2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

2022年12月の記事

2022年12月31日 (土)

大晦日

夕焼け小焼けで大晦日。もうすぐお寺の鐘が鳴る。そんなこんなでド年末になってしまいました。
なんだか世界でも日本国内でもイロイロなことが起きすぎて、なにがなんやらという感じだったりします。
笑える事象や、微笑ましいと思える出来事はあったのでしょうけど、記憶に残っていなかったりもします。

221231

詳細は横に置いておくとして、今年もショッキングな出来事がいくつもありました。
それによって今までの「自由」が規制、制限される切欠になるのじゃないかと危惧してしまう自分がいます。
思ったときに模型を手に入れ作る。気まぐれに脱いで奇声を発する。そんな自由を害されたくはないのです。

大晦日になってまでくだらないことを考えられる平穏と自由がマダマダ自分の手元にあることは解ります。
来年も、その先の未来までその自由が在り続けられるようにするため、何ができるか考えたいと思います。
今年もこんなブログをご覧になってくださったことで皆さまの精神が汚染されることなく、正気を維持して
年越しできることを感謝ともにお祈り申し上げます。

画像は年末の慌ただしさが佳境に入る前の神保町すずらん通りから西の方角を記録したもの。

検討課題
・厚めにカットされたロービーを
・歌合戦が始まる前に仕上げておく

2022年12月29日 (木)

日本酒処 地花 御徒町

店舗は御徒町駅南口から南西方向に歩いたあたりの地下にあります。

Chika_2212_01

日本酒タイム。
秋田県秋田市にある新政酒造株式会社の新政 陽乃鳥。
たいへんおいしゅうございました。

Chika_2212_02

日本酒タイム。
佐賀県みやき町にある天吹酒造合資会社の天吹 PINK LADIE。ロゼワインのようでいて飲むとしっかり日本酒。
たいへんおいしゅうございました。

Chika_2212_03

魚介の生ハム。
この日は鱸の生ハム。
たいへんおいしゅうございました。

Chika_2212_04

日本酒タイム。
新潟県魚沼市にある高千代酒造株式会社の髙龗(コウリュウ)Ver.オリガラミ 皚(シロ)生酒。読めないけど超旨い。
たいへんおいしゅうございました。

Chika_2212_05

刺身。
あれば頼んでしまうきびなごをいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

Chika_2212_06

日本酒タイム。
福岡県糸島市にある有限会社白糸酒造の田中六五 純米 生。
たいへんおいしゅうございました。

Chika_2212_07

日本酒タイム。
三重県名張市にある福持酒造場の天下錦 本醸造 伊賀山田錦。
山形県鶴岡市にある竹の露合資会社の白露垂珠 無濾過原酒。
たいへんおいしゅうございました。

Chika_2212_08

本鮪のからあげ。
温かく、味の濃い揚げ物の肴でも。
たいへんおいしゅうございました。

Chika_2212_09

日本酒タイム。
新潟県妙高市にある千代の光酒造株式会社の千代の光 本醸造。
千葉県御宿町にある岩瀬酒造株式会社の岩の井 純米吟醸「五百万石」中汲み無濾過生原酒。
たいへんおいしゅうございました。

Chika_2212_10

日本酒タイム。
石川県白山市にある菊姫合資会社のにごり酒 山廃仕込 普通種。最後は濁り酒でフィニッシュ。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・お薦めの飲み比べセットを片っ端から
・知らない銘柄のお酒も飲みまくる

2022年12月28日 (水)

FORMULA KIT MAZDA XEDOS 6 BTCC 1993 5/6

黄色のベタデカールを貼った箇所にできたブツブツをどうにかするために製作を進めます。

Xedos6_51

エンジンフードとルーフ部分に残る気泡痕のブツブツを#800の紙ヤスリでゴリゴリ削り均します。
然る後、全体を#2000のスポンジヤスリでサスサス撫でるように削り、デカール貼付部との段差を削り均します。

Xedos6_52

こちらもカンカンウレタンをボトボトと2回ほど吹き重ねます。
クリアの硬化を促すため加熱すると再びブツブツが発生しそうなため、常温下に放置して硬化を待ちたいと思います。

検討課題
・大判デカールを貼らずに済む車を選ぶ
・いっそ塗装でどうにかしてみる

→ 6/6

2022年12月27日 (火)

Provence Moulage K1503 CHEV TC COUPE 39 FANGIO 1948 GP AMERICA DEL SUD 5/6

不明な点は不明なまま。無駄に足掻くようなこともせず、そのまま口笛でも吹く身軽さで製作を進めます。

Chev_tc_3851

左リアフェンダー付け根に貼った黒い細線のデカールはノタノタとよれてます。貼らない選択をすべきでした。

Chev_tc_3852

クリアの塗膜をデカールの段差を確認できる部位だけザリザリと削ります。フェンダー周辺は面倒なのでシカトです。

Chev_tc_3853

こちらもカンカンウレタンをボトボトと2回ほど吹き重ねます。

検討課題
・細線は烏口で書き込んでみる
・細筆の震える穂先をコントロールする

6/6

2022年12月26日 (月)

