2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ

« ESDO Ref:83 D.B.1 Citroen 1938 Paris Gp 2/ | トップページ | Provence Moulage K755 DODGE VIPER Coupe 1993 4/6 »

2022年12月 8日 (木)

JADE MINIATURES J43157 H.W.M. 1955 Ted Whiteaway Essais Monaco test 1/

オープンホイール苦手克服企画!ということのほどでもありませんが、ジェイドミニチュア社のキットを作ります。
昨年は、前輪だけ丸出しになった車両のキットまで到達できたので、今回は4輪全て丸出しの車両を生贄にします。

Hwm_5511

レジンパーツのバリを削り、雑な感じのままアップライトの仮組みまで済ませておきます。
もちろん実車のこと、各部の機能や機構についての知識などありませんからキット同梱の説明書だけが頼りなのです。

Hwm_5512

キット同梱のデカール。ムムム?計器パネル部分は使える。青丸のエンブレムも使えそう。ゼッケンはどうだろうか。

Hwm_5513

頼りの説明書にある完成見本。ゼッケンは#24。
デカールは全て白丸地に黒文字。しかも#24はありません。永遠に当たらないビンゴカードを手にした気分です。

Hwm_5514

ホイールは真っ白ではなくベージュっぽい感じです。グリーンマックス社 #21 小田急アイボリーを塗ろうと思います。

Hwm_5515

そして緑。以前作ったクーパー同じ緑というのも芸が無いような気がしますので、手当たり次第に緑を吹き比べます。

Hwm_5516

濃色の緑はここらへん。
暗緑色は使った。緑2号は別の車で使いたい。消去法的にアサヒペン社 #09 コロラドグリーンを選ぶことにします。
使ったことないし、どんな塗りあがりになるか試したいし、考証とか気にしてるわけでもないしと言い訳を並べます。

検討課題
・白文字の再現は鬼門と知る
・代用品を血眼になって探す

2/n

« ESDO Ref:83 D.B.1 Citroen 1938 Paris Gp 2/ | トップページ | Provence Moulage K755 DODGE VIPER Coupe 1993 4/6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ESDO Ref:83 D.B.1 Citroen 1938 Paris Gp 2/ | トップページ | Provence Moulage K755 DODGE VIPER Coupe 1993 4/6 »