カテゴリー「ヨソユキ」の831件の記事

2022年10月 7日 (金)

半蔵門から九段下

2022年10月1日、秋晴れ、夏日、散歩日和。前週の三連休を雨で台無しにされたので少し歩こうと街へ出ます。

221007_01

思うところがあるような無いような感じで、とりあえず半蔵門駅から地上に出ます。

221007_02

内堀通りに面した駐日英国大使館の門前にはベッさんを悼む献花。

221007_03

千鳥ヶ淵緑道から千鳥ヶ淵を眺めます。翌2022年10月2日は相模湖において「第4回 足こぎスワン世界大会」が開催
されるのに、スワンボートに乗り最終調整をする選手はおらず、ゆったりボートを滑らせるカップル数組しかいません。

221007_04

千鳥ヶ淵緑道は木陰も多くのんびり歩きやすい散歩道。
数日前「ハンタイハンタイ」と奇声を上げ、葬儀中も葬儀妨害のため騒音を撒き散らしていた連中は誰一人としていません。
葬儀前ならいざしらず、葬儀中にも関わらず「ハンタイハンタイ」と叫ぶなら、葬儀後も「ハンタイハンタイ」と叫び、未来永劫
ずっと「ハンタイハンタイ」と主張が実現するまで叫び続けろと言いたくなってしまいます。

日本国憲法によって日本国民には言論の自由、表現の自由が与えられているのだからコトのケリがつくまで自身の主張と
して「ハンタイハンタイ」と叫び続けない連中の一過性のブームに流される姿勢は、国葬儀終了で即解散という薄っぺらさも
透けて見えるどころか丸出し過ぎて、主義主張併せてとても共感を覚えることなどサッパリできません。

国会前で太鼓叩いて大騒ぎしてた連中はどこへ行ったのか、最近では話題に上ることも活動を聞くことも無くなりました。
雨滴石を穿つ、便座の上にも三年、継続は惰性なり。銀座や渋谷でガナってた故赤尾敏氏を見習うべきかと思います。

221007_05

つまらないことをグダグダ考えながら田安門をくぐり日本武道館。
この日は「2022年度 全日本学生柔道体重別選手権大会(男子41回 女子38回)」が催されていました。

221007_06

九段会館オープン。せっかくですから寄ってみます。旧九段会館正面は位置関係上どうしても日陰になりがち。

221007_07

2011年3月11日の東日本大震災により被害を受けた旧九段会館をリニューアルし、新旧合体した施設として開業。

221007_08

旧九段会館側5階の屋上庭園。夏になったら以前のようにビアガーデンをやっていただきたいと切に願います。

221007_09

屋上庭園から大きな玉ネギの眺め。

221007_10

九段生涯学習館横から九段下駅へ。

検討課題
・ハンタイのハンタイは賛成じゃん
・太鼓叩いてる連中の言を真に受けない

2022年10月 1日 (土)

業平橋から浅草

2022年9月23日、台風15号タラスさんの来日に伴いどんより曇った三連休初日となる秋分の日。少し歩きます。

221001_01

朝から飲める店があったはず。そんな感じで業平橋駅改め、いつぞやのとうきょうジョジョツリー駅から歩き出します。

221001_02

下調べもせず歩いたところで目当てのお店にたどり着けるはずもなく、浅草駅方面へ高架下をトボトボ歩きます。
この北十間川沿いの高架下は商業施設として整備が続いているようで、あわよくば雨に濡れずに移動できるよう
さらに整備していただきたいと願ってしまいます。

221001_03

源森橋から曇天のもとスカイツリーと東武10000系。

221001_04

2020年6月18日、東武隅田川橋梁の下流側に「すみだリバーウォーク」が新設、開通したことで源森川水門を
隅田川側から間近にみることができるようになりました。

221001_05

浅草駅へ入線する1800系カラーリングをまとった200系りょうもう。すみだリバーウォークから記録できます。
正面の壁面に十文字の意匠を施した長期滞在型ホテルを利用すれば、東武列車見放題を満喫できそうです。

221001_06

翌週に武道館で催される国葬を控え、拳銃携行の暴力装置が単独、複数人グループで多数ウロウロ徘徊しています。
後ろめたさは無いものの、見た目に不景気ですから飲める店を探すため、浅草駅から銀座線に乗って移動します。

検討課題
・少しずつでも歩く
・ここ数年の変化を確認しておく

2022年9月15日 (木)

巣鴨から西大井

2022年9月3日、蒸し暑い土曜日。足りない材料を調達できたらいいなと思い、電車に乗って上京します。

220915_01

とげ抜き地蔵尊方面へは目もくれず、山手線沿いをトボトボ歩きます。

220915_02

店内は所狭しとジオラマ用アイテムが並ぶものの、自分の欲しかった材料は手に入れること叶わず。
狭い階段を上った先にあった頃の「熱量」のようなものは感じられず、ずいぶん変わったんだなという感じです。

