2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「ヨソユキ」の820件の記事

2022年5月12日 (木)

九段下から秋葉原

2022年5月7日、ゴールデンウィークもソロソロ終わりという頃合いに少し歩きに出かけます。

220512_01

九段下駅から地上へ出ると雨上がりの青空。そしてnew九段会館。

220512_02

屋上は庭園でしょうか。以前のように夏にはビアガーデンを催していただきたいのです。
あれですよ、決してバニーガールの白い尻尾を睨めつけるために通うとか、そういうことが目的じゃあないですよ。

220512_03

昭和館で昭和館特別企画展「SF・冒険・レトロフューチャー×リメイク 〜挿絵画家 椛島勝一と小松崎茂の世界〜」展を
見学します。特別協力に☆★マークを見つけます。みんな大好き小松崎茂画伯ですからね。個人の意見ですよ。

220512_04

見学後のアンケートに回答すると6種類用意された企画展特製カンバッジの中から1点をいただくことができます。
選んだのはタミヤ社から模型化もされたSKY WAGONのパッケージイラスト。もちろん小松崎茂画伯の作品です。
もしかしたら開催期間中に複数回見学し、アンケートに回答すればカンバッジをコンプリートできたかもしれません。
面倒なのでしませんけど。併せて密やかな企みとともに図録を購入しておきます。

見学を終え外へ出ると雨。雨雲が通り過ぎるまでメガネを作って時間つぶしにします。

220512_05

モロモロ終え、最後に神田明神に立ち寄り初詣。北側の空はナカナカ移動しない雨雲のせいでドンヨリ曇天。
二礼二拝一礼をしながら投げ入れた賽銭以上のお願いをしておきます。
この後、天気がどうなるか微妙だったこともあり秋葉原から帰宅します。

昭和館特別企画展「SF・冒険・レトロフューチャー×リメイク 〜挿絵画家 椛島勝一と小松崎茂の世界〜」展は
2022年5月8日をもって会期終了。

検討課題
・今井科学社のパッケージは捨てずに保管しておく
・ロンメル表記のタミヤのパッケージも保管しておく

2022年4月19日 (火)

中銀カプセルタワービル

2022年4月9日、4月12日から本格的解体工事が始まると聞き、銀座のランドマークを見納めしておきます。

220419_01

中央区の住所表示と建物名を記した金属銘板。定礎はどこにあるのか、探せませんでした。

220419_02

海岸通り南側から。

220419_03

木挽町通り南側から。

220419_04

木挽町通り東側から。

220419_05

カプセルタワー北側路地から既に始まっている解体作業の様子。

220419_06

海岸通り北西側から。

220419_07

海岸通り北西側から特徴的な小窓の部屋。

220419_08

海岸通り西側から。

220419_09

周囲は高速道路、隣接するビルに囲まれており、全景を納めるのはナカナカ難しく。解体はなんとも残念なことです。

検討課題
・パルティせとを見にいく
・カプセルハウスKをなんとかして

2022年4月18日 (月)

新橋から有楽町

2022年4月9日、都心部の桜はほぼ散ってしまった土曜日。そういえば、と思い出したこともあり少し歩きます。

220418_01

最寄り駅ということでもなく新橋駅から歩き出します。

220418_02

旧新橋停車場では企画展「鉄道博物館 100年のあゆみ 1921-2021」を開催中。
万世橋の前に東京駅北側に鉄道博物館があったことを初めて知ります。

220418_03

中銀カプセルタワービル。本格的解体工事が始まる前の見納めです。この項は別項とします。

220418_04

高速道路下にある驚安の殿堂において、場所柄らしさ全開ともいえる夜の街関連で話題のアイテムを品定めします。

220418_05

国会通り新幸橋交差点近く、山手線高架下から国会議事堂の先っちょを確認します。

220418_06

高架下にナイスな飲食店はないものかとフラフラしつつ、ピンとくる店も無かったことから帰宅します。

旧新橋停車場において開催中の企画展「鉄道博物館 100年のあゆみ 1921-2021」の会期は2022年7月3日まで。

検討課題
・東海道本線に乗ってどこかへ行ってみる
・ディスカントショップで不要な何かを買ってみる

2022年4月17日 (日)

