2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「ヨンサン」の437件の記事

2024年5月22日 (水)

starter PORSCHE 917/10 No.20 SIFFERT CAN-AM 1971 4/

どうにも効率的な作業工程を思い出せません。お酒を飲めば少しは思い出せるかなと思いつつ製作を進めます。

917_10_7141

放置期間も長く、ソウソウ次はクリアを厚塗りするんだったと思い出し、景気よくバシバシ吹きつけてみます。

917_10_7142

タップリ。もう表面はオデオデしてますが、この後ガシガシ削るので問題無いと思い込まなきゃやってられません。
パネルラインがクリアで埋まっています。ここには黒ガムテ風なにかを貼るのでシカトして大丈夫だと思います。

乾いたら削ってカンカンウレタンタイムに突入したいと考えます。

検討課題
・寄席で意味なくタップリ!と声をかけない
・削る作業用のアテ木を準備しておく

→ 5/n

2024年5月 3日 (金)

starter TOYOTA CELICA GTO IMSA 1987/1988 6/6 完成

タイトルの通りstarter TOYOTA CELICA GTO IMSA 1987/1988です。

C_gto_8761

いつまでもダラダラと放置もしてられないので、すっかりクリアコートも硬化しきったことだし部品を取り付けます。

C_gto_8762

リア窓の解決策を見つけるまでには至らず。外嵌めのバQを接着した後、窓枠のデカールを貼り込んでいきます。
少々変形したバQを経時により収縮したボディに合わせるように貼ると、各所で寸法が合わず、オデオデとします。

C_gto_8763

小さいな。フェンダーをふっくらさせたとはいえ、ほぼ5ナンバーサイズでGTOクラスに参戦したといことに驚きです。

C_gto_8764

フェンダーアーチとタイヤの隙間など製作そのものは失敗といえますが、製作に当たっての注意すべき問題点を
洗い出すことには成功しました。それでも二度目は無いと誓い、台座に接着して無理矢理完成とします。

検討課題
・仕掛かりのマスタングを
・仕掛かりの917/10も

2024年3月28日 (木)

ヨンサンキット

いつもお世話になっています。
長きにわたり模型製作を趣味にしています。ヨンサン製作を主戦場にしています。
そんなこんなで関係各位におんぶにだっこ。お世話になりっぱなしのせーろくでございます。

趣味を継続するために必要となるのはオットーとハーマン、つまりは溶剤、塗料とキットです。
まさに血と肉。これ無くして模型製作趣味など成り立ちません。個人の意見ですけどね。

そして妄執に取り憑かれたかのようにキットを買い漁り、手当たり次第ペンキまみれにします。
どんなに頑張ったって死ぬまでに在庫0にするなんてできっこないことは承知の上のことです。

43_2403

買わない…!でも…買っちゃう!
あれだけ模型の神様に誓ったというのに性懲りも無く欲しいキットを見つけると入手せずには
いられないという体たらく。ウヘヘ、すいませんね。でもね、物欲の暴走を止められないのよ。

今回まんまと入手したのはトロン社のチシタリアと、アレナ社のパンナムとバハ。どうですか!
もうこれで後生大事に残していたFDS社の308バハを何の悔恨もなく捨てることができます。
そしてグラマラスなスチュードベイカー。2020年仕様と自分にとっては新しすぎるくらいです。

入手にあたり「上田の巨匠」さまのお手を煩わし、感謝感謝でございます。
お忙しいなか本当にありがとうございます。今後とも可哀想なヤツと嘲笑ってくださいましな。
いまだにヨンサン製作の勢いがナカナカ戻ってこない状況下にあっての起爆剤でございます。

検討課題
・デカールの無いキットでも
・部品数の少ないキットでも

2024年2月 7日 (水)

starter PORSCHE 917/10 No.20 SIFFERT CAN-AM 1971 3/

昨年からの仕掛かり品も完成に向けてネチネチと製作を進めていきたいと思います。

917_10_7131

ボディに塗ったオレンジもすっかり乾いてしまったようなので、シブシブデカールを貼り始めます。
が、長期保管により柔軟性を失ったカリグラフ社のデカール、しかも金属色ですから案の定モロモロに
なりがちです。デカール軟化剤を浴びせかけたところでヤワヤワにへこたれず、ただ砕けていきます。

917_10_7132

面倒でもマスキングをして銀を吹けば良かったのかなぁと、後悔の先っちょで立ちすくみます。
ここからどうにかするためジタジタして、失敗するまでが当バカモデリングの真骨頂なのですよ。

