2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 極東の片隅で黄金色に輝く大地の平和を思う | トップページ | 火の花 上野広小路 »

2024年1月28日 (日)

おピンクの超特急

全力で仕事をする振りをした帰り道、岡林信康氏の名曲を口ずさむでもなく北千住駅に立ちすくんでいると、
帝都を代表する浅草駅を出発した超特急スペーシアの通過を告げるアナウンスがホームに響き渡ります。
これに乗れば日光方面へいけるのだなぁと思いつつ、ツイツイ黄色い線から一歩を踏み出しそうになります。
危険ですから黄色い線の内側にお下がりくださぁ~い!!
名指しで注意された気がしてハッとします。

Strawberry_100

見ればおピンク色の車体色をまとった超特急スペーシアが、特急専用ホームへ向けてラストスパートする
かのように猛スピードでホームを通り過ぎていきます。見慣れないカラーリングに再び一歩踏み出します。

なるほどこれが栃木県150周年として、名産のイチゴ風カラーリングをまとった超特急スペーシアか。
そんなことを思い出しつつも未だに新型超特急スペーシアX…エックス?に乗れていないことも思い出します。
この超特急100系スペーシアは、なんというか車体色を増やしに増やされ、弄ばれている感じもします。
いいぞもっとやれ!

画像は2024年1月15日、夕方の北千住駅で記録したもの。

検討課題
・座るなら15列目
・Nゲージが出たら手に入れる

« 極東の片隅で黄金色に輝く大地の平和を思う | トップページ | 火の花 上野広小路 »

コメント

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
北千住駅で流されるように撮っただけなので、どこにもピントは合ってませんし、なにかの影もバッチリです。
Nゲージは6両編成とはいえ全種出ると財布が厳しいので、先頭車両だけの全種セットが欲しいですね。

素晴らしい写真ですね
トミックのパッケージかと思いました。
向こうのホームの色もイイ
いずれ退役時にはトミックから塗色コンプリートセットが出そうな?ちょっと多すぎますかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 極東の片隅で黄金色に輝く大地の平和を思う | トップページ | 火の花 上野広小路 »