2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« starter TOYOTA CELICA GTO IMSA 1987/1988 4/6 | トップページ | リストランテ・ヒロ チェントロ 東京 »

2023年8月29日 (火)

starter FORD MUSTANG GTP IMSA 1983 ELKHART LAKE 2/

停滞しておりますが、重い腰を無理矢理にでも持ち上げる感じで製作を再開したいと思います。

Mustang_gtp_8321

白サフェーサを吹いた段階では、塗り残しまくりだった部分を塗りつぶすように白をタップリ吹きます。
実際には白塗装は黄金週間より遙か前に済ませており、タダタダ長期の放置プレイだったわけです。

理由としてキット同梱の大判デカールをどうするか考えあぐねてしまったから。
これまで大判デカールを自分の技量的に貼ることは困難として、塗装でどうにか足掻いてみますが
それらは失敗失敗大失敗の連続でした。無理なことはするもんじゃあない。そういうことですよ。

Mustang_gtp_8322

柔軟性を失い、ヒビヒビのワレワレ状態となったデカールにクリアを吹きつけたのち、覚悟を決めて
大判デカールをミチミチと貼り込みますが、これが面白いように上手く貼れない。全く貼れない。

Mustang_gtp_8323

ソコソコの段差にさえ追従せず、保護のため塗ったクリアさえ砕くようにモロモロになり果てます。

Mustang_gtp_8324

とりあえずデカールをそのまま丸出しにしておくと、後のタッチアップでもハンドリングが悪くなるため、
貼付したデカールを定着させるため、全体にウスウスとクリアを吹いておきます。

Mustang_gtp_8325

面倒な作業ですが、クレオス社 #328 ブルーFS15050でチマチマとタッチアップしていきます。
しばらく乾かしたら、残りのデカールを貼っていこうと思います。

検討課題
・FSカラーチップを見つけたら迷わず買っておく
・日本塗料工業会の色見本は最新版を常備する

3/n

« starter TOYOTA CELICA GTO IMSA 1987/1988 4/6 | トップページ | リストランテ・ヒロ チェントロ 東京 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« starter TOYOTA CELICA GTO IMSA 1987/1988 4/6 | トップページ | リストランテ・ヒロ チェントロ 東京 »