン。
しょうゆ味のスープに縮れた細麺。チャーシューをトッピングします。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・定食的なものも
・店内に飾られるサイン色紙を鑑賞する

2022年2月15日 (火)

青森ツアー 2022 2日目

2022年1月27日、オミクロン株の感染拡大に伴い、この日から青森県も蔓延防止等重点措置の対象県となります。

220215_01

0811、夜中に降雪があったのか、家々の屋根には少しだけ雪。もっとガツンと降ってくださいましな。

220215_02

1100、弘南鉄道 大鰐線 津軽大沢駅。
下げパンタ、今日も動いてねぇな。空はすっかり晴れ渡り、曇天だった昨日より心持ちシャッキリと写ります。

220215_03

1130、弘南鉄道 弘南線 平賀駅。
下げパンタ、のっさり積もった雪。さてはこいつも動いてねぇな。

220215_04

1215、弘南鉄道 大鰐線 大鰐駅。
大鰐駅北口側からモーターカーを恨みがましく眺めます。

220215_05

1215、弘南鉄道 大鰐線 大鰐駅。
車両後部にはロータリー除雪装置を有しているからか、駅ホーム奥まで除雪されています。でもそうじゃないんだよ!

220215_06

1230、弘南鉄道 大鰐線 大鰐駅。
定刻1230、大鰐駅を発車した普通電車を駅近くの踏切から投げ遣りっぷり全開で記録します。

220215_07

1300、弘南鉄道 大鰐線 大鰐駅。
駅前の「あじゃりん」と。足湯施設は新コロもあって閉鎖中。

検討課題
・体力温存のため昼寝とかしちゃう
・念のため一応でも確認しておく

2022年2月14日 (月)

八戸酒造株式会社 陸奥八仙 ピンクラベル 吟醸火入れ

弘前周辺で生じた空き時間を有効活用するため、大鰐駅近くの酒販店に立ち寄り渾身の酒選びに没頭します。

220214_01

なんとなく飲みたかったお酒をまんまと手に入れたことですし、冷蔵庫の奥で冷やしきったらチャチャっと飲もうと思います。

220214_02

ほたて酔明。
お酒のアテに宮城県石巻市にある水月堂物産株式会社の珍味を用意します。ほやは苦手なんですよ。

検討課題
・夏吟醸をなんとかして
・三ツ友恵もどうにかして

2022年2月13日 (日)

炉ばた屋 黒潮市場 弘前

店舗は弘前駅城東口から国道7号線を目指した長四郎公園の手前にあります。

220213_01

生ビール。
たっぷり反省会、じっくり作戦会議。そんな感じでまず乾杯。
たいへんおいしゅうございました。

220213_02

赤ウィンナー。
メニューの中に見つけたら頼んでしまいます。他に出汁巻き玉子も注文します。
たいへんおいしゅうございました。

220213_03

串焼き。
つくね、もも、ボンジリ。他にアスパラ肉巻き、焼きエビも注文します。
たいへんおいしゅうございました。

220213_04

日本酒タイム。
青森県弘前市にある六花酒造株式会社のじょっぱり 特別純米 しぼりたて新酒。
青森県弘前市にある三浦酒造株式会社の豊盃 純米大吟醸 おりがらみ。
青森県黒石市にある株式会社中村亀吉酒造の亀吉 特別純米。
たいへんおいしゅうございました。

220213_05

刺し盛り。
たつ刺し、イナダ、真ソイ。毎年だいたいタツ刺しをいただいていたコチラは残念なことに閉業。
たいへんおいしゅうございました。

220213_06

貝焼き味噌。
このあと〆に焼きめしを注文しフィニッシュ。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・基本は地酒固め
・タツ刺しの美味しい店を探す

2022年2月12日 (土)

