« 情熱のロードレース Vol.4 1983年 WGP500 八重洲出版刊 | トップページ | のど黒のあくび 御徒町店 御徒町 »

2022年7月12日 (火)

異世界猫と不機嫌な魔女 柏葉ヒロ著 小学館刊

表紙の今となっては「魔女」と呼ばれる老女が召還したのは現代日本で過ごしていた猫。しかも巨大なサイズ。

220712_01

何かを命じたところで所詮は猫。思うに任せず手を焼く老女ジャンヌと、ナァと名付けられた巨大な猫との生活を描きます。
2巻になると老女を取り巻く登場人物も増え、これから物語が始まりそうな感じです。

巨大猫繋がりで、

田中家転生する。 加藤ミチル著 猪口原作 kaworuキャラクターデザイン KADOKAWA刊

日本に暮らす平凡な一家が異世界の貴族に転生、飼っていた猫も一緒転生。こちらも巨大なサイズ。ブームきてる?

220712_02

貴族なんだけど行動や思考が日本人的庶民感覚マル出し。ドタバタな感じのまま物語が進んでいく感じです。

それにしても巨大猫。もしかしたら人間が小さくなってるだけなの?という疑問も無いわけでは無かったりします。

検討課題
・シッポがともだちを読み返す
・巨大猫マンガを探してみる

« 情熱のロードレース Vol.4 1983年 WGP500 八重洲出版刊 | トップページ | のど黒のあくび 御徒町店 御徒町 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 情熱のロードレース Vol.4 1983年 WGP500 八重洲出版刊 | トップページ | のど黒のあくび 御徒町店 御徒町 »