« PROVENCE MOULAGE K314 TOYOTA CELICA TOUR DE CORSE 1988 2/5 | トップページ | 八戸酒造株式会社 陸奥八仙 夏吟醸 »

2023年6月13日 (火)

starter TOYOTA CELICA GTO IMSA 1987/1988 2/

不明点満載すぎて窓からブン投げたくなるIMSAのセリカですが、少しずつでも製作を進めたいと思います。

C_gto_8721

とりあえずボディに濃いめ硬めに溶いたガイアノーツ社 Ex-01 Ex-ホワイトをタップリ吹きつけます。

C_gto_8722

白塗装を乾かしている合間にシャーシを塗り分けます。
キットに同梱される詳細な組立説明書を薄目で見ながらパーツ化されていなかったロールバーだけ追加します。
シートベルトが青く塗られていたので何も考えずウィランズのデカールを貼っています。よく判っていません。

C_gto_8723

ボディをかぶせると車内はほぼ見えません。不明点モリモリでも大丈夫だと思います。

C_gto_8724

ボディにデカールを貼り込み始めますが初手から挫折したくなります。
ドア部に貼られる赤橙黄のストライプは窓枠ギリギリまであるはずなのに寸足らず。後日のタッチアップ必須です。
テールランプのデカールも用意されていません。適当に赤帯のデカールを貼ってから、塗り込もうと考えます。

あーもぅ。

検討課題
・修正はヨレヨレの筆塗りで頑張る
・もう資料を探したりしない

3/n

« PROVENCE MOULAGE K314 TOYOTA CELICA TOUR DE CORSE 1988 2/5 | トップページ | 八戸酒造株式会社 陸奥八仙 夏吟醸 »

コメント

こいでさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
塗料のサイズというか、量の都合で白く塗るキットを4台ほど集め、まとめて塗ろうとした結果なんです。
とはいえ、いずれST185にST205、あわよくばTA64なども作ってみたいですね。

今度はセリカ祭りですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PROVENCE MOULAGE K314 TOYOTA CELICA TOUR DE CORSE 1988 2/5 | トップページ | 八戸酒造株式会社 陸奥八仙 夏吟醸 »