青森ツアー 2022 1日目

2022年1月26日、連日オミクロン株の感染拡大が伝えられるなか、ギリギリのタイミングを見計らい青森を目指します。

220212_01

グッドモーニングお岩木。
0800、矢板に雪無し、安積に雪無し、前沢に雪無し、そして弘前に雪無し。雲はあれど道路はすっかり乾いています。

220212_02

0830、弘南鉄道 大鰐線 津軽大沢駅。
下げパンタ、こいつぁ動いてねぇな。事前情報もあったとはいえガッカリンコがリフレインです。

220212_03

0835、弘南鉄道 大鰐線 津軽大沢駅。
これじゃあ黒石に行ってもなぁ、平賀へ行ってもなぁ。そんな感じです。

220212_04

0847、弘南鉄道 大鰐線 津軽大沢駅。
普通電車の交換を眺めます。

220212_05

1110、弘南鉄道 大鰐線 中央弘前駅。
駅前ローターリー整備に伴い駅舎の移動と全面改築が決定している中央弘前駅の外観を記録します。

220212_06

1125、弘南鉄道 大鰐線 中央弘前駅。
定刻1130の5分前に改札が開き、学生さんたちがゾロゾロと電車へ乗っていきます。

220212_07

1140、弘南鉄道 大鰐線 中央弘前駅。
駅舎が新たに整備されたら趣ある看板類も無くなってしまうのでしょう。

220212_08

1400、弘南鉄道 大鰐線 大鰐駅。
こいつか!こいつなんだな?

初日からこんな感じのまま、この項しばらく続きます。

検討課題
・ぐぬぬ
・ぎぎぎ

2022年2月11日 (金)

なおじん 秋葉原

店舗は秋葉原駅の近くにあります。

Naojin_2202_01

レモンサワー。
お通しはモツ煮込み。このあとレモンサワーを飲み重ねます。
たいへんおいしゅうございました。

Naojin_2202_02

馬刺し。
鯨刺しとどちらにしようか迷ってこの日は馬刺し。数日前にも馬刺しを食べていたことをスッカリ忘れています。
たいへんおいしゅうございました。

Naojin_2202_03

肉巻きアスパラ。
サワーの炭酸と合う温かい何かと思い注文します。
たいへんおいしゅうございました。

Naojin_2202_04

厚揚げ。
日本酒に切り替え、軽めの肴を注文します。お酒は新潟県南魚沼市にある八海醸造株式会社の八海山。
たいへんおいしゅうございました。

Naojin_2202_05

ワサビコブ。
このお店で飲むときの相棒といえばコレ。終盤に差しかかり、もう少し飲むときにちょうどいい感じ。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・頼んだことのない肴を注文する
・カウンター利用は短時間に留める

2022年2月10日 (木)

三冨魯久汁八 湯島

店舗は湯島駅4番出口から天神下交差点を起点にし、南東の飲食店街に入ったあたりにあります。

36_2202_01

日本酒タイム。
福島県会津坂下町にある合資会社廣木酒造の飛露喜 純米吟醸 黒ラベル。
青森県弘前市にある三浦酒造株式会社の豊盃 純米吟醸 豊盃米55。
たいへんおいしゅうございました。

36_2202_02

お通し。
充実したお通し。子持ち鮎の甘露煮は辛口のお酒にとても合います。
たいへんおいしゅうございました。

36_2202_03

お造り。
平目の刺身と、フグの煮こごり。煮こごりは舌にのせると噛むことなく溶けていきます。
たいへんおいしゅうございました。

36_2202_04

日本酒タイム。
山形県村上市にある高木酒造株式会社の十四代 本丸 新本丸 秘伝玉返し。
年に一度の出荷とあっては見つけたら飲んでおくしかありません。本醸造とは思えない飲み口で、お代わりをしちゃいます。
たいへんおいしゅうございました。

36_2202_05

きんぴら。
レア食材といえる大鰐温泉もやしのきんぴら。
たいへんおいしゅうございました。

36_2202_06

京風出し巻玉子。
青森産十三湖産しじみを使った出汁タップリ使った出汁巻き玉子。
 たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・肴はおまかせで
・酒は自分で選ぶ

2022年2月 9日 (水)

もつ焼き酒場 豚坊 上野

店舗は上野駅からほど近い高架下にあります。

Ton_2202_01

ホッピーと煮込み。
まずは黒ホッピーのセット。温かいモツ煮込みをつつきます
たいへんおいしゅうございました。

Ton_2202_02

鴨ロース。
もう少し脂が多い方が好みではありますが、文句をいうことなく辛子とマヨネーズを付けながらいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