Provence Moulage K755 DODGE VIPER Coupe 1993 5/6

ひとまずライトカバーの調達に目処がついたので製作を進めます。

Viper_9351

好事魔多し。
ちょいとファンブルし、僅か5cm程度の高さから作業机に落とすとテール部の塗膜が砕け落ちます。
欠けた塗膜を再構成できないかと悪戦苦闘しますが、やればやるほど砕けた塗膜は粉々になっていきます。

Viper_9352

なんでも見切りは大切です。
ボディに塗ったタミヤ社 TS-50 マイカブルーを塗料皿に吹きつけ、筆ですくってタッチアップを試みます。
下塗りの黒→マイカブルー→特濃クリアと塗り重ねた塗膜との段差がバッチリ確認できます。ドンマイ俺!

Viper_9353

どうにか誤魔化すことはできないものかと、いつものカンカンウレタンをボトボトと3回ほど吹き重ねます。

Viper_9354

誤魔化しきれていません。ここはもう諦め、このまま放置しながらクリアの硬化を待ちたいと思います。

検討課題
・諦念と観念は大切
・常に無いことをしたバチだと自分を戒める

→ 6/6

2022年12月25日 (日)

ヨンサンプラキット

ヨンサンのプラキットといえば、新製品リリースもスッカリ絶えていますがエレール社のキットを思い浮かべます。
他、御機嫌最高モノグラム社のマルチマテリアルや、箱絵の素晴らしいamt社のプラキットも過去にはありました。

プラキットなら加工もしやすく作りやすいと思う反面、金型を作ってまで大量生産するとなると自分が好んで選ぶ
ような妙チキリンな車両のキット化は望めず、誰もが知るような車両ばかりになるんだろうなと思ったりもします。

とはいえホビーショップでヨンサンのプラキットを見つければ、なにはなくともとりあえず買ってしまうのです。

Pra_01

Revell Build'N Race Mercedes-AMG GT R
パッケージに書かれた<<<PULLBACK ACTION→がバックトゥザフューチャー風味を醸しているように見えます。
スケールはヨンサン、部品点数は11点。左下に全体像が丸出しになっています。

Pra_02

プルバックアクション機能を備えたシャーシ。
シャーシをCarrera社 GOシリーズのものに換装することでスロットカーとして遊ぶことも可能と書かれています。

Pra_03

紙袋の中にはバラバラにされたプラ部品10点がミッチリ。透明部品は無いため、内装などは作らずに済みます。

Pra_04

エンジンフード中央に注型ゲートがあるってどうなのよ?そんなことを思わずにはいられなかったりします。

なにも考えず、簡単にパキパキと作ってしまおうと思います。
そんなプラキットを弄んでいるとピキピキと思い出すことがあり、棚の奥底を指先でアラアラしくまさぐってみます。

Pra_05

ZVEZDA Cars KING
スナップフィット形式のキャラクターモデル。およそ10年前のキット。買って放り投げておいた俺の野生の嗅覚よ。

Pra_06

塗装いらずの3色成型。キットには紙シールが同梱されていますが、ゼッケンや目ん玉などを水転写デカールに
できないものか真剣に考える必要がありそうです。そして真剣に考えれば考えるほど作るのが面倒になります。

Pra_07

ヨンサンと書いてあれば買い込んでしまうのがダメモデラーの性。更に棚をまさぐっていたら発掘できた他2点。
フランチェスコは赤白緑のイタリアンカラーではなく、2011年のFerrari F150°を参考にしたいと企んでみます。

検討課題
・作る予定で放置する
・ヨンサンならとりあえず買っておく

2022年12月24日 (土)

花ぶさ 末広町

店舗は末広町駅から北へ歩いた場所にあります。

Hana_2212

穴子の天ぷらと御飯セット。
天ぷらは穴子の他にサツマイモ、カボチャ、シシトウ。御飯、小鉢、漬物、赤だしがセットされます。
この日の御飯は五目かやく。当然お代わりをします。食後の頃合いには甘味が配膳されます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・店員さんが忙しそうなときは念仏を唱えて待つ
・昼飯に併せてチョットだけ飲むことを覚える

2022年12月23日 (金)

四川担担麺 阿吽 湯島本店 湯島

店舗はメトロ千代田線 湯島駅5番出口から通りを北上した湯島中坂下交差点の近くにあります。

Aun_2212

黒胡麻担担麺。
担担麺はいつも通り辛さ3、痺れ4の組み合わせ。
ここのところ蝦風味をあまり感じません。痺れが強いせいか、黒胡麻だからか、私の馬鹿舌のせいかは不明です。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・冬季限定メニューも
・辛さ3痺れ2で

