2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「ヨマイゴト」の335件の記事

2020年10月24日 (土)

8888の Be a driver.

運転をしていて前を走る車のナンバーがゾロ目だったり「88-88」だと気付くと、なんとしてでも近寄るのを避けようとします。

今年4月の段階で走行距離は2020kmでした。あれから半年で走行距離は8888kmまで伸び、毎月1000kmほど走っているようです。
そうはいっても現在の状況下、あまり遠出をしていなかったりします。なんといっても今年はダムに行けていません。どうしてくれようか。
走行距離がそれなりに伸びているのは、満員電車を使っての通勤に厭気がさしたときに車で会社へ言っているからなのでしょう。

8888

操作の習熟や、各種表示の意味を把握するといった部分については未だに覚束ない状態だったりします。
分厚いマニュアルを読み込むなんて真っ平なんです。でも、本来はそれこそ蔑ろにしてはいけないと承知しているにも関わらずです。

現状ではクルーズコントロール使用時、前走車に近づいた際の減速量の多さをどうにかできないものかと四苦八苦しています。
自車が100km/hで走行中、90km/hで走る前走車に追いつくと、いったん80km/h程度まで減速してから再加速しようとするのです。
この減速がガクンとくるので、減速しようとする寸前でクルーズコントロールをキャンセルしたりなんだりと面倒を感じたりもします。
どうにかできないものかと考えてしまいます。

もう少し走行距離を伸ばしながら更なる習熟に努めたいと考えます。

検討課題
・年内に遠出するチャンスを窺う
・マニュアルを読んでみる

2020年10月14日 (水)

歯医者通い

唐突な感じで歯と、歯に被せた詰め物との隙間というか段差のような何かが生じたようで、どうにも気になりはじめてしまいます。
歯周病を放置してると認知症が悪化する。などという恐ろしい発見も報じられていることから、意を決して歯医者へ行ってみます。

上記のことを歯科医へ伝えると、先っちょの尖った何かでガリガリ、コキコキと該当する歯の状況を確認してくださいます。
結果として私の感じた違和感はそれなりの状況だったようで、歯に被せた詰め物が歯から浮いてプカプカしているとのこと。
被せたものが浮いている…
これは奥歯が浪速のモーツァルトやぁ!
グルメレポーターの叫び声のようなものが頭の中でこだまします。

20201014

行けば行ったで歯の治療と併せ歯石除去もお願いしたりします。超音波なんとかでチリチリされ、口中を血まみれにするアレです。
やればやったで歯石は除去され、治療終了後にうがいをすれば血をダバダバ垂れ流し、独特のスッキリ感を味わえたりもします。

もう少し通院する必要があるとのこと。治療終盤になるとどうしても逃げたくなります。いつまで経っても歯医者が怖いのですよ。
治療計画というか、どういう工程でガリガリ削っていくのかを提示しない歯医者に対して不信感を抱いてるのかもしれません。
八つ当たりです。
ヘタレなので逃げたいだけなんです。ただ、将来的に認知症を患うのは回避したいと思うので、イヤイヤながら逃げずに通います。

検討課題
・逃げない
・泣かない

2020年10月 8日 (木)

天国

昭和生まれのオッサンにとって「天国」といえばホテル紅葉の「はだか天国」でございます。異論反論ドシドシ承ります。

京都市に本社を置く株式会社ボークスが秋葉原に3店目となる大型店舗を中央通り沿いに間もなくオープンさせるとのこと。
現在では街中の模型店も探しにくくなりつつあるなか、新店舗開店というのは模型購入場所の選択肢も増え、嬉しいことです。
ボークスといえばドールといっても過言ではないかもしれません。こちらも他店と同じように総合ホビーショップになるのでしょう。
個人的には全館まるごとスケールモデル。あるいは、このタイミングで全館まるごとヨンサンフロアもドンと来いだったりします。
まぁ無理でしょう。

201008

以前の勤務地だった神保町ではシタデルカラーを入手しやすいこともあり、水性塗料はシタデルを中心に用意していました。
あれから数年。現在の勤務地から秋葉原は徒歩圏ということもありファレホカラーを取り扱うボークスも利用しやすくなりました。
最近では通常の塗装にファレホ、凹部に流し込むような塗装のときはシタデルと適宜使い分け、塗り分けるようにしています。