大陸語を駆使する店舗スタッフと思しきご婦人は、来店者の店内移動を阻むかのように通路で仁王立ちをし続け
そのファミリーと思われる小児は奇声を発しながら来店者の間を縫うように縦横無尽に店内を駆けずり回るご様子。
上野とは趣の異なる動物園感を堪能できます。こりゃあもうダメだと逃げ出すように店を後にします。

220915_03

クサクサした気持ちのままでいるのは精神衛生上よくないと思い、電車を乗り継ぎ西大井の名店を訪ねます。
物欲を発散させるかのように来歴不明の中古キットを数個つまみ、探していた材料をこちらで無事入手します。

行って来いでチャラ以上ということでヨシとします。

検討課題
・行かない店リストの更新を怠らない
・代替品でどうにかなる材料か吟味する

2022年9月 9日 (金)

TETSUYA NOGUCHI this is not a samurai

2022年9月1日、二学期も始まれば見学に来る学生さんも少しは減り、余裕を持って見学できると考え、
銀座北端にあるポーラミュージアムアネックスへと開催中の野口哲哉展を見学するため出かけてみます。

Noguchi_2209_01

過去にサンフランシスコにある画像共有サイトに無断でリンクされたことでムカついた気持ちになったので、
今回の展示物に対しての掲載画像は少なめにしておきます。最低限の仁義って必要だと思うのですよ。

Noguchi_2209_02

rocket fuel / 2022

Noguchi_2209_03

Shellz / 2022

Noguchi_2209_04

WOODEN HORSE / 2020 高松市美術館蔵

Noguchi_2209_05

THE MET / 2020

Noguchi_2209_06

small sleep / 2019

Noguchi_2209_07

DANCE MAN / 2022

ここ数年の新作を中心にした展示。サムライウォリアーを製作する際の参考にしたいと思ったりします。
現在開催中の「TETSUYA NOGUCHI this is not a samurai」展の会期は2022年9月11日まで。

検討課題
・メタル侍は買っておく
・作品集も買っておく

2022年8月12日 (金)

暑い、暑すぎふ。なダムツアー 丸山ダム

2022年7月30日、温度計は40℃を行ったり来たりするような猛暑のなか、岐阜のダムを見学に行きます。

220812_01

ダムの拡張を目的とした新丸山ダムの建設が既に進み、建設車両用取付道路を確認できます。左上の高台に管理所。

220812_02

新丸山ダムは現在の堤体に覆い被さるようにしつつ、20mほど嵩上げすることで貯水量の大幅増を目論めます。

220812_03

周辺は工事に伴う通行止め区間などがあったりして、事前調査を怠ると遠回り地獄を味わうことになります。
そして私は遠回り地獄をタップリ味わいました。

対岸の丸山ダム管理所でダムカードの配布を受けます。

220812_04

ローラーゲート5門を備えます。あと数年のうちに水没により見ることができなくなる丸山ダムです。今すぐ見学にGO!

220812_05

2029年度に完成予定の新丸山ダムはラジアルゲート9門、高圧ラジアルゲート8門を装備します。すげーなこりゃ。
現在より3.6倍となる1億1350万立米の貯水量をもって木曽川の洪水に対応する予定とのことです。

近くには杉原千畝記念館もあり、混迷する現代社会を考えるうえでも併せての見学をお勧めします。

検討課題
・工事が進んだらまた見にいく
・明智ダムなどへも行ってみる

2022年8月11日 (木)

Go West! July 暑い、暑すぎふ。

2022年7月30日、当初の予定では5月中旬にと画策していたGo West!を、ノビノビになりつつ7月末にようやく敢行します。

220811_01

0821。新東名 豊田東JCT。
夜明け前に出発すれば少しは涼しいかと思い暗いうちに埼玉を出発しますが、涼しさは全く感じることなく熱帯夜バリバリ。

220811_02

0932。丸山ダム。
御嵩〜八百津と走り丸山ダムを見学します。この項については別項とします。

220811_03

1045。名鉄広見線 御嵩駅。
以前訪れたのは2009年7月。13年振りの訪問。場所柄か可児才蔵推しのご様子。

220811_04

1055。名鉄広見線 御嵩駅。
名車、名鉄6000系のワンマン2両編成が御嵩駅到着。

220811_05

1057。名鉄広見線 御嵩駅。
定刻1058の発車を前に運転士がヨシッ!をしています。降車0、乗車2。

220811_06

1059。名鉄広見線 御嵩駅。
定刻に発車。投げやりな鉄分補給であってもそれなりに満足。

220811_07

1255。名古屋の名店。
小一時間ほど小箱を右にのけたり、左へ移したりしつつ都合半打ほどキットを手に入れます。

220811_08

1421。東名、豊田東JCT。
暑すぎたことから体力も消耗し、新東名から途中の清水で東名に乗り換え、チンタラ休憩しつつ2000頃に無事帰宅。

この項、少し続きます。

検討課題
・忘れ物はまた後日
・浜松へはまた後日

2022年8月 7日 (日)

