2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「ヨクボウ」の195件の記事

2021年10月25日 (月)

はりかえる

先日、通勤靴を購入したことから靴底のすり減った別の靴を修理に出します。
数年前にネット情報や、靴の持ち込みに便利というだけで選んだ業者からは最悪の結果しかもたらされず、ホトホト泣かされました。
そこで今回は、靴についてのお話しをすることもある方からお薦めされた業者さんに靴底の貼り替えをお願いしてみました。

700_01

本来の靴底はダイナイトソール。
同じものに貼り替えるのもアレだなと思い、デコボコの少ないコマンドールでも、と思うものの爪先の形状から似合わないかもと
業者さんからアドバイスを受けます。だからといってビブラム #2055も能が無い。ということで選んでみたのはビブラム #700。
雨の日でもガシガシ歩けるソールにしてみます。

700_02

靴はジャランスリウァヤ社 ダブルモンクストラップ 98374。リーマンの財布にダメージを与えないコスパに優れたメーカーです。
久しぶりな感じで靴磨きもお願いします。先っちょは少しだけツヤツヤに磨いていただきます。これでもう少し履けそうな感じです。

検討課題
・ブーツのオールソールもお願いしてみる
・ブーツも靴磨きに出してみる

2021年8月26日 (木)

通勤靴

リモートワークとかクールビズとかいわれてます。そうはいっても本業に関わる打合せは、襟付きの服を着て対面で行っています。
理由はイロイロありますが、今後も大きく変わるような感じはしませんし、そんな真面目な打合せにワークブーツは履いていけません。
なので靴を買い足します。

210826

SCOTCH GRAIN IMPERIAL II E 938 BL
久しぶりのスコッチグレイン、久しぶりの紐靴。ここ10年以上、横着でズボラな私はモンクストラップの靴ばかり履いていました。
たまには紐靴でも。そんな感じでこちらを購入してみます。ちょっと細身でもありますから、ゆっくり慣らして広げていこうと思います。

検討課題
・今ある靴ののオールソールをしておく
・いい感じのラバーソールも買い足す

2021年8月22日 (日)

赤い赤い

駅構内に『1800系カラーリング「りょうもう」記念乗車券』の発売を知らせるポスターが貼り出されていました。

210822_01

赤いな。京急なにするものぞ!という気迫さえ感じる急行時代の赤いカラーリングです。
左下に「画像はイメージです」とあるのは赤いリバイバルカラーを施す前の車両に画像処理を施したからでしょうか。

210822_02

当然2部買います。
台紙を開くと急行時代、そして現在の特急「りょうもう」についての簡単な説明があります。
やはり赤城おろしにより関東ローム層の赤土舞い飛ぶ関東平野を疾走する特急りょうもうには、ローズレッドがよく似合うと思います。

210822_03

2021年8月12日、たまたまといった感じで北千住駅下りホームに滑り込んできた特急りょうもう号を投げやりに記録します。

東武リバティ500系への置き換えという話を耳にします。200系はシートも替えたことですし、まだまだ運用し続けて欲しいと思います。

検討課題
・乗れるときに乗っておく
・たまには群馬の終点まで乗ってみる

2021年8月11日 (水)

ナナニー

夏も盛りとなれば冬の訪れももう間もなく。
あと数ヶ月もすれば埼玉県は雪と氷に閉ざされ、人は外に出ることもできず、イエティとサスカッチが徘徊する冬景色になります。
越冬するなら薪は必要です。昨シーズンまでに作れなかったキットも積んだまま、新たな薪をいくつか積み増しておいたりします。

2021_winter72

エレール社の黒箱を引っぱり出し、中身を確認します。アフリカなF型Tropにマルセイユのデカールは同梱されていませんでした。
ガキの頃に作ったときはマイクロスケールのデカールを別に用意したのかと、己が記憶をまさぐりますが思い出すこともできません。