電気街といわれ、パソコンの街、アニメの街と変貌し続けるなか模型関係のイロイロを入手しやすい街であることはモデラーに
とって喜ばしいことなんじゃないかと思ったりします。上野に勤務地のある自分にとっては自宅に模型用材料の在庫を抱えなくて
済むわけですし。あとはやはりヨンサンショップの新規開店だと思ったりするわけですが。

検討課題
・ポイントカードに振り回されない
・秋葉原周辺の個人店も利用する

2020年9月13日 (日)

手拭いを使う生活。

日常生活の中で手拭いを携行し、使うことが多かったりします。以前はタオルを首に巻いて生活をしていました。
なにかのきっかけで個人的にパイル地のタオルより使い勝手の良さを感じることとなり、以来ずっと手拭い派となっております。

開店祝いやお年賀としていただく以外に、どこかへ行った折の土産物として買うこともあります。
そういったことからガシガシ使い、バンバン生地を傷めダメにしてしまいます。そんなとき、手拭いの善し悪しもあったりもして、
特に使い心地の良い何本かのお気に入りを「一軍」として頻繁に使いこむあまり、ソウソウにダメにしてしまうジレンマに陥ります。

200913

この時期など会社帰りに銭湯に寄り、加齢臭を伴う大量の汗を洗い流してから帰宅したりします。
そんなときも体を洗い、水滴を拭うのも手拭い一本あればどうにかできます。濡れた手拭いは7回裏の攻撃前の応援よろしく
クルクル振り回していればすぐに乾きます。吸水性に優れたパイル地のタオルではこう便利にはいきません。

夏は首回りの汗をどうにかするため首に巻き、冬は襟元の寒さをしのぐため首に巻く。雨が降れば頬被りにも使っています。
これだけ便利な道具なのに、人によっては全く使っていなかったりして不思議なくらいです。手拭い教でも立ち上げますか。

検討課題
・風呂上がりは手拭いでスパン!する
・いい音がでたらスパン!スパン!しちゃう

2020年9月 1日 (火)

上野駅前 9月

暑いっスね。8月に比べたら少しは涼しさを感じるようになるのでしょうか。この暴れ猛暑にいい加減ウンザリしています。
猛暑の原因は、太平洋高気圧とチベット高気圧が日本列島上空で2層に重なり、高気圧が動かなかったからといわれています。
なんにせよ気温が35℃を下回ると涼しいとさえ感じてしまう感覚の麻痺っぷりはヤバイと思ってしまうわけです。

20200901

そして新コロ。Masked Summer. 町へ出れば、右や左の旦那様に奥方様、お兄ちゃんにご令嬢までマスクマスクでございます。
春からマスク、夏もマスク。このまま秋もマスク、冬だって当然マスクとなりそうです。おい集近閉!いいかげんにしろよ!!

新コロ感染者数増加のピークは過ぎた。今後は減少傾向に向かう。そんなことを仰る偉いエライ学者先生もいらっしゃいます。
本当ですか?信じていいんですか?誰彼かまわず言いふらしていいことなんですか?自分の情報収集能力の足り無さを棚へ上げ
上の空で聞きかじった情報に右往左往する日々なのでございます。一刻も早い一撃必殺ワクチンの完成を願ってやみません。

画像は御徒町駅側からのアメ横の眺め。圧縮効果があるにしても人出はそれなりにあります。

検討課題
・バカには見えないマスクの商品化を望む
・人混みの中でも空いてる場所を選んで歩く

2020年8月16日 (日)

新しい生活様式とか苦境に立つ飲食業界とか

毎日、毎日、嫌になるほど暑いのですよ。
ということで今年のゴールデンウィークあたりからチラチラと巷間で耳にするようになった「新しい生活様式」というやつです。
実践してますか?どうですか?私といえば出来る範囲のことはやろうと思ってるし、出来ないことは無理なんだよと諦めています。

それまでも街中で見かけることのあったスマホアプリを駆使したデリバリーシステムですが、春以降ずいぶん増えた気がします。
いつの間にか町の蕎麦屋、ラーメン屋は出前機を取り付けたカブや自転車での出前を見かけなくなった代わりに、黒いカバンを
背負い、自転車で縦横無尽に走り回る配達員の存在が目につくようになっていました。銀色の岡持ちも見なくなりましたね。

20200816

とにかく邪魔なんだよ。
注文の品を受け取るため飲食店前にたむろしていたり、配達先で自転車をブン投げるように放置したりはまだ我慢もできます。
しかしながら車道の逆走や斜行、歩道での歩行者に対する危険な走行など目に余るものがあるのです。本当に邪魔なんですよ。
配達員の契約関係など知りたくもありませんが、サービスを提供する企業はもう少し考えないと規制されてしまうと思いますよ?