とうきょうスカイツリーから浅草

2022年7月24日、思い出すことあって業平橋駅を目指します。

Jojo_01

ジョジョー。駅名が変わっています。2022年8月9日までのコラボイベントと書かれています。
いっそ東京スカイツリーを石仮面にするくらいのコラボを見てみたいものです。

Jojo_02

記念切符は2部買いが基本。
東武鉄道保有のC11が並ぶイベントはまだですかね。バシッと3両を並べられる場所が思いつきません。

Jojo_03

さらに腕利きの東武社員さん撮影のポストカードも購入します。撮影地の詳細は書けない事情があるのでしょう。

Jojo_04

ひとまず用事も済んで業平橋駅のホームでぼんやりしてると北千住方面に向かって新たな分岐を設けている様子。
暑いし、新コロ怖いしで思うように歩けないこともあり、いったん浅草駅まで乗ってから引き返すように帰宅します。

検討課題
・新型超特急スペーシア Xグッズの発表を待つ
・平日夕方のソラマチ散策をしてみる

2022年7月30日 (土)

Go West! July

どうにもタイミングが悪く、ナカナカ実行に移せなかったけど隙を突いて行っちゃうんだぜ!

Go_west_2022_summer

新コロは変異をしつつ終息する気配は無く感染拡大を続け、夏休み感染第7波まっただなか。イヤな予感ムンムンです。

そんなドタバタを織り込みつつも関係各所への切るべき仁義は切っておきます。モロモロは後日ダラダラと。

検討課題
・午前中がメイン
・買い物はメモを見ながら

2022年7月15日 (金)

鬼 2022

猛暑日が続き、いい加減うんざりしてきたので気晴らしに温泉でもブッこいておくかと三度の鬼怒川です。

220715_01

何といっても超特急スペーシアに乗ってしまえば、たった90分で鬼怒川温泉到着という利便性には打ち克てないのです。

220715_02

同じ宿に泊まる理由はこのアクリルのキーホルダー。カードキーはどうにも旅情に欠けると思うのです。個人の意見ですよ。

220715_03

あとは風呂上がりに外を眺めるために設けられてる旅館の謎スペース。夕食までビールを飲みながら時間を過ごします。

220715_04

遅めのチェックアウトから温泉饅頭を買い食いしつつ、ダラダラ鬼怒川温泉駅へ行くと新宿からやってきた特急が到着。

220715_05

そしてSL大樹、123を見たかったな。そんなことを思いつつもカニ目は汽笛を鳴らしながら転車台でグルグル回ります。

今回も宿から一歩も外へ出ず、ひたすらの温泉三昧。
大浴場に併設されたサウナに入り、巷間で言われる「ととのった」という感覚を得ようとしますが実感できるものは皆無。
仕方ないので露天風呂に出たり入ったりしつつ、鬼怒川越しのホテルに向かってタオルでスパンスパンしておきます。

どうにかして人生未体験の「ととのった」と「ドライオーガズム」の感覚を体験してみたいと思うのでした。

検討課題
・館内のカラオケパブが再開したら利用する
・宿近くのスナックにも探検兼ねて行ってみる

2022年7月 9日 (土)

名店探訪

昼頃の中途半端な時間にこれといってすることのない土曜日。思いついて群馬県まで足を伸ばしてみます。
主たる目的は以前から気になっていたラテン系車両の整備と、中古車販売を行っている自動車店を見ること。
なるほど。ナカナカのお店ということが判り、その時点でマダマダ午後の時間を持て余すことになります。

220709_01

検索って便利ですね。
街を歩いていて☆★の看板を見つければフラフラと吸い寄せられてしまいますが、御機嫌最高モノグラムの
看板なら吸い寄せられるどこらじゃなく問答無用で突撃するしかないのです。こりゃあカッチョエエ看板だわ。

220709_02

ヨンサンは皆無なれどスケールモデル全般を取り揃え、キャラクターモデルも取り扱う全方位準備万端模型店。
ネコ科の小動物特有の野獣臭がほんのり漂う店内を目当てのキットを探しつつウロウロ、カサカサと蠢きます。
ナナニー、サンゴー、サンニーとこれまで探すでもなく、見つければ買いたいと思っていたキットを手に入れます。

220709_03

店舗は上毛電鉄 樋越駅そば。店内にいると踏切のカンカン鳴る音も聞こえる鉄道マニアも大満足の模型店。

検討課題
・名古屋方面へ遠出してみる
・浜松方面へも遠出してみる

より以前の記事一覧