« 選挙ですよ | トップページ | 異世界猫と不機嫌な魔女 柏葉ヒロ著 小学館刊 »

2022年7月11日 (月)

情熱のロードレース Vol.4 1983年 WGP500 八重洲出版刊

特定のレースに焦点を当てたムック。レース、ライダー、マシン、関係者と丁寧に深掘りした記事は読み応えがあります。

シーズン途中でケニー・ロバーツが引退宣言をしたことから俄然盛り上がった1983年WGP500ccクラス。
ケニーとフレディの熾烈なレースによりポイント差は僅差のまま、最終戦サンマリノGPにチャンピンオン争いはもつれ込みます。

F・スペンサー以外にR・マモラ、片山敬済、M・ルッキネリ、R・ハスラム、R・ロッシュと選手層の厚いホンダに対し、ヤマハ勢は
K・ロバーツを擁するもE・ローソン、M・フォンタン、最終戦にはC・ラバードまで担ぎ出すも層の薄さは否めずといった感じです。
そして結果は御承知の通り、ミシュランタイヤの勝利ということです。

220711_01

福田照男氏による解説や、片山敬済氏による回顧などもあります。
YZR500(OW70)と、NS500(NS2B)の画像も多数収録されており、タミヤやプロターのキット製作時の参考資料に使えます。

情熱のロードレース繋がりで、

情熱のロードレース Vol.1 1985年 鈴鹿8耐 八重洲出版刊

ケニー・ロバーツ電撃復帰。相棒は平忠彦。皆さまもコカコーラのシールをもらうため鈴鹿まで足を伸ばされたことと思います。

220711_02

平は、そしてTECH21はチェッカーを受けなくてこそ。負けて尚かっこいいバイクはナカナカないと思った次第でございます。

叶うなら1983年ダッチTTを一冊にまとめて欲しいと思ってしまいます。

検討課題
・マルボロカラーといえばG・クロスビーで
・ロスマンズカラーといえばA・マンクで

« 選挙ですよ | トップページ | 異世界猫と不機嫌な魔女 柏葉ヒロ著 小学館刊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 選挙ですよ | トップページ | 異世界猫と不機嫌な魔女 柏葉ヒロ著 小学館刊 »