カテゴリー「ヨクボウ」の204件の記事

2022年10月 6日 (木)

キーホルダー

先日、浅草付近を歩いたこともあり、使う機会はまず無いものの、いくつかキーホルダーを購入してみます。

Tobu_2210_01

キーホルダー本体もさることながら、台紙の松屋浅草風味のフォントと、ちょっとオフセットした格子模様が最高です。

Tobu_2210_02

やはり超特急DRCです。是非、新型超特急 N100系 スペーシアXもいずれDRCカラーに塗っていただきたいと思います。

Tobu_2210_03

沿線住民にとっては超急行りょうもうは、赤の分量が多い方が馴染み深いと思ったりしてしまいます。

ラバーキーホールダーは、キーホルダーとしては比較的大きく、どういう状態で使うのが良いのか分かっていません。
とりあえず台紙ごと保管しておこうと思います。

検討課題
・関連グッズ販売を見逃さない
・予備にもう1セット買っておく

2022年9月 7日 (水)

掃除機

部屋の掃除なんて閏年のイベントくらいに思ってる自分に渇をいれるでもなく、気まぐれに掃除機を購入します。

それまで使っていた掃除機の吸引力が落ちたような気がします。紙パックをキッチリ装填できずイライラします。
とりあえず物欲の発露として家電製品を買っておきたいだけなのかもしれません。もう何がなんやらなのですよ。

家電量販店でお薦めされた掃除機を手に取り、これなら紙パックの装填にマゴつくこともないような気がします。
吸引モードをオートにすれば赤いボタンを押すだけで作動する簡便性も面倒くさがりな自分には便利と思います。

Dyson_2209

段ボールを駆使した梱包は、発泡スチロールやプチプチなど石油製品を使わない環境に配慮されたものです。
本体は樹脂バリバリ。これでもかとプラッチク満載。初期の製品にみられたウェルドラインやフローマークといった
安っぽい印象を与えまくる樹脂部品なりのアレも目立たず、気にならなくなっています。上手く成型するもんだ。

いくつかの付属アタッチメントの置き場に困ります。台座にペソッと置いておくしかないとか配慮なさ過ぎです。
台座に収納ボックス的な構造を取り入れることが可能な感じもしますが、きっと、おそらく、敢えてなのでしょう。
デザインオリエンテッドなんて言葉もありましたが、外観を優先し過ぎるのもどうなのかと思う次第でございます。

とりあえず閏年開催の掃除イベントを、奇数年開催くらいに間隔を詰めたいと思います。

検討課題
・テールフィン付き50年代デザインの掃除機を
・模型のパーツを吸い込んでも泣いたりしない

2022年8月26日 (金)

MaxFactory 1/12 PLAMAX 鎌倉時代の鎧武者

夏休み恒例でもなく栃木県方面をフラフラした際、宇都宮の名店に入荷していたので購入してみます。

220826_01

ヌォリャー!!!刀の刃を上に向け、腰だめで裂帛の気合いを放っているような勇ましいパッケージイラスト。
近所にこんなコスプレを日常的にしながら、昼夜関係なく叫び声をあげてる人がいたら恐怖でしかありません。

220826_02

過去のキットとは異なり、成型色は赤、黒、肌色の3色。完成を目指すには塗装必須な構成といえます。

220826_03

以前、使うあても無いまま買うだけ買っておいたデジカモ柄のデカールをチマチマ貼り込んでみたくなります。

220826_04

MiniArt 1/16 SAMURAI
せっかくなのでウクライナのミニアート社のキットも併せて購入してみます。
こちらは上段と中段の中間のような八双の構えのようであり、SAMURAI的イメージに近いポーズかもしれません。

220826_05

キットの成型色はグレー。左端に眉毛ボーンな頭部パーツ。やはり1/16は1/12に比べ小ぶりといった感じです。

検討課題
・鎌倉殿を見ながら作る
・近所に鎧マンがいても目を合わさない

2022年8月13日 (土)

戦果報告

名店で購入したキットの一片など。

220813_01

SCENARIO 43 ref:HO-005 HONDA INTEGRA SPA 24H/ZOLDER 24H 1999
1999年のスパ24hにおいてGr.Nクラスで優勝した100mアイキャッチの超ウルトラスーパーかっこインテグラ!