2022年12月22日 (木)

再来宴 上野仲町通り店 上野

店舗は中央通りから上野仲町通りを入ったところにあります。

Sairaien_2212

四川風辛タンメンセット。
麺の上に具材の豚バラ肉、スパムミート、イカ、エビ、キクラゲなどを熱くて辛い油とともに盛りつけています。
生野菜サラダと杏仁豆腐がセットされます。
たいへんおいしゅうございました。

寒いときは熱くて辛いものを食べたくなります。

検討課題
・久しぶりに麻婆豆腐も
・ポン引きを振り切って入店する

2022年12月21日 (水)

JADE MINIATURES J43157 H.W.M. 1955 Ted Whiteaway Essais Monaco test 2/

ボディに塗る緑色もなんとなく決まったことだし、面倒くさいと文句を言いつつ少しでも製作を進めます。

Hwm_5521

アサヒペン社 #09 コロラドグリーンを2度吹きします。しっとりしたツヤ消しの黒板色っぽい感じの塗りあがりです。

Hwm_5522

デカールを貼った際にニス部分がシルバったりするのを防ぐため、この時点で光沢クリアを軽く吹いておきます。

Hwm_5523

代用できそうなデカールを掘り当てます。ジェイド社のヴァンウォールに付属するデカールです。
黒丸地だし、数字の書体も異なってはいますが細かいことにはギュギュっと目を瞑り、これを貼って代用とします。

Hwm_5524

代用としたゼッケンデカールを貼ります。説明書の完成見本を見てしまっていると違和感バリバリです。
あくまで主目的はオープンホイール苦手克服企画ですから色柄の違いなど瑣末なことだよと言い張っておきます。

検討課題
・そういう仕様なんだと嘘をつく
・モンセン清刷集を捨てたことを今さら悔やむ

3/n

2022年12月20日 (火)

戦果報告

対面での集まりとなれば、食事の場でさえキットと現金が飛び交う仁義なき鉄火場と化すのです。

221220_01

starter PORSCHE 917/10 SIFFERT CAN AM 1971
車体の塗装色指定は面倒なディグロ。蛍光色は褪色の懸念もあるので、赤味の強いオレンジ色で塗ろうと思います。

221220_02

starter CHEVROLET LUMINA 1994
箱には「いくつのかデカールを紛失」と書かれていますが、バックアップは用意されていることから問題無しです。

スーパーエージェント様には毎度毎度お世話になります。貴重なキットをご提供くださり心より感謝申し上げます。

検討課題
・インチキデカールを仕込む
・95年式ルミナをデッチ上げる

2022年12月19日 (月)

ローブリュー 表参道

店舗は表参道駅から骨董通りを高樹町交差点方面へ歩いた場所にあります。

221219_01

忘年会といった感じで集まります。速報と詳細は「上田の巨匠」さまの記事をご参照ください。

221219_02

まずワイン。
集まれた幸福を祝して乾杯をします。
たいへんおいしゅうございました。

221219_03

本日の内容。どれも楽しみです。

221219_04

アンディーヴ + マッシュルームサラダ シャルキュトリ盛合せ。
明瞭な味付けに背中を叩かれます。ブータンノワールは血の味を感じさせない不思議な食感と味。
たいへんおいしゅうございました。

221219_05

カシカシカシカシ…
まるでパルメザンチーズの大盛りサービスかと錯覚するくらい思い切りカシカシカシカシ…

221219_06

温製ポロ葱サラダ。
シェフ手ずから削り乗せる通称「黒い恋人」こと黒トリュフの量!
たいへんおいしゅうございました。

221219_07

お魚のスープ。
滋味深く、常習性さえ感じるスープドポワソン。
たいへんおいしゅうございました。

221219_08

ビゴール豚肩ロースグリエ。
生の状態では牛肉のようなフランス産純血黒豚ビゴール豚の肩ロース。ピペラードも添えられています。
たいへんおいしゅうございました。

221219_09

カットされ配膳されたのは2015。
肉は1630から焼き始め、画像は約1時間経過した1730頃の状態。強火の遠火は正義なのです。

221219_11

カスレ。
マダムがピペラードとカスレの違いをご説明くださいますが、酔っぱらいは二度聞いても覚えられませんでした。
たいへんおいしゅうございました。

221219_12

洋梨のベルエレーヌ。
デザートはコーヒーとともにいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

飲んで食べて満腹。話して笑って満足。楽しい楽しい忘年会、皆様方に感謝感謝でございます。

検討課題
・気持ちよく食べる
・とことん飲む

2022年12月18日 (日)