917_10_7133

とりあえずパネルのキワにマスキングテープを貼り、グンゼ 8番 銀をデカールの上から塗ります。
その後、ゼッケン等のデカールを貼ります。仕様等についてはよく分かっていません。いいんです。

917_10_7134

やっぱな。保護のためウスウスとクリアを吹きますが、銀色デカール部分がワギワギしています。
しばらく放置し、乾燥させたら濃厚クリアをボッテリ吹きつけてやろうと目論みます。

検討課題
・面倒でも塗る
・付属デカールで済まそうとしない

→ 4/n

2024年2月 6日 (火)

ヨンサン三次元造形キット

チョット前に予約していたキットが入荷したと連絡をいただきます。
指定の口座に代金を振り込み、ポクポクチーンとキットの到着を待ちます。

F499_lm23_01

名古屋の名店より小箱が届きます。特段の装飾など無く、品番ラベルが貼ってあるだけの白箱。
日頃から手に取ることの多いヨンサンキットの小箱とは異なる大きさ。AMR社の弁当箱サイズです。

F499_lm23_02

NewScratch 43W23N5051Rd04 499P LM 2023 Winner
諸般の事情もあるのかFERRARIの記載は無し。なれど、どこからどう見てもFERRARI 499Pです。
問題はニョキニョキ生えまくっているサポート。どれを切除すればいいのか考えないといけません。

F499_lm23_03

タイヤはホイールと一体。小部品はそれぞれ小袋にブチ込まれパッキングされています。
デカールはスペアも用意されており50号車と、51号車のいずれかを製作することが可能です。
可能ではありますが今回は年頭所信に沿ってキットは1個だけの購入しています。えらいぞ俺!!

小箱をひっくり返し、内容物のチェックをします。製作ガイド、塗装指示、デカール貼付のイメージ。
そういった製作に必要とされるものは一切ありません。QRコードを読み込みインスタで確認せよ?
マジかよ。クソ面倒くせぇな。作るかどうかなんて本人が一番判ってないことなんですけどね。

F499_lm23_04

湾岸スキーヤー。
東京湾に船を出し、鱚釣りなどすると目に入る巨大な斜めの躯体があったことを思い出しただけです。

ニューチェケラッチョ社のキットを購入するのは初めてです。三次元造形品のヨンサンキットを購入
するのも初めてです。自分的に最新といえる2023年という現代のレーシングカーも驚きです。
まずは資料となるイロイロを集め、切除していいサポートを見極めてからかと思います。

検討課題
・参考資料として完成品を買ってみる
・サポート切除は爆弾の配線を切る気分で

2024年1月27日 (土)

極東の片隅で黄金色に輝く大地の平和を思う

なんだかんだと会社へ行っています。どうぞ社畜の鑑と蔑み嘲り、足蹴にしてくださいましな。
会社へ行けば一心不乱に仕事をする振りに没頭するわけです。もう忙しいったらありゃしない。
ただ座ってるだけでは眠くなってしまうし、与えられてるデスクでヨンサンをゴリゴリ作ることも
できず、結局は時間を潰すでもなくネットを徘徊するように面白いものを探しているのです。

なんだよ、なんだよ。相変わらずソ連激アツじゃん!

オイオイ、マジかよADV。2021年にスーパーエージェントさまのお手を煩わすように何点もの
妙ちきりんなキットを取り寄せていただきました。その後、2022年にロシアによるウクライナへの
軍事侵攻が開始されて以降、西側諸国のロシアへの経済制裁により人、物、金の移動が非常に困難に
なったことは御承知のことと思います。そんな閉ざされた数年のあいだに新たなヨンサンキットが
いくつもリリースされていたことを知ります。こんな状況下にあっても活動してたのかよ。

そんなAVD Modelsの最近のラインナップで特に気になったアイテムを、ショーウィンドウに顔を
押しつけ、トランペットを欲しがる少年の気持ちを重ねながら書き連ねてみようと思うのです。

Soren_23_01

AVD Models TESRA CYBERTRUCK
アメ車!電気!テスラ!!

