2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

« おでんわ After | トップページ | TOWA 上野 »

2024年2月15日 (木)

昭和~平成 東武スカイツリーライン沿線アルバム 牧野和人解説 アルファベータブックス刊

書店で見つけたので購入します。
タイトルに「昭和~平成」とありますが、本書では昭和30年代から平成10年頃までを紹介しています。
また「東武スカイツリーライン沿線アルバム」と馴染んだ東武伊勢崎線の路線名を用いていないのは、
帝都東京のターミナル、浅草駅から埼玉県北部の杉戸駅(現東武動物公園駅)に至る沿線の風景と
そこを走る車輌を網羅しているからです。巻末には大師線、亀戸線などの風景も収録されています。

奥付などなく、ひたすら画像と記録時期と記録者、そして牧野和人氏による丁寧な解説が続きます。
駅開業当時と現在に近い時代の地図を用い、駅周辺の変化を比較し開発状況を確認できます。
同社既刊本と併せてご覧になると浅草駅からの沿線風景をより味わえると思います。

Tobu_hey_say_2402

浅草駅が8両編成に対応していない頃、松屋浅草の建物が改造されていない頃を知れます。
東武のSLが活躍していた頃を知れます。西新井駅を除き北千住駅から北越谷駅までが高架化される
以前の駅前風景なども紹介されています。駅前即沼、駅前即田んぼなのどかな風景を堪能できます。

南越谷駅から国鉄武蔵野線を利用する際、雨の日も風の日も越谷駅からテクテク歩いたんだよ。
そんなことを年上の方から聞いたことがあります。調べると約1年のタイムラグ有ったことを知ります。

ガキの頃、東洋一と称された武里団地を通り越し、せんげん台駅の駅前でザリガニを乱獲したことを
思い出します。鉄道車輌より沿線風景のほうが幼い頃の記憶を掘り起こしてくれるようで感動します。

個人的に圧巻だったのは巻末で紹介される西新井駅近くにあった東京マリンの空撮画像。
プールサイドで誰かがブチ撒け、水を吸ってブヨブヨになった焼きそばを踏んだときの足裏から感じた
気持ち悪さをアリアリと思い出しました。ページをめくるたびに記憶がモリモリ甦ってくるようです。

書店には「東武鉄道 1980~2000年代の記録」山内ひろき解説 フォト・パブリッシング刊もありました。
こちらも思い出したときに購入しようと思います。

検討課題
・ねこヒゲ運用再開を誰かに訴えてみる
・超特急100系スペーシアのねこヒゲカラーを期待する

« おでんわ After | トップページ | TOWA 上野 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おでんわ After | トップページ | TOWA 上野 »