南青山ホビーショー 2022 Winter

2022年12月10日、冬の到来。街も慌ただしさとともに、ウキウキと賑やかになり始める土曜日。
そんな土曜日の夕方に寒さもなんのそのと、表参道から南青山にある秘密の会場に皆々様が集まります。
当日の様子については「汽車もⅣ号もの巨匠」さまの速報や、「上田の巨匠」さまの記事も併せてご参照ください。

Mhs_2022w_01

会場は「人生一度は食べに行くべき」フレンチバスクの名店。
こちらで当日、楽しい忘年会が催される開店前の忙しい時間だというのにドヤドヤと無理矢理に入店します。
会場をご提供くださった櫻井さま、取りまとめの幹事N田さま、心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

Mhs_2022w_02

FERRARI 159 S 1947 / デモドリさま
秋の横浜からついに完成。赤に黒を足しただけという海老茶の美しさです。

Mhs_2022w_03

FERRARI 159 S 1947 / デモドリさま
ウィンドスクリ-ンのキッチリ感。内装を舐めるように見続けたくなります。

Mhs_2022w_04

FERRARI 250GTO S/N 3705GT 1962 / SCM43
デモドリさまの持ち込まれたSCM43社の完成品。やはり王道というか、大人感のあるキットを作ってみたくなります。

Mhs_2022w_05

FIAT X1/9 DALLARA Gr.5 GIRO D'ITALIA 1979 / hamadaさま
秋の横浜において三点盛りされていた黄色いFIAT X1/9。

Mhs_2022w_06

LANCIA STRATOS Gr.4 SAFARI 1976 / hamadaさま
こちらも秋の横浜において三点盛りされていた黄色いストラトス。前後のアニマルガードと配色のカッコ良さです。

Mhs_2022w_07

MORGAN+4 LE MANS 1962 / こいでさま
窓周辺の工作の精緻さ。わずかにメタリックの入った深緑のボディと、ツヤ消し白の屋根とのコントラスト。

Mhs_2022w_08

AC ACE BRISTOL LE MANS 1959 / こいでさま
こちらはメタリック感強めに塗られたメタリックグリーンのACエース。丁寧な内装の工作と塗装。

Mhs_2022w_09

RENAULT SPIDER TROPHEE 1996 / N田さま
ベースとなったキットはプロバンス社 K1214。1994年にリジェ JS39Bを駆ったフランク・ラルゴスがドライブ。

Mhs_2022w_10

RENAULT SPIDER TROPHEE 1996 / N田さま
ベネトン、リジェ、ルノーと繋がる濃厚なフラビオ・ブリアトーレ臭。

Mhs_2022w_11

FERRARI 250GTO / N田さま
ライト周りが特徴的なAMR社 400番台ののGTO。

Mhs_2022w_12

CIMA 750 BERLINETTA MILLE MIGLIA 1950 / 櫻井様
ベースとなったFIAT 500 TOPOLINOのフロントフェンダーを裁ち落としたミレミリア参戦車。

Mhs_2022w_13

CIMA 750 BERLINETTA MILLE MIGLIA 1950 / 櫻井様
MG MODELのレジンキット。キットの“引き”の良さと選択眼です。得体の知れ無さが最高です。

Mhs_2022w_14

さて、ビールも飲み干したところで食事のスタートです。

検討課題
・ラリー車を作る
・大人な車も作る

2022年12月17日 (土)

手打ちそば 吉仙 仲御徒町

店舗は仲御徒町駅1番出口から昭和通りを北上した場所にあります。

Kichi_2212_01

日本酒タイム。
静岡県焼津市にある磯自慢酒造株式会社の磯自慢 本醸造 寒造り 低温貯蔵酒。
福島県会津坂下町にある合資会社廣木酒造の飛露喜 特別純米。
たいへんおいしゅうございました。

Kichi_2212_02

栃尾揚げ。
温かく、軽めの何かということで栃尾揚げ。この日のお通しはバイ貝を煮たもの。
たいへんおいしゅうございました。

Kichi_2212_03

揚げ銀杏。
最後に蕎麦を食べる余力を残すため、ここでも軽めの肴にしておきます。
たいへんおいしゅうございました。

Kichi_2212_04

京都九条ねぎそば。
〆に温蕎麦。のっさり盛りつけられた九条葱の下には具材として餅と椎茸が潜んでいます。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・焼き物も
・重めの肴も

2022年12月16日 (金)

串カツあらた 上野御徒町店 御徒町

店舗は御徒町駅から南へ歩いたガード下にあります。

Kushi_2212_01

ハイボール。
とりあえず中ジョッキのハイボールでスタート。この後、大ジョッキに切り替えハイボールを飲み足します。
たいへんおいしゅうございました。

Kushi_2212_02

オニオンスライス。
注文した串揚げの揚げ上がりまでお通しのキャベツと併せ、玉ネギをモシモシと食べます。
たいへんおいしゅうございました。

Kushi_2212_03

串揚げ。
紅しょうが、赤ウィンナー、うずら、海老。他にも牛ハラミ、たまねぎ、豚、ヤングコーンなどもいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