マルセイユのデカール欲しいなと思うもデカール単体では現状販売されておらず、ホビーショップで見つけたファインモールド社の
歴装ヲトメシリーズのF型Tropを購入し、デカールを拝借しようと目論みます。あれ?赤尾翼の時は機首にニャンコは描かれないの?
そんなことを考えつつ、併せてAZmodel社のF型Tropマルセイユもそのものズバリなデカール欲しさに購入します。

気がつけばアフリカの星が3個も積まれていました。作る作らないじゃなく、積んでおくことが大切なんです。ワケが分かりません。
そしてパッケージを見て思うのは、どれも巧いこと尾翼のマーキングを隠した構図にしていること。AZは隠しきれていませんけど。
とりあえず他にもいくつか薪を積み増しておけば、今年も無事越冬できるのじゃないかと目論んでおきます。

検討課題
・エイビスも積んでおく
・鯉のぼりなジェットも

2021年7月 1日 (木)

リバイバルバル

およそ一月前、駅構内に『「スペーシア」リバイバルカラー記念乗車券』の発売を案内するポスターが貼られていました。

210701_01

当然買います。もちろん2セット買います。
ヨを連結してみたり、先頭車同士をドッキングしてみたりと、日頃ナカナカ見ることのできない状態の画像が用いられています。

210701_02

上記の案内ポスターと一緒に貼られていた浅草〜業平橋間の開業90周年を伝えるポスターがイカしています。
車両導入の過渡期であれば、DRCと100系が並ぶこともあったでしょう。それ以上に、1990年頃の短期間に5700系と100系が並ぶ
時期があったことを知ります。私は社畜デビューを果たして間もない頃とあって、業平橋に撮りに行けなかったことを悔やみます。

210701_03

そして今回のリバイバルカラー。100系スペーシア登場時のカラーリングをまとわせています。
私はてっきりDRCのカラーリングを施すのかと思っていました。もういっそ猫ヒゲのカラーリングだってドンと来い!の状態でもあります。

100系スペーシアは現在9編成あります。雅、粋、サニーコーラル、日光詣、リバイバル…まだDRCカラーの可能性もあるかもですよ。
個人的には先頭車を漆黒に塗り、中間車には14系客車風カラーリングを与えた「スペーシア大樹」というのも見てみたかったりします。

検討課題
・とりあえず鬼怒川温泉
・土呂部あたりも行ってみる

東武鉄道のポスター画像を無許可で使っています。権利侵害をするつもりは無いので、どうかお目こぼしを賜りたく存じ上げます。

2021年6月 7日 (月)

ソ連 After and more! AVD MODELS

ロシア激アツ!超アツ!!
今回、スーパーエージェントさまのご尽力により手入れることのできたメインディッシュともいえるAVD MODELSのキットです。

Ussr23_01

AVD MODELS Вездеход ЗиЛ-Э167

ドクドク!ドクドク!肉体が自分の意思とは違う反応をし、何かが穴という穴から止めどなく漏れ出し、ビチビチと床を濡らしていきます。
超6輪。ロシア語表記は全く読めませんが、こちらのキットにはOFF-ROAD VEHICLE ZIL-E167と英文により車両名も併記されています。
そこらへんの細かいことは横に置き、こちらも見た目のアレで買わないといけないと思ってしまうほどのキットです。ですので買いました。

Ussr23_02

パッケージはヨンサンキットとは思えないほど巨大。どこのご家庭にも常備されている青い小箱と大きさを比較してみます。巨大です。

Ussr23_03

なんとボディはアルミダイカスト製。細かい部品はインジェクション成型のプラ素材。ミニカーの無塗装パーツを詰めている感じです。

気付いたのはパッケージ左上にあるAVDの表示。ここが青地の場合、インジェクション成型された部品を含んだミニカーめいた構成。
緑地の場合はバリの海に部品が漂うレジンキットのように思えます。もっとサンプルを増やし構成について確認する必要もありそうです。

