« starter FORD THUNDERBIRD QVC 1996 1/4 | トップページ | starter FORD THUNDERBIRD QVC 1996 3/4 »

2022年6月12日 (日)

starter FORD THUNDERBIRD QVC 1996 2/4

ポリパテを薄く盛るのはアトアト痛い目に遭うことは解ったうえで、完成を目指し製作を進めます。

Qvc96_21

薄ボンヤリした記憶では1994年頃からホイールセンターの間について、ホイールセンターの下は平板にしてもいいとか
なんとかというレギュレーションの改定があったように思います。つまり、ドア部に相当する部分の下側を絞り込むことなく
空力に優れた形状にできるというものです。それもこれも、いつもの通りの瓢箪からスレイプニルといったプレイなんですよ。

Qvc96_22

グレーのサフェーサを吹いてガサガサの表面を均しておきます。

Qvc96_23

車体下側におピンクサフェーサを吹きます。

Qvc96_24

サフェーサが乾いたら、重大なキズを見なかったことにしてタミヤ社 TS-49 ブライトレッドを満遍なく吹きます。

Qvc96_25

マスキングをしてクレオス社 S-02 ブラックを吹きます。

検討課題
・だからといって全てのキットを厳密にレギュレーションに合致させようとしない
・今回はタマタマのこととして工作の標準化に断じて組み込まない

3/4

« starter FORD THUNDERBIRD QVC 1996 1/4 | トップページ | starter FORD THUNDERBIRD QVC 1996 3/4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« starter FORD THUNDERBIRD QVC 1996 1/4 | トップページ | starter FORD THUNDERBIRD QVC 1996 3/4 »