220813_02

MINI RACING No.0250 OPEL ASCONA Type A Greder Racing Monte Carlo 1972
ラニョッティ搭乗とあらば買っておかないとなりません。

220813_03

starter TOY023 TOYOTA CAROLLA MARLBORO RALLY CATALOGNE 1998
プロバンスと迷って部品点数の少ないこちらを選びます。この選択が凶とでるか、大凶となるかは現時点では不明。

帰り道に思い出し「あっ!」となります。少し間を空けてから考えたいと思います。

検討課題
・いまさら日本車キットを買ってみる
・今秋開催予定の横浜HFに備えておく

2022年6月19日 (日)

CDの買い方

今でもCD買ってんの?というツッコミはジウジウ承知しております。
服に靴、書籍やCD、もちろん模型だって実店舗でカサカサと不審な動きをしながら買うことを旨としているのです。

Cd_01

時は平成。
社畜デビューを果たした20代の私は、自由に使えるお金が増えたことに狂喜乱舞し、無駄遣いを繰り返しました。
その際、特にCDは片手で掴めるだけの量を一度に買うことを自らへのノルマというか、掟として課していました。
今回も画像の野宮“おしゃれ番長”真貴氏の新譜を買うことが主目的ではありましたが、当然のように片手で掴める
だけの量を買うわけです。理由として普段なら聴かない、選ばない、買わないCDを手に入れるチャンスだからです。

Cd_02

若い人が聴いてると話題のCDだったり、もしかしたら今の若い人はあまり聴かないかもしれないCDも購入します。
流行に喰らい付くでもなくショップ推薦や、今までなら聴かなかったイロイロを今さら買って聴いたりするためです。

そんななか、ドラムの風貌に興味を持って羊文学のCDも買ってみました。
会計時に購入特典のステッカーとともに、直筆サイン入りステッカープレゼントの抽選券をいただきます。

Cd_03

Yeah! 当たってんじゃん!
抽選番号が69じゃないことに文句を言ってたことなんてスッカリ忘れ、ランランとスキップしながらショップへ赴きます。
熱心なファンではなく、気まぐれに買ったオッサンが当選してしまったことに少々以上の申し訳なさを感じたりします。

Cd_04

羊文学の新譜 our hope と当選した直筆サイン入りステッカー。
本当に直筆サイン?フラミンゴ貞治のサインを真似して書ける疑り深い私は少しだけ不安に思ったりします。
私にしては珍しくクジ運の強さを発揮し当選したことを素直に喜び、じっくり聴き込んでみようと思うのです。

無駄遣い万歳!

検討課題
・掟は掟として今後も自らに課していく
・聴かなくなったら鳥除けに再利用する

2022年3月14日 (月)

足下をすくわれるとかなんとか Return

模型製作を趣味にしています。
買って増やして積んで積み上げて、さらに買ってたまに作ってまた積んで、アレもコレもと買い足してを繰り返しています。
たまに作るときに模型と同様に塗料や接着剤といった道具や関連素材も完成させるために必要になることが多々あります。
ところが、気まぐれにでも作ろうとして道具や関連素材を用意しようとすると、それらは既に供給を終了していたりします。
そして自らの不手際など無かったかのように周囲に当たり散らし、皆々様に多大なご迷惑をかけまくることになるのです。

模型製作における私の主戦場はヨンサンなわけです。そのキットに同梱されるデカールは、カルトグラフやカリグラフと

いったチョット硬く、厚めのデカールだったりします。それらは青や赤い小箱に丸まったまま長期保管されていたことから

実際に貼ろうとする前にイロイロと手を加えなければならず、それはデカールを更に硬くする作業でもあります。

そんなことから私は、これまで軟化剤は「デカール剛力軟化剤 / GOOD SMILE RACING」を大量に使ってきましたが、

もう何年も店頭在庫も無くなり代替品でもなく「溶ける軟化剤」を探していましたが、このほど念願の再販となりました。

Gsr_return_11

今回、再販となった「デカール剛力軟化剤」と「デカール軟着剤」は黄色いラベルに変更されています。
キャップ上面には従来製品同様、識別用の青いラベルも貼ってあるため、使用時の誤用は避けられると思います。
ホビーショップ等で探す際はご注意ください。私はそんな変更点など知らず、目の前の軟化剤をすっかり見逃してました。 

Gsr_return_12

数こそ正義。
これだけあれば後顧の憂いなど遠くへブン投げ、思う存分心ゆくまで溶かしまくることができます。
とりあえず10年先までは戦えそうです。もちろん御入り用でしたら融通いたしますのでソッとゲソパンをお願いします。

検討課題
・調子に乗ってダブダブ使わない
・在庫分を使い切るくらい作る

2021年12月 7日 (火)