Soren_23_02

AVD Models RELIANT ROBIN
ジェレミー・クラークソン氏が前に進むより横転させて楽しんでいたアレです。しかも初期型です。

Soren_23_03

AVD Models AEROSAN KA-30
アエロサン!キットの足回り周辺の強度に不安は残りますがアエロサンの魅力には打ち克てません。

Soren_23_04

AVD Models Snowmobile ZIL-136
無限軌道ではなく6輪のスノーモービル。ロボ感溢れるナイス顔つきにクラクラしてきます。

とにかくロシアによるウクライナへの軍事侵攻が終わり、経済活動が以前のように戻らないことには
指をくわえ、ふやけて尚指をくわえることしかできなのです。私ごときでは如何ともしがたいのです。
そして極東において仕事をする振りをしつつ、平和であることの大切さを噛みしめるのです。

検討課題
・チェックだけはしておく
・買いたいものリストを充実させる

2024年1月21日 (日)

新橋ホビーショー 2024 Winter

2024年1月13日、夕方から都心部でも降雪の予報もあるなか、新年イッパツ目ということで新橋です。
当日の様子については「上田の巨匠」さまの速報、「Arenaの巨匠」さまの速報をご参照ください。

Shinbashi_hs_24winter_01

SHELBY COBRA DRAGONSNAKE DRAGSTER 1964 / こいでさま
今年は「屋根付き」をテーマに据えてらっしゃるとのこと。私もホットなロッドを作りたくなってしまいます。

Shinbashi_hs_24winter_02

FERRARI 125S G.P. PIACENZA 1947 / 櫻井さま
この海老茶というか臙脂色の再現についてケンケンガクガク。ネームプレートも付いて完成間近な感じ。

Shinbashi_hs_24winter_03

Lamborghine Gallardo / Kawakami(偽者)さま
ダイカストミニカーを再調整のうえ再塗装の仕込み中。

Shinbashi_hs_24winter_04

Cunningham C4RK Le Mans 1953 / Kawakami(偽者)さま
アメリカンストライプもかっこいいカニンガム。

Shinbashi_hs_24winter_05

LANCIA STRATOS Gr.4 ELBA RALLY 1982 / hamadaさま
シャルドネから流れ流れてグリフォーネ、といった来歴を持つエルバラリーで優勝したストラトス。

Shinbashi_hs_24winter_06

LANCIA STRATOS Gr.4 ELBA RALLY 1980 / hamadaさま
オリオフィアットカラーの鬼門といえる白黄紺3色を全て塗装で仕上げたストラトス。でも結果はリタイア!

Shinbashi_hs_24winter_07

FERRARI 355 GT3 Daytona 24h 1999 / N田さま
ここらへんの自分的には「現代的フェラーリ」のキットは一度は作ってみたいと思うものの手が出ません。

Shinbashi_hs_24winter_08

TVR Tuscan 400R Le Mans 2004 / N田さま
照明の関係で車体の紫メタリックが上手く反映されていませんが、とてもキレイな紫メタリックでした。

皆さんの作品をたっぷり堪能したら寿司の時間です。スシスシ!

検討課題
・屋根のない車も作ってみる
・今年も拙作をバンバン作る

2024年1月 2日 (火)

年頭所信

今年も作っていきますよ。なんたって趣味ですから、面倒でも血反吐を吐いてでも作りますよ。面倒なんですけどね。
昨年は夏の暑さにヤラれてしまい、2023年下半期の製作ペースは情けないほど落ちまくり、手慰みでもなくお手軽な
ゴーロクに逃げるといった体たらくに成り果てました。もちろん今年も暑くなくても同じ傾向になると思い巡らします。

240102

さて、今年も自らに何かを課すように年頭所信として記しておこうと思います。
同じキットをいくつも買わない。
できるだけ、心がけて、気付いたときは、在庫を把握して、注意深く、多々買いに意義を見いださず、なんとなくでも。

もちろん同じキットを複数個保有するメリットはあります。
家庭内の各所に置いておくことで必要に迫られ慌てて探さずに済みます。部品取りとして有効活用することもできます。
小箱に埋もれて暮らすことで科学的には未解明な多幸感を得られます。やはり、多々買いは正義なのかもしれません。

とはいえソロソロ「老後」というステージが実感を伴って近づきつつあるなかで、今後どれだけヨンサンを作れるのかと
考えてしまうこともあったりなかったりするわけです。本当に作りたいキットを厳選する頃合いなのかもしれません。
ほぼ達成されることのない年頭所信ではあります。それでも心に留め置き、ことあるごとに思い出そうとしましょうか。

検討課題
・できるだけの数値化は見送る
・多々買いのその先を見ておく

2023年12月27日 (水)

地殻変動と発掘調査 或いは starter MIG LE MANS 1993 0/

すべからくヨンサンキットなるものは買って買われて積み積まれ、積んで積まれて押しつけ押しつけられなのです。
個人の意見ですよ。言葉の誤用なんてイチイチ気にしませんから。なんとなく雰囲気で使ってるだけなんですよぅ。

