2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 年頭所信 | トップページ | RUBICON MODELS 1/56 Heavy Tank Tiger I Ausf E 2/3 »

2024年1月 3日 (水)

RUBICON MODELS 1/56 Heavy Tank Tiger I Ausf E 1/3

シンシャンシュンシュンショー!今年は正月からダバーチンしない!!
正月らしく干支にちなんだ何かを作ろうという安易なアレです。え?今年は寅年じゃないの?まぁいいや。

Tiger_i_11

パッケージは鬼戦車を仕留めた虎戦車の雄姿。
このメーカーにいえるのは塗装ガイドが用意されてないこと。ネット社会なんだから自分で調べろ?
面倒なんですよ。門外漢にとっては5面全ての塗装図を探すことさえ面倒なんです。面倒なんですよ。
まして虎戦車。考証とかイロイロ面倒なんですよ。本職のかた、本格派モデラーは頑張ってください。
順調にブチブチ文句と言い訳を積み重ね、酔ったままドンヨリした頭で軽くやっつけてみます。

Tiger_i_12

キットは前期、中期、後期型のいずれかを選べます。目立つ違いは前照灯の設置位置と転輪の形状です。

Tiger_i_13

いずれ「お姉ちゃんの虎戦車」を作るときに備えての練習ということでもなく、後期型を選んでみます。
というのも決勝戦仕様を再現しようとすると車体上面と側面にモールドされた牽引ロープを削り落とす
必要があるからです。後部ルーバー上の牽引ロープを削る作業は面倒でしかないと思うわけです。

楽なほうに逃げさしてください。

Tiger_i_14

転輪は片面に鋼鉄ホイールがモールドされており、反対面にはゴムホイールがモールドされています。

Tiger_i_15

反対面のゴムホイール。作る型によって転輪の取付方向を変えて対応します。

それにつけても牽引ロープのモールドよ。

検討課題
・龍驤を積んでおく
・今年こそドラケンを作る

« 年頭所信 | トップページ | RUBICON MODELS 1/56 Heavy Tank Tiger I Ausf E 2/3 »

コメント

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。本年もよろしくお願いします。
組立説明書を読み飛ばしたままの作り始めは「転輪のパーツ足りないじゃん!」と思いましたが、実際はよく
考えられていると思いました。併せてパンサーⅤ号戦車G型にも同方式で鋼鉄ホイールを用意してと思いました。

リバーシブルホイール!
コレは良いアイデアですね
実車もこうなってると勘違いしそうな収まり具合です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年頭所信 | トップページ | RUBICON MODELS 1/56 Heavy Tank Tiger I Ausf E 2/3 »