« starter PLYMOUTH SUPERBIRD No.43 R.PETTY 1970 2/ | トップページ | starter PLYMOUTH SUPERBIRD No.43 R.PETTY 1970 3/ »

2022年7月18日 (月)

Prestige PK.34 RENAULT 5 Laureate 5Doors 3/4

適当に吹いたパールグリーンも連日の暑さからすぐに乾いてしまったため、癒やしを求めるように製作を進めます。

R5_31

エンジンフードにポツポツ。溶きパテを指先を使って塗り込んでもウメウメできないサイズの露出してる気泡痕。
本格派モデラー、または5ドアのサンクに強い思い入れのあるモデラーなら気泡痕を削り取ってパテ埋めするなど
対応をとるのでしょうけど、邪道派モデラーの私はこの気泡痕さえ制作の言い訳に使うことしか考えないのです。

R5_32

前後のバンパー部分のマスキングはなんとなく成功。私の芸風ならもっと盛大にお漏らししてこそだと思うのです。

R5_33

とりあえず組み立てます。
キット付属のデカールは、水に浸けるとハラハラと粉になる残念な状態だったことから適当に塗っておきます。

ここから中古車風に汚していきます。

検討課題
・水垢をタップリ
・汚しすぎないように汚す

→ 4/4

« starter PLYMOUTH SUPERBIRD No.43 R.PETTY 1970 2/ | トップページ | starter PLYMOUTH SUPERBIRD No.43 R.PETTY 1970 3/ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« starter PLYMOUTH SUPERBIRD No.43 R.PETTY 1970 2/ | トップページ | starter PLYMOUTH SUPERBIRD No.43 R.PETTY 1970 3/ »