夏の暑さにヤラれちゃってた頃、在庫を押し込んでいる棚をユサユサすることで憂さ晴らしをしていたわけですが、
その行為によって引き起こされる液状化現象的地殻変動によって表層に浮かび上がる青い小箱もあるわけです。

そんな小箱を所望される奇特な御仁から連絡をいただきます。
ところがヘッポコは欲が勝り、奇特な御仁からのご要望を無碍にも断るのです。ダメ人間ゆえの判断の甘さです。
法事のたびに寺の住職から執着を捨てろとあれほど説教されたというのに、すっかり教えを忘れきっていました。
何度も何度も説教されてきたこと、天網カイカイそんなんだからお前はダメなんだ。つまりはそういうことです。

短い秋を感じないまま冬到来。ニエニエだった脳味噌も少しは冷えてきたのか、心に落ちつきを取り戻したようで、
横浜で奇特な御仁とお話しする機会があると思い、再び棚をユサユサしご所望されたキットを浮かび上がらせます。

Mig_lm93_01

液状化現象とは名ばかりの棚の崩落によって浮かび上がってきたのは俺のミコやんグレビッチ!
およそ30年前に製作したバイパーの空き箱に殴り書き。コレコレ、埋まった場所も判らぬままに探していたんだよ。
Bburago社のミニカーを使ったトランスキット。実車を再現するには程遠いイロイロではありますが目を瞑ります。

Mig_lm93_02

塗装剥離剤を用いること無く紙ヤスリでゴシゴシしながら塗膜を削り、面を整えようと悪戦苦闘しています。
おそらく同時期にJPS社のプリペイントキットに剥離剤をブッカケて、レジンをモロモロにした悪しき記憶が鮮明に
残っていた頃なのだろうと想像できます。手痛い失敗は無謀な行動を控えさせ、気持ちを怖じ気付かせるのです。

ポリパテを用い盛って削って、盛って削ってを繰り返しています。削り均して薄肉になってる箇所が多々あります。
驚いたのはポリパテの薄肉部分が剥落していないこと。30年前のロックポリパテやるじゃん!

Mig_lm93_03

ミニカーにモールドされていたリアウイングは、おそらくディスクグラインダーで削り落としていると思われます。
部屋の中で火花を飛び散らせ、アルミダイカストの削りカスを舞い踊らせていたのです。パンクモデリングだぜ!

シャーシは軟質樹脂。各部のモールドはアマアマ、ソモソモの形状そのものが異なっていたりします。
現代的模型製作技術を活用すれば各部を別素材に置き換え、より正確に、より精緻に作り替えることも可能だとは
思いますが私にとっては面倒でしかないのです。素材の持ち味を活かして手を加えずに完成を目指しますよ。

検討課題
・来年の製作ロットにネジ込んでみる
・執着から解き放たれるよう精進する

→ 1/n

2023年12月21日 (木)

南青山ホビーショー 2023 Winter

2023年12月16日、小春日和をブッ飛ばす馬鹿陽気。身も軽やかに南青山の秘密の会場に集まります。
当日の様子については「アレナの巨匠」さまの速報や、「天才カメラマンの巨匠」さまの記事をご参照ください。

Mhs_2023w_01

秘密の会場となったのは「気合いの入った料理」を提供するフレンチバスクの名店。
こちらでフロアを取り仕切るマダムも出勤していない開店前の忙しい時間にドヤドヤと無理矢理に入店します。
会場をご提供くださった櫻井さま、取りまとめの幹事N田さま、心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

Mhs_2023w_02

AC COBRA 289 1963 / こいでさま
ラメ感を残したオレンジブラウンメタリックのボディ。

Mhs_2023w_03

LOTUS 97T 1985 / Y御大
レインタイヤ、ツヤ消しのウィング、アイルトン・セナ。

Mhs_2023w_04

Alfa Romeo 8C 2900 1938 / デモドリさま
繊細な窓枠。

Mhs_2023w_05

Delahaye 145 Street 1937 / N田さま
慌ただしかった横浜ではジックリ見ることができなかったため、ここぞとばかりにネットリ舐め回すように見ます。

Mhs_2023w_06

Delahaye 145 Street 1937 / N田さま
隙間からチラチラ見えるエンジン、素材感、ツヤ消し仕上げ。

Mhs_2023w_07

LOTUS ELAN / Y御大
窓枠の細さ。

他にも珠玉の作品多数。記録漏れにつきましてはご容赦ください。
ホビーショーで目を楽しませたら、次はお待ちかねの美味しい料理で舌を楽しませることにします。

検討課題
・某再開するかも案件を陰ながら応援する
・ツヤ消し仕上げのヨンサンを仕込んでみる

より以前の記事一覧