2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

« Prestige CHEVROLET MONZA 24h du MANS 1976 IMSA No.75 4/6 | トップページ | starter CHEVROLET CORVETTE SUNOCO 1° GT SEBRING 1966 2/3 »

2022年9月24日 (土)

starter PLYMOUTH SUPERBIRD No.43 R.PETTY 1970 5/7

シルバってても気にしない!と、いつも通り強い気持ちで言い訳を声に出しながら製作を進めます。

Petty_7051

ガイアノーツ社 Ex-03 Ex-クリアーを厚吹きします。
こちらもクリア塗膜のヒケ防止を目的として、塗料5:溶剤1の濃いめドロドロを0.5MPaで無理矢理吹きます。

Petty_7052

濃いめ大勝利。ルーフに貼ったゼッケン部のシルバってた部分が目立たなくなっています。逆転満塁ホームランです。

Petty_7053

クリアは約1ヶ月放置し、乾燥したらスポンジヤスリなどを使い大きな平面部を中心にガサガサ削っていきます。

Petty_7054

こちらも仕上げにいつものカンカンウレタンを2度吹きして硬化するまで再び放置します。

検討課題
・リアウィングの取付方を思い出す
・プラキットを作る段取りもしておく

→ 6/7

« Prestige CHEVROLET MONZA 24h du MANS 1976 IMSA No.75 4/6 | トップページ | starter CHEVROLET CORVETTE SUNOCO 1° GT SEBRING 1966 2/3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Prestige CHEVROLET MONZA 24h du MANS 1976 IMSA No.75 4/6 | トップページ | starter CHEVROLET CORVETTE SUNOCO 1° GT SEBRING 1966 2/3 »