Ton_2202_03

馬刺し。
いい感じの赤身。馬肉の部位名を覚えきれていないため要学習と称し、赤身肉をモシモシ食べます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・アメ横の中で飲むときは慎重に
・知らない人と野球の話をするときも慎重に

2022年2月 8日 (火)

金利苑 上野広小路

店舗は上野広小路交差点から春日通りを西へ歩いた雑居ビル3Fにあります。

Kin_2202_01

青唐辛子と豚肉炒め。
青唐辛子、赤唐辛子、ニンニクの芽を豚バラと一緒に辣油とともに甘辛く炒めています。
ダブル唐辛子等により甘辛さの「甘」部分はほぼ感じられません。他にご飯、スープ、漬物、小鉢、デザートがセットされます。
たいへんおいしゅうございました。

Kin_2202_02

小鉢類。
中国東北料理と朝鮮料理を提供するお店とあって、中国の泡菜などが朝鮮風の食器に盛りつけられて提供されます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・羊串も食べてみる
・炒飯がウェット系でも完食を目指す

2022年2月 7日 (月)

花ぶさ 末広町

店舗は末広町駅から北へ歩いた場所にあります。

Hana_2202_01

お造り三点盛りと御飯セット。
本まぐろ、とらふぐ、ひらめの三点。昼から少しだけたくさん飲みたくなる気持ちをグッと抑えて食事に専念します。
他に牛蒡のたたきの小鉢、漬物、赤だし。この日の御飯は蟹御飯。蟹御飯ですから当然のようにお代わりしますよ。
たいへんおいしゅうございました。

Hana_2202_02

甘味。
いつもの善哉ではなく、うさぎやの最中。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・少し飲むことを躊躇しない
・食事は後でと平然と言ってみる

2022年2月 6日 (日)

PM MODEL 1/72 HAWKER SEA FURY T-61 “BAGDAD FURY” 3/3 完成

どうにもこうにも思っていた砂漠色にはほど遠く、いつも通りのグダグダっぷりでございます。

Fury_31

イラク王立空軍仕様にしてみます。
ラウンデルとアラビア語のデカールが2サイズあり、主翼と機体側面にどちらを貼るべきか分からないまま適当に貼っています。

Fury_32

5枚ペラがかっこいいね。赤茶にすぎた部分は薄茶を塗り重ねることで誤魔化しています。

Fury_33

どうにも茶色の感じが思っていた色になっていません。そんなことを言える立場じゃないのは重々承知ですが納得できていません。
もう少し修練を積み重ねないとアフリカの星に着手できないかもしれません。

検討課題
・緑色も
・たまには戦車も

2022年2月 5日 (土)

PM MODEL 1/72 HAWKER SEA FURY T-61 “BAGDAD FURY” 2/3

細かいことは考えないで手を動かすことに注力しながら製作を開始します。

Fury_21

パーツは柔らかめな樹脂で成形されています。金型が傷んでいるのか、エンジンカウルなどいくつかのパーツ表面が荒れています。
そんなことは些末なことで、操縦するのに必要なコックピット内部の計器板や操縦桿のパーツがありません。念力飛行を求められます。
もちろん自作するのも、他のキットから奪い取ってくるのも面倒ですからノー計器板、ノー操縦桿なロックンロール仕様にしておきます。

Fury_22

機体下面は水色をスジスジします。

Fury_23

機体上面はとりあえず全面薄茶にスジスジします。

Fury_24

機体上面の迷彩部となる濃茶をスジスジします。赤茶にしすぎたと思い、どうにかすることを考えます。

検討課題
・もっと明るい薄茶を探す
・いざとなったらキャノピーを塗りつぶす

2022年2月 4日 (金)

PM MODEL 1/72 HAWKER SEA FURY T-61 “BAGDAD FURY” 1/3

さてと、ソロソロ以前購入したアフリカの星でも作るかなと考え、その前に砂漠な色の練習用にと生贄を準備します。

Fury_11

生贄にされるのはトルコのPM MODEL社 バグダッドフューリー。操縦士間の微妙な距離感を感じさせるフクザニアでございます。

Fury_12

元はパイオニア2社のキット。メーカーが代わったことでデカールバリエーションが増え、お値段もお手頃になりいいことずくめです。

Fury_13

キット付属のデカールは、パキスタン空軍とイラク王立空軍用。個人的にはあまり貼る機会の無い国のデカールです。

検討課題
・マッチボックス社のテンペストを
・アフリカの星はエレール社の黒箱で

2022年2月 3日 (木)

