2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« RUBICON MODELS 1/56 LVT(A)-1 Am Tank 2/3 | トップページ | 霞ヶ関から東京 »

2022年4月 6日 (水)

RUBICON MODELS 1/56 LVT(A)-1 Am Tank 3/3 完成

思ったようにはナカナカ塗れるはずもなく。

Lvt_5631

上陸用車両として砂や泥汚れがあって然るべきのように思いますが、茶系の汚しは最小限に留めます。

Lvt_5632

褪色感を表現するでもなく、青くしたことなど無かったかのように平面部に白や灰色、薄茶などを薄く塗り伸ばしてみます。

Lvt_5633

そうは言ってもシャーシには跳ね上げた砂っぽさや、泥っぽさがあっても良かったのかと思ったり思わなかったり。難しいな。

Lvt_5634

いつものシャーマンと並べるとアムタンクのデカさが際立ちます。

検討課題
・次は普通に緑を目指す
・薄ら緑にも挑戦してみる

« RUBICON MODELS 1/56 LVT(A)-1 Am Tank 2/3 | トップページ | 霞ヶ関から東京 »

コメント

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
LVTは榴弾砲を載せたり、機銃を載せたりと開発の方向性が錯綜している感が見え隠れしますね。
今回、生贄にしたLVT(A)-1も後部に機銃を搭載してたりして、誰に狙いを定めているのか真意を尋ねたくなります。

サイズ比較が出来るのもスケールモデルの醍醐味ですねー
アムトラックで検索すると兵員輸送型の方の画像が出てきます。
いくらなんでも敵前上陸にオープントップだけじゃ心細かろうと急遽作ったんですかね。
肉弾十勇士の姿が見えるようです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RUBICON MODELS 1/56 LVT(A)-1 Am Tank 2/3 | トップページ | 霞ヶ関から東京 »