2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

« 三月末の大熊猫 | トップページ | RUBICON MODELS 1/56 LVT(A)-1 Am Tank 2/3 »

2022年4月 4日 (月)

RUBICON MODELS 1/56 LVT(A)-1/LVT(A)-4 Am Tank 1/3

戦車に青を塗ったらどうなるか。そんな暴挙を実行するために生贄を捧げてみます。

Lvt_5611

生贄になってしまうのはルビコンモデル社のアムタンク。
キットはM3スッチャート戦車の砲塔を載せたLVT(A)-1か、M8自走榴弾砲の砲塔を載せたLVT(A)-4のいずれかを選択できます。
車体上面の巧みな部品分割によりフックを数個追加工作すれば、どちらの型にも替えながら遊べるプレイバリューも残されています。
今回は部屋のどこかに埋めたはずのM3スッチャート戦車をそのうち作り、並べたいという野望の下拵えとしてLVT(A)-1を選びます。

Lvt_5612

特に問題も無く組み上がります。ただし、この時点でフェンダー前部の棒状部品の取付位置を間違えたまま接着をしています。

Lvt_5613

こんな感じで塗装の準備に取りかかります。
メーカーの公式サイトでは専用フィギュアセットも用意されているようですが、手に入れたところで作れないのでシカトします。

検討課題
・説明書はよく読む
・間違えても気にしない

« 三月末の大熊猫 | トップページ | RUBICON MODELS 1/56 LVT(A)-1 Am Tank 2/3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三月末の大熊猫 | トップページ | RUBICON MODELS 1/56 LVT(A)-1 Am Tank 2/3 »