2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« RUBICON MODELS 1/56 Light Tank Destroyer Jagdpanzer 38(t) Hetzer 5/7 | トップページ | RUBICON MODELS 1/56 Light Tank Destroyer Jagdpanzer 38(t) Hetzer 7/7 完成 »

2024年1月17日 (水)

RUBICON MODELS 1/56 Light Tank Destroyer Jagdpanzer 38(t) Hetzer 6/7

ダメなときはダメダメなんだよ。分かったような顔してルビコンモデルス社のキット製作に戻ります。

Hetzer_61

組立と塗装は基本的に前回と同じです。組み上がったら艦底色を適当にヌリヌリします。

Hetzer_62

特段の理由はないものの、試みに前回とは異なる構成で組んでおきます。

Hetzer_63

下塗りにオキサイドを吹きます。

Hetzer_64

ここでタミヤ社 TS-75 シャンパンゴールドを吹いてみます。
というのも、楽しく模型を作るヒントやアドバイスが満載のnipperにおいて、面白い金属表現の技法が
紹介されていたので、どんな感じになるか正月のドサクサに紛れるようにやってみたかったのです。

Hetzer_65

前項で書き忘れましたがプラッツ社のキットで個人的に唯一評価できる点は、ゴーロク用デカールが
用意されていること。しかも2台分!つまりJK戦車仕様のヘッツァーをあと2台作れるということです。

検討課題
・ヘッツァーは飽きるまで作る
・JK仕様用の在庫を確保する

« RUBICON MODELS 1/56 Light Tank Destroyer Jagdpanzer 38(t) Hetzer 5/7 | トップページ | RUBICON MODELS 1/56 Light Tank Destroyer Jagdpanzer 38(t) Hetzer 7/7 完成 »

コメント

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。本年もよろしくお願いします。
真鍮モデルは真鍮で作ってこそだと思います。たぶん…作ったことないので自信ありませんが。
ただ、代替としての塗装法や表現方法は、別の何かに使えるかもしれないという期待だけはあったりします。

これは楽しみです。
真鍮工作でヒーヒー言っているよりも、3Dプリント品に真鍮のような黄金塗装を極める方が良いのではないかと思ったり思わなかったりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RUBICON MODELS 1/56 Light Tank Destroyer Jagdpanzer 38(t) Hetzer 5/7 | トップページ | RUBICON MODELS 1/56 Light Tank Destroyer Jagdpanzer 38(t) Hetzer 7/7 完成 »