Kushi_2212_04

エビタルタル串。
エビ串にたっぷりのタルタルソースをかけた単品メニュー。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・串揚げ以外も注文する
・海老トリプルをダブルで

2022年12月15日 (木)

ナナニー

既に埼玉県は雪と氷に閉ざされ、積雪によりドアを開けることもできず外出もままならない状態が続きます。
そんな過酷ともいえる状況下であるにも関わらず、どうにも今年は冬期ナナニー筆塗り修行が捗りません。

理由はいくつか考えられます。
・ヨンサン製作についてロット調整が上手くいってない。
・ヨンサンのウレタンコート待ちのキットが積み上がらない。
・停滞しがちなヨンサン製作を前につい飲んじゃう。
・ナナニーじゃなくゴーロクに手を出し始めてる。
・ソモソモ模型を作ることが面倒くさい。

これじゃあ冬期ナナニー筆塗り修行を積極的に行うなんて夢のまた夢でござんすよ。

Nanany

とはいえ作りたいと思い、対象になりそうなキットを積むだけは積んでいるのです。
棚の奥から引っぱり出したキットだったり、応援するでもなくウクライナ産のキットだったり、銀色に塗ること
だけを考えて最近になって手に入れたキットだったり、挙げ句の果てにはナナニーだからと潜水艦までと、
昨年までに作れなかったナナニーキットがマダマダあるというのに思いつくまま積み上げています。

と、ここまで積んで自分の行うべきことを目前にしながらも更にゴーロクを積み増し、ヨンパチもゴソゴソと
買い漁り始めています。これはおそらくキット購入によって過度なストレスを発散させようとしてるのかも。
そんなことを考え出してしまいます。都合のいい言い訳だけはすぐに口から溢れだしてくるものです。

もういっそナナニーに拘り過ぎることなく、ヨンサン以外の模型ということで適当に作ってみようと思うのです。

検討課題
・サンニーも
・ニーヨンも

2022年12月14日 (水)

Bare-Matal

個人的に使う機会の多いベアメタル。
ここのところ国内ホビーショップで店頭在庫を見かけることも無くなり、模型製作の際に難儀していました。
手持ちのラスイチを使い果たし、さてどうしたものかと思案する前にスーパーエージェント様に泣きつきます。

Kuma_metal_01

左:ULTRA BRIGHT CHROME
右:NEW IMPROVED!! CHROME

左のULTRA BRIGHT CHROMEは従来からあり、貼り込みシコシコすると明るく、白っぽく輝く銀になります。
右のNEW IMPROVED!! CHROMEはシコシコした際に破れにくくなっており、若干鈍色の銀色になります。

Kuma_metal_02

もちろん数は用意します。
貼り込む部分より大きく切り出し、密着させるためシコシコした後ペリペリと余分な部分を切り剥がしていく
行程の都合上、思ってる以上に無駄が生じがちになるからです。この素材のデメリットといえます。

現在ではラッカー系、アルコール系塗料など各種ミラークローム仕上げを得られる塗料も用意されています。
細かい部分にテンテンと乗せるように使うときは塗料の方が便利ですし、複雑な形状であれば職人技を駆使
するようにチマチマ貼り込むより、ブシブシと吹きつけてしまった方が仕上がりも、作業性も良かったりします。
適材適所だったり、得手不得手だと思います。グンゼの#8 銀をベッタリ塗るのだってアリなんですから。

これで当分の間は戦えますし、御入り用のモデラーがいらっしゃれば提供しますのでお声がけください。
毎度毎度のことではございますがスーパーエージェント様には心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

検討課題
・クロームシルバーのデカールも使う
・モデラーズのメタルックも使っておく

2022年12月13日 (火)

starter PLYMOUTH SUPERBIRD No.43 R.PETTY 1970 7/7 完成

タイトルの通り starter PLYMOUTH SUPERBIRD No.43 R.PETTY 1970 です。

Petty_7071

ホイールセンターは白か銀で塗っておこうと思います。前輪側の車高はもう少し落としてみたいところです。

Petty_7072

リアバンパーは銀なのか、ボディ同色なのかよく分かりませんでした。
なので当時の画像や、自分の思い込みを優先するようにベアメタルを貼り込み、メッキっぽくしておきます。

Petty_7073

赤矢印:ボディ側窓枠に貼り込んだベアメタルを密着させようとシコシコして、シコシコし過ぎてしまった箇所。
黄矢印:バQ前窓の前縁のカーブに沿わしやすいハセガワ社ミラーフィニッシュを貼り込んだ箇所。
金属光沢の違いがお判りいただけますでしょうか?貼る場所によって適宜使い分けるのが良いかと思います。

