2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

« サンニープラキット | トップページ | starter PORSCHE 917/10 No.20 SIFFERT CAN-AM 1971 3/ »

2024年2月 6日 (火)

ヨンサン三次元造形キット

チョット前に予約していたキットが入荷したと連絡をいただきます。
指定の口座に代金を振り込み、ポクポクチーンとキットの到着を待ちます。

F499_lm23_01

名古屋の名店より小箱が届きます。特段の装飾など無く、品番ラベルが貼ってあるだけの白箱。
日頃から手に取ることの多いヨンサンキットの小箱とは異なる大きさ。AMR社の弁当箱サイズです。

F499_lm23_02

NewScratch 43W23N5051Rd04 499P LM 2023 Winner
諸般の事情もあるのかFERRARIの記載は無し。なれど、どこからどう見てもFERRARI 499Pです。
問題はニョキニョキ生えまくっているサポート。どれを切除すればいいのか考えないといけません。

F499_lm23_03

タイヤはホイールと一体。小部品はそれぞれ小袋にブチ込まれパッキングされています。
デカールはスペアも用意されており50号車と、51号車のいずれかを製作することが可能です。
可能ではありますが今回は年頭所信に沿ってキットは1個だけの購入しています。えらいぞ俺!!

小箱をひっくり返し、内容物のチェックをします。製作ガイド、塗装指示、デカール貼付のイメージ。
そういった製作に必要とされるものは一切ありません。QRコードを読み込みインスタで確認せよ?
マジかよ。クソ面倒くせぇな。作るかどうかなんて本人が一番判ってないことなんですけどね。

F499_lm23_04

湾岸スキーヤー。
東京湾に船を出し、鱚釣りなどすると目に入る巨大な斜めの躯体があったことを思い出しただけです。

ニューチェケラッチョ社のキットを購入するのは初めてです。三次元造形品のヨンサンキットを購入
するのも初めてです。自分的に最新といえる2023年という現代のレーシングカーも驚きです。
まずは資料となるイロイロを集め、切除していいサポートを見極めてからかと思います。

検討課題
・参考資料として完成品を買ってみる
・サポート切除は爆弾の配線を切る気分で

« サンニープラキット | トップページ | starter PORSCHE 917/10 No.20 SIFFERT CAN-AM 1971 3/ »

コメント

デモドリさま
ご訪問、コメントありがとうございます。
船橋の巨大施設は既に解体され、商業施設と集合住宅に建て替わっているようですね。狭山にでも行きますか。
ボディはプチプチで包装してあり「開封時にミラーを折らないよう注意」と名店からのアドバイスがありました。
それにしてものサポートの多さです。

人柱感謝します
西船橋ららぽーと
って今でも有るんでしたっけ、巨大冷蔵庫一度だけ試乗会で行きました。
しかし親の仇のようなサポートと、ミラーの一体化にビビります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンニープラキット | トップページ | starter PORSCHE 917/10 No.20 SIFFERT CAN-AM 1971 3/ »