2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 蒼き鋼のアルペジオ展 in AKIHABARA | トップページ | starter FORD THUNDERBIRD ARMY 1991 2/5 »

2022年6月 1日 (水)

starter FORD THUNDERBIRD ARMY 1991 1/5

ざますの季節到来ざます。
昨年の検討課題を果たしつつ、効率化についての検証と、悪貨をもって良貨を駆逐する邪悪な野望達成のため
アラン・カルウィッキが1991年のデイトナにおいてドライブした陸軍カラーのフォード・サンダーバードを作ります。

Army_9111

解ってる。解ってんだよ。前窓が必要以上に寝ていることなんざぁ百も千も万も御承知の助バンバンなんでぇござんすよ。
ただね、これをどうにかしようと思うと、前窓下端を基準にしてAピラーをおっ立て、屋根前端を伸ばす加工が必須なんス。
その加工に伴い車内のロールケージの調整、ダッシュボードの形状変更と工作盛りだくさんになるんでございますよ。
面倒くさいったらありゃしない。選択と集中、できない事やりたくない事、取捨選択、とどの詰まり、とにかく面倒なんスよ。

Army_9112

ひとしきり現状認識とともにボヤいたら、ボディのバリもすっかり削り落とされ、諦めたように洗浄したら塗装の準備です。
車体前部に対しての下塗りとしてクレオス社 B525 Mr.オキサイドレッドを吹いておきます。

Army_9113

さらに車体前部にクレオス社 S44 タンを吹きます。

Army_9114

屋根部分のキワと、車体側面の斜めってるライン部分を目分量全開な感じで適当にマスキングを施します。大丈夫かな?

Army_9115

デカール貼付後、クリアも塗るしと言い訳しながら塗料の食いつきを優先してクレオス社 S33 ツヤ消し黒を吹きます。

検討課題
・わかっててもやりたくない気持ちを大事にする
・知ってて知らぬ振りをすることこそ大人の嗜み

2/5

« 蒼き鋼のアルペジオ展 in AKIHABARA | トップページ | starter FORD THUNDERBIRD ARMY 1991 2/5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蒼き鋼のアルペジオ展 in AKIHABARA | トップページ | starter FORD THUNDERBIRD ARMY 1991 2/5 »