Petty_7074

垂直尾翼は事前にじゅうぶん煮込んだものの、グンニョリ変形した部分を思ったように矯正できませんでした。
これじゃあまるで水平尾翼の切り出しを間違えてしまったように見えてしまいます。リア窓が少し浮いてます。

Petty_7075

ひとまず以前完成させたダッヂと並べ完成とします。

検討課題
・ペティ車はこれから本番
・ナスカーもマダマダ作る

2022年12月12日 (月)

Prestige CHEVROLET MONZA 24h du MANS 1976 IMSA No.75 6/6 完成

タイトルの通りPrestige CHEVROLET MONZA 24h du MANS 1976 IMSA No.75です。

Monza_7661

1976年といえば、なんといってもバイセンテニアルです。自由の女神像贈答国への凱旋帰国的なアレですよ。
アメリカ建国200年をアピールするかのような派手なカラーリングと。星と縞なゼッケンロゴがナイスです。

Monza_7662

Bピラー凸部はメッキのような処理を施していますが、自分の技量ではとても再現できないため省略しています。

Monza_7663

前端の開口部は黒で塗るだけにしていますが、下処理の甘さから塗り分けの境界はガタガタになっています。

Monza_7664

リアバンパー中央に設置された尾灯はもう少しキワキワまで赤く塗りたいと思います。そして毛。やっぱり毛。
リアウィンドウ含めバQの嵌め合いをキチキチに調整できず、段差や隙間ができまくりです。見ない振りが大切です。

細かい点はいつも通りダメダメなまま、台座に接着して完成とします。

検討課題
・赤青白のトリコロールカラーを選ぶ
・ルマンに出たアメ車を発掘しておく

2022年12月11日 (日)

十一周年

グチグチとダラダラと続けています。締まりの無いままの11年でございます。まったくどうしたものやら。

ここのところ中国武漢で感染が確認され、全世界へと感染拡大したとされる新コロにより外歩きもままなりません。
もうソロソロいいんじゃないの?気を抜いた瞬間に感染拡大がやってくるというイタチごっこを繰り返しています。
出歩く機会が減ったことで、こちらに書く内容も偏り、愚痴っぽくなっているように思います。どうにかしてくれよぅ。

そんなこんなで今年も和歌山県へ行けず、長野県へも行けず、石川県だって行けませんでした。
来年こそはと思いながら終息する感じさえない新コロによって予定さえ立てられずにいます。どうすりゃいいのよ。

221211

いつも通りですが、できるだけ政治的なことや敏感な話題については書かないように心がけています。
最近では誰かの意見に迂闊に賛意を示すと人生を葬り去られるような仕打ちを受けることもあったりします。
多様な意見を認めない不寛容な社会というのは息苦しささえ感じたりします。掘った穴の底に向けて叫びますか。
とはいえ政治経済、国際紛争と場末で管を巻いてる私にもイロイロ降りかかってきたりもするのです。困ったな。
相変わらず締まらないことではございますが、締まりの悪さも芸風と諦めるしかないような気もしたりします。

検討課題
・ズバッと12年目に切り込んでみる
・どうにかして遠くへ出かけてみる

2022年12月10日 (土)

dancyu 2023年1月号 プレジデント社刊

歌い出しに「ウォンチュー!」とシャウトしたのは敏いとうとハッピー&ブルー。
なにか美味しいものを食べたいと思って私は書店で「ダンチュー」を手にします。

221210

特集の「いま、東京で行きたいのはこんな店です。」の他、外食したくなる記事多数でアレコレ企んでしまいます。

そして今日は12月10日。特集ではなく「いま、東京で行きたい自称食堂」において楽しい忘年会が催されます。
今年もイロイロございましたが、こうして美味しいものを食べ、楽しく会話できることに感謝したいと思います。

検討課題
・フランス産極上黒豚肩ロースを食べる
・気合いの入った料理を気合を入れて食べる

文中の「ウォンチュー!」は、『星降る街角』 作詞・作曲 日高仁 1977年の歌詞から引用。

2022年12月 9日 (金)

Provence Moulage K755 DODGE VIPER Coupe 1993 4/6

ベタベタと塗ったクリアを放置しつつ乾かしている間に欠品中のライトカバー類をどうにかしようと思います。

Viper_9341

まずは手持ちのバイパーを引っぱり出します。
左:Provence Moulage K1051 DODGE VIPER GTS R
右:Provence Moulage K1589 VIPER GTS No.21 BELMONDO RACING 9゚ LE MANS 2000
90年代中盤「インド人を右に!」でお馴染みのBPRシリーズやルマンに参戦していたバイパーなど、この頃の
プロバンス社のキットにはバQパーツのスペアが同梱されていたような記憶がありますが、手持ちのキットに
バQのスペアは用意されておらず、部品取りにすることができません。