MINI RACING No.0181 CITROEN CX Proto NEFF PARIS DAKAR 1983 3/4

しばらく放置していましたが、ナスカーでアレしちゃったので気分転換をするでもなく、こちらの製作を進めようと思います。

Cx_8331

厚く塗ったクリアを削り、表面をなんとなく均しておきます。

Cx_8332

日頃の行いのせいからクリアの塗膜が割れます。もしかしたらクリア層に引っ張られてデカールも割れてるっぽい感じです。
気休めに薄めのクリアを流し込みリタッチを試みます。もちろん試みは失敗。ヒビを隠しきることはできませんでした。

Cx_8333

さらに今回、久しぶりにウレタンクリアを吹きつけます。いつものお手軽カンカンタイプです。
というのもガイアノーツ社のEXクリアを使った際に発生したヒビ割れ、あるいは数年後に発生したクリアの曇りなどもあって、
これは材料や機材、塗り方に原因があるのでは無く、全ては私のダメダメさに起因してると考えるに至ったからです。
カンカンのウレタンなら希釈など失敗することもなく、均一な塗り上がりにできると思ったのです。

室温を20℃くらいにして72時間ほど放置して硬化を待ちます。

検討課題
・濃いめのラッカーも試す
・当面は仕上げだけウレタン

4/4

2022年2月 2日 (水)

starter BUICK REGAL QUAKER STATE 1991 4/5

さて、そんな感じで刺激もいただいたことですし、今年もヌルヌルとナスカーの製作をチマチマ再開していくわけです。

Quaker_9141

のぎゃあああぁぁぁぁ!!!!!
リア窓をマスキングテープを使い、矯正するように引っぱり伸ばしながら接着してたのです。
作業から数日後、もうソロソロ接着剤も乾いただろうと思い、マスキングテープを剥がそうとしたら塗膜もろともベロリンチョ。
久しぶりの絶叫モデリングですよ。

キッチリ。まるでそこが剥がれる部位であったかのように、デカール貼付時にシルバっていた箇所だけが見事に剥がれます。
マスキングテープに残った塗膜をどうにか回収しようとピンセットなどでカリカリしますが、塗膜は粉々になっていきます。
いぃぃぃぃぎゃあああぁあぁあぁ!!!!!

Quaker_9142

なんかもう、どうでもよくなってきます。
とりあえず無事だったドライバー側のゼッケン部などを見比べながら、筆塗りでプルプル震えながらリカバーを試みます。
白が乾いたら黒で影部分を書き足そうと思います。

同時製作をしている1989年式でなくて良かったと胸を撫でおろします。

検討課題
・ゆっくり剥がす
・細いテープを使う

5/5

2022年2月 1日 (火)

22222の Be a driver.

ゾロ目を踏んだ方はご連絡ください。
そんなことを来訪者カウンター設置とともに注意書きをしているホームページなども見なくなりましたね。

寒いからといって、あるいは新コロ変異種フィーバーがあるとはいえ車移動に比重を置くでもなく、年末年始を挟みつつも
長距離移動をすることも特になかったことから、走行距離はさほど伸びていなかったりします。どっか遠くへ行きてぇなあ。

22222

昨年末に24ヶ月点検を行いました。トラブルは特になく、走行はいたって順調に思えます。
点検後、気になっているのはルーフコンソールに取り付いてるエマージェンシーコールのサイン。
以前は緑色に光っていたような気のするSOSボタンのサインが赤く光っています。もしかして大ピンチの予感なのかしらん。
試みとして軽い気持ちで赤く光るSOSボタンを押すというのは、ナカナカに勇気を求められる行為のように思えます。

さてどうしたものか。とりあえずディーラーへ連絡して、現状を確認してもらおうと考えます。

検討課題
・ナゾのカウントダウンが始まったら下車して逃げる
・南無三と念じてからSOSボタンを連打してみる

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »