« Prestige PK.34 RENAULT 5 Laureate 5Doors 3/4 | トップページ | 太陽のトマト麺 上野広小路支店 上野広小路 »

2022年7月19日 (火)

starter PLYMOUTH SUPERBIRD No.43 R.PETTY 1970 3/

久しぶりのシンナー風呂。暑いし、ダルいし、面倒くさいしとブチブチ文句をいいながら製作を進めます。

Petty_7031

サッパリンコ。
キッチンペーパーの上に並べ、じゅうぶんシンナーを揮発させます。

Petty_7032

グレーのサフェーサを吹きます。ここで洗い流し切れなかった青塗装が滲みあがってきても問題無いのでシカトします。

Petty_7033

黒サフェーサを吹きます。動揺してるのかブレてます。この下塗りとしての黒塗装を忘れたがゆえの失敗だったのです。

Petty_7034

本塗装のクレオス社 #34 スカイブルーを吹く前の最後の下塗りとして、クレオス社 #65 インディブルーを吹きます。

Petty_7035

画像の円で囲った部分にφ3.0程のエクボがあります。レジンの凹みではなく、塗膜が凹んだような状態になってます。
どうしてできた凹みか分かりませんが、この後の本塗装、さらにデカールを貼り、コーティングを施す工程を経ていけば
気にならなくなるんじゃなかろうかと楽観しつつ、特段の後処理をするでもなく放置します。

検討課題
・隠れる部分の粗は無視する
・水色を塗るまでの順序を忘れない

4/n

« Prestige PK.34 RENAULT 5 Laureate 5Doors 3/4 | トップページ | 太陽のトマト麺 上野広小路支店 上野広小路 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Prestige PK.34 RENAULT 5 Laureate 5Doors 3/4 | トップページ | 太陽のトマト麺 上野広小路支店 上野広小路 »