Viper_9342

そしてGTS Rはライトカバー部をボディ同色で塞いでおり、フォグランプ?のカバーも取り付いていません。
つまりは部品取りにできるということです。Yes! このキットのバQを部品取りにしようと思います。

どうにかして年内にウレタンコートを済ませておきたいと目論みます。

検討課題
・部品取り用キットの確保に努める
・キットは取り出しやすい場所に保管する

5/6

2022年12月 8日 (木)

JADE MINIATURES J43157 H.W.M. 1955 Ted Whiteaway Essais Monaco test 1/

オープンホイール苦手克服企画!ということのほどでもありませんが、ジェイドミニチュア社のキットを作ります。
昨年は、前輪だけ丸出しになった車両のキットまで到達できたので、今回は4輪全て丸出しの車両を生贄にします。

Hwm_5511

レジンパーツのバリを削り、雑な感じのままアップライトの仮組みまで済ませておきます。
もちろん実車のこと、各部の機能や機構についての知識などありませんからキット同梱の説明書だけが頼りなのです。

Hwm_5512

キット同梱のデカール。ムムム?計器パネル部分は使える。青丸のエンブレムも使えそう。ゼッケンはどうだろうか。

Hwm_5513

頼りの説明書にある完成見本。ゼッケンは#24。
デカールは全て白丸地に黒文字。しかも#24はありません。永遠に当たらないビンゴカードを手にした気分です。

Hwm_5514

ホイールは真っ白ではなくベージュっぽい感じです。グリーンマックス社 #21 小田急アイボリーを塗ろうと思います。

Hwm_5515

そして緑。以前作ったクーパー同じ緑というのも芸が無いような気がしますので、手当たり次第に緑を吹き比べます。

Hwm_5516

濃色の緑はここらへん。
暗緑色は使った。緑2号は別の車で使いたい。消去法的にアサヒペン社 #09 コロラドグリーンを選ぶことにします。
使ったことないし、どんな塗りあがりになるか試したいし、考証とか気にしてるわけでもないしと言い訳を並べます。

検討課題
・白文字の再現は鬼門と知る
・代用品を血眼になって探す

2/n

2022年12月 7日 (水)

ESDO Ref:83 D.B.1 Citroen 1938 Paris Gp 2/

使い慣れない家庭用カンカンスプレーの乾き具合を確かめつつ、塗装も乾いてしまったようなので製作を進めます。

Db1_3821

ゼッケンと車体番号のデカールを貼ります。
フロントグリル凹部への密着具合について不安を残しますが、今さらどうにかなるものではないのでシカトします。

デカール定着のため軽くクリアを吹いたら、クリア厚塗りをするまで放置します。

検討課題
・放置期間に別のキットへ手を出す
・ウレタンまとめ塗り対象を増やしておく

3/n

2022年12月 6日 (火)

火の花 上野広小路

店舗は上野広小路駅から南西へ歩いた地下にあります。

Hino_2212_01

日本酒タイム。
新潟県加茂市にある加茂錦株式会社の加茂錦 荷札酒 出羽燦々 純米大吟醸 しぼりたて。
たいへんおいしゅうございました。

Hino_2212_02

北海道産 真鱈白子ポン酢。
冬らしく真鱈の白子をいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

Hino_2212_03

日本酒タイム。
秋田県五城目町にある福禄寿酒造株式会社の一白水成 純米吟醸。
たいへんおいしゅうございました。

Hino_2212_04

日本酒タイム。
愛知県亜久比町にある丸一酒造株式会社の星泉 No.6 無濾過生原酒。
たいへんおいしゅうございました。

Hino_2212_05

カニとイクラの出汁巻き玉子。
ほぐしたカニの身は出汁巻き玉子の中にあり、焼き上がりに大根おろしとイクラを乗せています。
たいへんおいしゅうございました。

Hino_2212_06

日本酒タイム。
秋田県八峰町にある株式会社山本酒造店の山本 純米吟醸火入れ ピュアブラック。
たいへんおいしゅうございました。

Hino_2212_07

本マグロ刺身。
分厚く切られ、脂も感じる刺身をいただきます。
たいへんおいしゅうございました。

Hino_2212_08

日本酒タイム。
埼玉県羽生市にある南陽醸造株式会社の花陽浴 純米大吟醸 無濾過生原酒。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・有名なお酒は少しだけ飲むに留める
・埼玉のお酒の埼玉感を嫌わない

○●○●

Pk

2026に期待

2022年12月 5日 (月)

慶豊 御徒町

店舗は御徒町駅から南へ歩いた高架下にあります。

Kei_2212_01

ハイボール。
軽めのハイボールから飲み始めます。併せて腸詰めも発注します。
たいへんおいしゅうございました。

Kei_2212_02

ラム肉のクミン炒め。
この日のラム肉のクミン炒めはホドホドの辛さ、濃いめの味に調理されていたためお酒が進みます。
たいへんおいしゅうございました。

Kei_2212_03

ウーカーピーハイ。
五加皮酒と呼ばれる漢方薬のウコギ、朝鮮人参などを漬け込んだ独特の味わいの中国酒を使用。
たいへんおいしゅうございました。

Kei_2212_04

焼餃子。
〆に餃子。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・鍋物メニューを制覇する
・羊串肉屋にいく