冬物衣料

秋の日は釣瓶落とし。冬の寒さはパイルドライバー。あれから半月あまりで寒さもグッと皮下脂肪に堪えるようになってきました。
風を凌ぐだけでは少し足りないと思い、羽織っていれば体温の低下をじゅうぶん防げる上っぱりを追加購入しておきます。

211207

気軽に使えるソフトシェルとして薄手で軽量のガンマ LT フーディ。
積極的に継続購入するブランドではないものの、サイズ感や各部ディテールの使い勝手からツイツイ購入対象になりがちです。

このメーカーのジャケット等に対して個人的に抱く唯一の不満と言えば、フロント部分にダブルファスナーを採用していないこと。
ちょっとパンツを脱ぎたくなったときなどに不便を感じたりします。これまで採用していないことからメーカー側になんらかの考え、
哲学のようなものがあるのでしょう。使用する私はちょっとパンツを脱ぐ前に、思いとどまるチャンスを与えてもらったと考えます。

検討課題
・ベータSVあたりも
・フード無しも

2021年12月 6日 (月)

本屋で買う物といえば

本屋で本を買うのは当たり前のことかもしれません。
そんな固定観念から逃れられないからか、そうじゃないものを見つけるとツイツイ手に取り、うっかり買ってしまっていたりします。
まんまと本屋の巡らせた作戦の術中に嵌まってる気もしますが、それさえも楽しむくらいの余裕を持っていたいのです。

211206_01

金の太陽花椒。
四川省金陽県産の青花椒を使った痺れの強いパウダー。
付属のタブレットケースに移し替えれば携行でき、あらゆる料理に痺れを追加することも可能になります。

211206_02

彝族のズマグニ。
焼肉などにパフパフできる痺辛パウダー。以前、、購入したコチラと食べ比べをしてみたいと思います。

それにしても四川省にお住まいの彝族さん侮りがたしです。

211206_03

今回、上記2点のスパイスを購入したのは神保町すずらん通りに店舗を構える中国書籍の老舗、内山書店。
普段なら足を踏み入れることのない本屋ですが、ショーウィンドウのディスプレイを見た瞬間フラフラと入店していました。

211206_04

店内で催される「アジアのスパイスフェア」では各種スパイスの他、関連書籍も多数販売されて興味深いフェアとなっています。
現在でもフェアが継続して開催中かは不明なため、購入をご検討の際は事前に確認をすることをお薦めします。

検討課題
・ビリヤニ本を一冊
・火鍋用鍋をなんとかして

2021年11月14日 (日)

秋物衣料

今の時期の朝夕は、外気温が10℃を下回り寒く感じたりします。
昼間は日によって20℃近くまで気温が上昇することもあり、全裸以外に何を着るべきか頭を悩ませる日々が続き考え込みます。
コットンでは微妙に寒さを感じ、さりとてダウンジャケットを着込むにはマダマダ早いと思ってしまいます。中間の何かが必要です。

211114

とりあえずウィンドブレーカー。手っ取り早く風さえ通さなければ寒さを感じることも緩和されるのではないかと考えます。
さらに潤沢な皮下脂肪と内臓脂肪を標準装備したうえで、必要に応じて薄手のなにかを重ね着すればどうにかなるってもんです。
今回購入したこちらは11月から1月にかけて着てみようと思います。

検討課題
・アウトドアリサーチのも
・久しぶりにホグロフスなんかも

2021年10月25日 (月)

はりかえる

先日、通勤靴を購入したことから靴底のすり減った別の靴を修理に出します。
数年前にネット情報や、靴の持ち込みに便利というだけで選んだ業者からは最悪の結果しかもたらされず、ホトホト泣かされました。
そこで今回は、靴についてのお話しをすることもある方からお薦めされた業者さんに靴底の貼り替えをお願いしてみました。

700_01

本来の靴底はダイナイトソール。
同じものに貼り替えるのもアレだなと思い、デコボコの少ないコマンドールでも、と思うものの爪先の形状から似合わないかもと
業者さんからアドバイスを受けます。だからといってビブラム #2055も能が無い。ということで選んでみたのはビブラム #700。
雨の日でもガシガシ歩けるソールにしてみます。

700_02

靴はジャランスリウァヤ社 ダブルモンクストラップ 98374。リーマンの財布にダメージを与えないコスパに優れたメーカーです。
久しぶりな感じで靴磨きもお願いします。先っちょは少しだけツヤツヤに磨いていただきます。これでもう少し履けそうな感じです。

検討課題
・ブーツのオールソールもお願いしてみる
・ブーツも靴磨きに出してみる

より以前の記事一覧