Ussr23_04

並べてみるとガンツ先生より大きいことが解ります。ただ、サイズ的にはレーシングトラック相当ですから何とかなると楽観しておきます。

スーパーエージェントさまには多大なるお手数、ご面倒をおかけしました。今後も何卒よろしくお願いします。本当にありがとうございました。

検討課題
・どれくらいのオレンジ色で塗るか考える
・保管用ケースの製作についても考える

2021年6月 6日 (日)

ソ連 After and more! AVD MODELS

ロシア激アツ!
GAFFEやProvence Moulageと併せて個人的に強く興味を惹かれるAVD MODELSのキットも追加でお願いしてみます。

Ussr22_01

AVD MODELS Автобус ПАГ-2М
AVD MODELS ЗиЛ-132П Вездеход-Амфибия

ジョッバー!もう何かが穴という穴から止めどなく溢れ、そしてビタビタと漏れ出してきます。
バスとガンツ先生。何と書いてあるのか全く解っていませんが、見た目のアレで買わないといけないと思ってしまうほどのキットです。

Ussr22_02

大きさを確認するためナスカーと比較してみます。
キャスティングは驚くほど良好。それを感じさせないバリの多さは今後の作業で大いに悩まされる面倒な工程になること間違いなし。
製作時は湾曲した前窓の工作で絶望することになると予言しておきます。この予言は高確率で当たります。

Ussr22_03

水陸両用なのか、泥濘地を走破するためなのかシャーシは船形になっています。部品点数も少なく、なんとなく作れそうな感じです。
画像検索をすると実車の多くは緑色に塗られています。委細不明ですが、泥まみれにして汚しておきたくなります。

検討課題
・バリと本体のキワを見極める
・ロビンちゃんの腰にタックルする

→ After and more!

2021年6月 5日 (土)

ソ連 After and more! GAFFE

ロシア激アツ!
新小岩のロシアンパブ「ハラショー」の呼び込みじゃないですよ。以前も申し上げました通り、いまソ連が熱いのです。もう激アツです。

前回の狩りの前、スーパーエージェントさまにGAFFEのキットを適当に選んでお願いしてみます。
自分が選んだキットには悉く“4-5 weeks delivery”と表示され、当初は望み薄でしたが豪腕ロシアンのネゴにより取り寄せ可能とのこと。
極東発レニングラード経由発注おフランス調達。すごい世の中になったモノです。プロバンスに現金を送りつけた時代とは違うのです。

Ussr21_01

  2301 Toyota 90 Total Adecco Dakar 2000
21204 Range Rover Proto Halt`Up Pastis 51 Paris-Dakar 1986
21701 Mercedes-Benz Proto 600 TE №260 Chesterfield Dakar 1991

4桁品番のトヨタはwww.gaffe.frの頃とあって仕込みは古そうです。
5桁品番のベンツとローバーはwww.gaffe.euに替わっており、比較的最近の仕込みに思えます。だからどうしたというだけのことです。

Ussr21_02

箱サイズは旧来の白箱に比べ大型化しています。内容積が増えたことで部品をミチミチに詰め込んだ際にボディや小部品が砕け散ると
いったお茶目なサービスは減っていくと思われます。ただ、こちらのローバーは余裕のあるパッキングなのにドライブシャフトが連接棍棒と
勘違いしてしまうほどバキバキに細分化されていました。そんなことは頻繁によくあることなので気にするようなことでもありません。

Ussr21_03

ベンツ!
今風のベンツに煙草のスポンサーかぁ、と思ったら既に30年前のモデルと再確認し愕然とします。

ひとまず放置しつつ、デカールの折りシワをゆっくり直してから製作をしようと思います。
スーパーエージェントさまには感謝感謝、無理を承知でご対応いただきましてありがとうございます。今後もよろしくお願いします。

この項、ちょっと長引かせながら続きます。

検討課題
・without decalsへの対策を考える
・GAFFEの生存状況をどうにかして調べる

→ After and more!