2022年12月 4日 (日)

うえの やぶそば 上野パルコヤ店 上野広小路

店舗は上野PARCO_yaの6階、口福回廊と名付けられた飲食店街フロアにあります。

Yabu_2212

蕎麦と茶碗セット。
ランチメニューから複数の蕎麦と、複数の丼もの茶碗を組み合わせることのできるセット。
この日は蕎麦はせいろう(大盛り)と、天麩羅丼の茶碗を選び、組み合わせています。
たいへんおいしゅうございました。

検討課題
・歌うような注文の復唱がなくても気にしない
・ランチタイムを外して飲みに行く

2022年12月 3日 (土)

まりじゅ 湯島

店舗は湯島駅から春日通りを東に歩き、路地を入ったあたりにあります。

221203

まりじゅ定食。
刺身はサーモンとハマチの2点盛り。天ぷらは海老、穴子、椎茸、玉葱の4点盛り。他に御飯、小鉢、碗物。
たいへんおいしゅうございました。

今回はランチ利用。夕方は早めの1600開店となっていますので、夜利用も試そうと思います。

検討課題
・昼飲みもしてみる
・苦手な椎茸を克服する

2022年12月 2日 (金)

新台入替

じゃんじゃんバリバリ。
もう古OSでどうにもならず、モロモロのアップデートもままならず、なにをするのもグルグル考え出しちゃう。
そんな状態が続いていたため、ずいぶんナガナガ使ったことだしと自宅用のパソコンの買い換えをしてみます。

221202

それまでの16インチ画面から、13.3インチの画面サイズに変えてみますが驚くほど薄く、軽くなっています。
片手で持ち運ぶことに苦痛を感じさせないというのは、逆にいえば殺傷能力もないということかと思います。

似て非なるというか、なんとなく使えそうな気持ちを裏切ってくれるほどマゴマゴとしてしまいます。
しばらくは何をどうするのにアレはどこだったかと順応できない現状に打ちのめされると確実でございます。

検討課題
・タッチバーの使い方を覚える
・しばらくは古PCと併用しておく

Wow!!

Bravo


不沈空母 2-1 無敵艦隊
Bravo! Bravo! Bravo!!



2022年12月 1日 (木)

国鉄 上野駅24時間記 荒川好夫著 グラフィック社刊

師走となれば年末もすぐ。年末といえば帰省ラッシュとなるわけです。
そんなことを感じつつ書店で見つけた記録写真集的な本を購入してみます。初版は2020年12月25日とあります。

221201_01

表紙の帯に本書の内容が書かれています。広小路口から改札上の壁画を全て見渡せた頃の話です。
鉄道車両や施設とともに写り込む人々から季節感や当時の服装、流行などを感じ取ることができます。
そして背景に時計を入れ込んだり、列車の発車時刻などを入れ込むことによって時間も分かるようになっています。

鉄道繋がりで、

品川高輪空鉄 鉄道開通150年後の品川・高輪 吉永陽一撮影・著

2022年8月に催されたコミケ C100で頒布された同人誌を再構成した空撮写真集。
品川ゲラウェイ駅開業に併せ、車両基地だった場所から再開発工事中に出土した、通称「高輪築堤」を大判画像で
詳しく解説しています。駅開業前の2008年からの開発の推移が判る非常に興味深い写真集といえると思います。

221201_02

貴重な鉄道遺構、産業遺産であるのにも関わらずJR東は全ての保存、維持には積極的姿勢を見せていない模様。
むしろこの遺構を使った収益事業を編み出してみろよと思っていしまいます。なによりもこの歴史的価値のある遺構は、
私企業JR東ではなく、工部省によって作られたものじゃないのか?と勝手に工事を進めるJR東に言いたくなります。

歴史繋がりで、

お江戸・東京 坂タモリ 港区編 タモリ写真・著 ART NEXT刊

日本坂道学会の副会長であるタモリ氏が歩いて撮った港区の坂を丁寧に解説した本。

221201_03

都心、旧東京15区の隅田川以西を歩いていると坂道が多いことにホトホト気付かされ、歩くだけで疲れてきます。
道路や地区割りは江戸時代の頃から大きく変わらず、土地のアップダウンもそう変わらないということなのでしょう。
本書では港区編と銘打っていますから、いずれ千代田区編、文京区編、渋谷区編と続刊の刊行を期待しちゃいます。

検討課題
・副会長といえば小遊三な感じで
・久しぶりに四谷あたりを歩いてみる

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »