2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 九段下からアース製薬本社前(神田) | トップページ | 寿司バル弁慶 神田店 アース製薬本社前(神田) »

2023年11月17日 (金)

生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ

2023年11月4日、東京国立近代美術館にて開催中の「生誕120年 棟方志功展」を見学します。

Shikou_2311_01

東京国立近代美術館の窓口でチケットを購入すると、印刷されたものではなく、QRコードを印字した
レシート状のチケットを手渡されます。前売り券を購入しておくべきだったと激しく後悔します。

会場内は一部を除き記録可能。自分の備忘録として記録したものを掲載します。

Shikou_2311_02

東京弁稽古の図 / 1961 棟方志功記念館蔵

Shikou_2311_03

大和し美し「倭建命の柵」/ 1936 棟方志功記念館蔵

Shikou_2311_04

観音経曼荼羅 /1938 日本民藝館蔵

Shikou_2311_05

空海頌「禿頭の柵」/ 1937

Shikou_2311_06

東北経鬼門譜 / 1937 日本民藝館蔵

Shikou_2311_07

幾利壽當頌耶蘇十二使徒屏風 / 1953 五島美術館蔵

Shikou_2311_08

二菩薩釈迦十大弟子 / 1939 東京国立近代美術館蔵

Shikou_2311_09

群鯉魚図 / 1944 個人蔵

Shikou_2311_10

華厳松 / 1944 躅飛山光徳寺蔵

Shikou_2311_11

宇宙頌(四神板経天井画柵)/ 1949 棟方志功記念館蔵

Shikou_2311_12

花矢の柵 / 1961 青森県立美術館蔵

Shikou_2311_13

花矢の柵 / 1961 青森県立美術館蔵

Shikou_2311_14

ゴッホの青い女図(A)/ 1967 棟方志功記念館蔵
1921年18歳頃に「わだばゴッホになる」と言ったとさせる棟方志功が、1967年64歳頃に渡米した際
ブルックリン美術館においてゴッホの「青い女」を鑑賞します。右下自画像のなんとも言えない表情。

Shikou_2311_15

歓喜自板像・第九としてもの柵 / 1963(1974摺) 棟方志功記念館蔵

Shikou_2311_16

現在開催中の「生誕120年 棟方志功展 メイキング・オブ・ムナカタ」の会期は2023年12月3日まで。
画像の棟方志功ポートレートは、原田忠茂撮影。

埼玉県民にとって棟方志功は「風が語りかけます うまい うますぎる」でお馴染みの株式会社十万石ふくさやです。
幼少期よりテレビ埼玉を視聴する過程で十万石まんじゅうのCMとともに棟方志功の絵と親しむことになるのです。
個人の意見ですよ。でも埼玉銘菓、行田名物として有名な十万石まんじゅうは美味しいと断言します。

そんな棟方志功ですが「生誕120年 棟方志功展」では生前のインタビューや、製作風景などを会場内において
カラー映像で見ることもできます。そしてその作画と、彫刻の早さに驚くことになります。すげーパワーだわ。

検討課題
・龍前住建のCMも
・日本民藝館へ行ってみる

« 九段下からアース製薬本社前(神田) | トップページ | 寿司バル弁慶 神田店 アース製薬本社前(神田) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九段下からアース製薬本社前(神田) | トップページ | 寿司バル弁慶 神田店 アース製薬本社前(神田) »