個人的な感覚として配達員の見た目も気になったりします。日本の蒸し暑い季節、Tシャツも汗まみれでペットリしてる配達員が
玄関先でハァハアァ息を切らして運んできた弁当を食べるなんて荒行以外の何物でもないと思ってしまうのは私だけでは無いと
思いたいくらいです。もしかして現代社会では見た目や行動に清潔感を求めるのは差別的行動として糾弾されてしまうのですか?

過去に走る配達員が自転車もろとも盛大にコケるシーンを数度見たことがあります。配達員の背負うカバンは空だと信じたいです。
飲食業界もささやかな打開策のひとつとして、新形出前ステムを導入したりしています。ただ、それまで出前をしていなかった店
などはイロイロとトラブルに見舞われているようで、かえって既存の店舗利用の客を逃したりもしています。大丈夫なんですか?

いましばらく待っていれば、いずれ寒い季節の到来と共に汗まみれでハァハァ呻く配達員を目にすることも無くなるのでしょう。
これが集近閉の持たらした令和時代の夏の風物詩として長く語り継がれ、夏の季語へと昇華していくのかを見守ろうと思います。

検討課題
・弁当を店に取りに行くシステムは利用する
・配達員が転ぶように呪詛を投げつけない

2020年8月 1日 (土)

上野駅前 8月

上野駅広小路口から中央通りを渡った高架下に薬局が開店しました。
当初は春先の開店予定を告知していましたが、現在に渡る諸事情もあって夏の開店となりました。集近閉のせいだかんな!
開店セールとあって店頭で50枚箱入りの使い捨てマスクを売ってるあたりが今風な感じです。

20200801

この場所には長らく鞄などを扱うお店がありました。それも今年はじめから続く諸事情により閉店を余儀なくされたようです。
新聞記事で閉店を取材した記事をタマタマ読みましたが、店主曰く「日本人はサッパリ買わない。」なんてことが書かれていた
記憶があります。日本人も多く集まるターミナル駅の駅前一等地にあって、長らくご商売をされていてのこの言でございます。

一等地なりのご商売の難しさもあるのでしょうが、日本人のなかに見られる消費行動を見極められなかったのかなと思います。
日本人のなかには嫌な接客を味わうと、クレームなどを申し入れることも無く、二度と利用しないという行動を取ったりします。
ネットの発達により口コミを大っぴらに書き、見知らぬ誰かと共有できるようになったのは平成以降の最近のことだと思います。

昭和の頃から利用しなくなりつつあった日本人客にとって代わったのが、アメ横で爆買いを楽しんだ後、大型スーツケースを
現地調達する外国人観光客のミナミナ様でございます。日本人にとっては嫌な接客も、大陸的にはスタンダードだったのか、
天津甘栗を頬張りながら、店頭の歩道で買ったばかりのスーツケースにイロイロを封じ込める観光客をよく見たものです。
そんな彼らも来日できなくなっての閉店ということなのかなと、既に利用しなくなった自分は邪推してしまいます。

実際、私は通勤用の鞄をだいたい6年ごとに買い換えており、それは20年以上、毎回アメ横にある鞄店で購入しています。
年を取り、オッサンになりつつあるなかで「たまの買い物くらい気分良くしたい」という気持ちも強くなってきた感じもします。
ここのところ通勤の頻度は少なくなったとはいえ、ソロソロ通勤用鞄を新調したいなと考えたりする今日この頃でござんすよ。

上記、新聞記事の詳細は発行社、発行日など記録し忘れのため委細不明とします。
画像は2020年7月16日、開店間もない頃の記録。

検討課題
・だからといって荒い態度で臨まない
・二度と利用しないリストの充実に励む

2020年7月29日 (水)