2021年5月11日 (火)

ソ連 After

雪が溶けて 泥になって 羽虫が湧きます♪ 羆の仔が 恥ずかしげに 人を襲います♪
母なる大地に春の訪れを感じさせる光景を前に、乱数幹な替え歌の鼻歌も軽やかになってきます。皆様ご機嫌いかがでしょうか?

210511_01

レニングラード発、北極航路を経て武蔵国着。鷲のマークにキリル文字。泥に負けない厳重な封印の為された箱が届きます。
履歴を調べると、ネヴァ川渡河を巡りナチスドイツ軍とソ連軍が激戦を繰り広げた戦地近くのプルコボ空港から日本へ向けて
発送されたことが判ります。平和な世の中にあることの喜びを噛みしめずにはいられません。

210511_02

Provence Moulage K724 TOYOTA 2000GT 1957
ORIGINAL MINIATURES OM45 RENAULT CHEROKEE PARIS-DAKAR 1990
CCC F62 DE ROVIN D2 1949

トヨタはボンドカーではない屋根付きノーマル車。ルノーはジープの第二世代XJのOEM車。ロビンは戦後の超小型車。

210511_03

AVD Models УАЗ-450Б
AVD Models Вездеход ТРЭКОЛ-39294

ワズ450は、先日作ったワズの始祖たるモデル。オレンジ色の6輪車はよく判りません。そもそもロシア語表記が読めません。

210511_04

大柄なナスカーとの比較。ロビンの小ささ、6輪車の巨大さがご理解いただけると思います。

210511_05

AVD Models ЗиЛ-2906 вездеход
AVD Models ЗиЛ-4904 шнекороторный снегоболотоход

男ならドリルです。もう昼も夜も丸出しにしたまま、グリグリと高回転で回しっぱなしにしたいのです。
湖に住まう女神様に「貴方が生やしたいのは太いドリルですか?それとも長いドリルですか?」なんて聞かれてみたいものでござんす。

新たな金脈を発見し、尽力いただいたスーパーエージェントさまにはお手数おかけし感謝の申し上げようもございません。
何から何までお世話になり、本当にありがとうございます。今後も何卒よろしくお願いします。

検討課題
・ベディヴィエールとヴィヴィアンの間に割って入る
・ドリルの資料をそれとなく集める

→ After and more!

2021年4月18日 (日)

ニッパ

数年前に購入したニッパーの切れ味が悪くなってきたように感じることもあったため、新たに同じモデルを購入しておきます。
コロナ禍のせいで「おうち時間」に模型を作る方も増えたのか、昨年あたりから模型本体はいうに及ばず、模型製作用工具まで
品薄になっていたり、転売対象品になっているようで、欲しい商品をホビーショップ店頭で見かけることも稀になっていました。

なきゃ無いでどうにかするのが野良モデラーです。併用しているGSR社の極薄刃ニッパーを使ったり、前歯で食いちぎったりと
工具がないと嘆くより、考えることもなく手を動かすことで対処できてしまっていました。それでも売っていれば買ってしまうのです。

210418

右が現行型。パッケージが以前のものより大型化しています。ニッパ先端を保護するカバーが標準で付属されています。
台紙に描かれるギバギバとした稲光のようなイラストも現行型の方がマシマシになっています。本当によく切れそうに見えてきます。

昨年から模型関連のイベントが中止になることも多く、イベント会場に出展するメーカーの工具などを試したり、購入したりの機会も
無くなってしまいました。新しいモノに触れることができないと、自分の持つ情報や技術がドンドン遅れまくりになってしまいます。
由々しき事態です。せめてネットの記事を読みあさり、注意深く実店舗へ足を運びながら少しだけでも進歩したいのです。

検討課題
・シモムラアレックもチェックする
・ホームセンターへも行っておく

より以前の記事一覧