和歌山県に行きたい。

行きたいのです。
単純に今までの人生のなかで和歌山県へ足を踏み入れたことが無いから行ってみたいのです。

もちろん和歌山県へと行けたなら是非とも立ち寄りたい場所があります。すさみ町立エビとカニの水族館に行ってみたいのです。
太地町立くじらの博物館へも行きたいのです。紀州鉄道の西御坊駅も行きたいし、足を伸ばして水間鉄道も見てみたいのです。

20200729

ところがですよ。各地方においては首都圏からの旅行者を歓迎しないとかなんとかといったニュースを見たり、聞いたりします。
そりゃあそうです。そうでしょうとも。それもこれも何もかも集近閉のせいかと思うと怒りでホッピー中ダブルを注文しちゃいます。
観光キャンペーンもバタバタな感じで、もしかして国民に使わせない作戦なのか?と勘ぐってしまいそうになるほどです。

気がつけば10年近く和歌山県に行きたいモヤモヤとした気持ちを弄び続けています。
果たして私は、この人生の中でいつか和歌山県へ行けるのでしょうか?名古屋県や鈴鹿県までは過去に何度か行っています。
関西圏に於いて和歌山県だけ訪問はおろか、通過したことさえないのです。どうにかして和歌山県へ行ってみたいのですよ。

やはり今年も無理なのかもしれません。またモヤモヤとした気持ちを抱えたままになるのです。

検討課題
・奈良県から南下して和歌山県入りも考える
・パンダを見ることも企てのなかに加えておく

2020年7月19日 (日)

どうにもこうにも

今年は厄年全開な感じがします。ソモソモは新コロの発生と、世界的感染拡大です。本当に集近閉をヌッチメないといけません。
日本では九州、西日本を中心に大雨の被害を全国的に被っています。梅雨ってこんなに雨が降るんだっけ?と思ってしまいます。
梅雨前線とか、線状降水帯とか、太平洋高気圧の張り出しとか、地球温暖化とか。気に留めなかった気象用語も覚え始めてます。

おそらく新コロとは一発逆転満塁ホームラン的特効薬が開発されない限り、これからも長いつきあいになってしまうのでしょう。
そして日本を取り巻く気象状況も現在のような感じで常態化し、更に地震などの災害もマシマシになるだろうことが予想されます。
私のようにタダタダ日々ボンヤリと流されながら生きる横着で自堕落な者には、過酷な環境になりつつあるということなのですよ。

20200719

今回の梅雨による被害を受けた被災地域、それ以前に昨年の台風に伴う水害等の被災地域、マダマダ人手を必要としている
東日本大震災の被災地域などへボランティアとして活動しようにも、新コロによって出来ることも思うように出来ない状況です。
何ができるのか自分の足りない頭で考えれば、結局のところ被災地域の物産品を意識して買うことくらいしか思いつきません。

いままで通り福島、東北のお酒を買って飲み、岐阜や長野のお酒を買って飲み、熊本、九州のお酒を買って飲むしかないのです。
細心の注意を払いつつ、都内において展開している各県のアンテナショップ巡りをしながら、お酒を買い込もうと考えたりします。

検討課題
・行ければ現地へ行って買う
・アンテナショップ飲みも実行する

2020年7月 5日 (日)

選挙なんですって

今日は東京都知事選の投票日です。都民の皆様は奮って投票を行いましょう。
埼玉県に住み暮らす私に投票権は無いものの、都内在勤者として都政の行く末には興味があったりします。
立候補者の顔ぶれと、政策提言や公約などはヨクヨク見ておきたいと思います。

20200705

本来なら選挙後、新都知事のもと東京において平和の祭典が開催されることになっていたのでしょう。
ただ今年はご承知の通りの新コロタイムにより、予定されていたイロイロは延期や中止となってしまっています。許さんぞ集近閉!
いやはや、来年の今頃には終息してることを願うばかりでございます。

まずは開票速報番組を見るための準備として酒瓶を並べておこうと思います。

検討課題
・速報番組は東京12チャンネルが基本
・気まぐれに同時間帯のテレ玉も見る

より以前の記事一覧