銀座から京橋

2022年4月7日、禿げたくない。禿げたくないの一心から散髪とヘッドスパなどをするため会社から逃げ出します。

220417_01

ど平日の夕方とはいえ日本屈指の繁華街ですから人々の往来もたいへん多く、歩く際にも気を遣いがちになります。
フラフラと歩きながら今年1月にオープンしたT-BASE 銀座ギャラリー店に立ち寄ってみます。

220417_02

匠シリーズ 螺鈿ベリミ。作家:Bite Morph、装飾:紅里工房。外表面にミッチリと螺鈿装飾を施したソフビ人形。

220417_03

匠シリーズ ナックルベア研ぎ出し変わり塗り。作家:TOUMA、装飾:栗原木工所。津軽塗的な塗りを施したソフビ人形。

220417_04

文具店にも寄り、筆記具のショーケースに張り付きトランペットを欲しがる少年プレイに没頭します。

220417_05

東京スクエアガーデンに設けられた空中庭園では桜が満開。地上の桜は散り始めといったところ。

220417_06

同じく東京スクエアガーデンの地下1階部分の広場の桜は、風が無いのか気温が低いのかマダマダいい感じの咲き頃。

検討課題
・新橋方面へも
・夕方の八重洲も歩いてみる

2022年4月15日 (金)

四月初旬の上野公園

2022年4月6日、会社行きたくねぇな。
そんな気持ちを隠すこと無く、今日も今日とて仕事する振りに注力するため勤務地の上野へ向かうわけです。
相変わらずのグンニャリした気分のまま、とりあえず上野公園の桜はどうなったかを確かめるでもなく寄り道します。

220415

散ってんじゃん。
週末の4月3日から4日にかけて都心部では花散らしの雨が降り続いたことから見事なまでに桜の花も散ってます。
蔓延百合子が解除されたとはいえ、今年も昨年までと変わらず新コロの感染状況は沈静化の兆しさえ見えてきません。
さらには熊ロデオマスターの暴挙により極東においても平穏とはいえず、不安を感じ花見どころじゃなかったりします。

今年も満足に花見はできなかったな。
そんなことじゃあイカンのでしょうが、そんなことしか考えつかないのです。
酒を飲む口実にするため造花の桜でも用意してみようと思います。

検討課題
・花の名所の散り具合をチェックする
・忘れきっていた初詣も敢行してみる

2022年4月 7日 (木)

霞ヶ関から東京

2022年3月26日、蔓延百合子解除後初の週末。曇天のなか都心の桜はどんなものかとフラフラ出歩いてみます。

220407_01

することのない日の攻略対象として大手町駅と並び霞ヶ関駅も地理把握と探索のため無駄にウロウロしておきます。
とりあえず地上に出ると背後の外務省前で桜が咲いていることを確認します。

220407_02

虎ノ門駅前、文部科学省の桜も咲いています。

220407_03

今般のモロモロ含め見学しておきます。
某氏の「10年後にはPPPPはいなくなるんだからUUUUUの人は逃げればいい」などという発言がありましたが、日本において
スターリン、フルシチョフ、ブレジネフと政権からいなくなった後に日本固有の領土である北方領土がどうなったかです。
議論を膨らませるため敢えて過激なポジショントークに徹しているのかと思いますが、脳天気に過ぎると思うのです。

220407_04

併せて企画展も見学します。大黒屋、ジョン万以外にもドリフターがいたことを知ります。

220407_05

首相官邸前の坂道に植わる桜も満開。

220407_06

とりあえず記録しようと鞄からコンデジを取り出そうとゴソゴソしてると警備中の警官がいつでも襲いかかれる体勢を取ります。
からかうでもなく何度か同じような挙動を繰り返し、彼等の反応スピードを試してみます。

220407_07

桜田門に桜は無く、お堀の桜を眺めます。
皇居ランナーのマスク非装着率は驚くほど高く、ゼハゼハ喘ぎながらもノーマスクってどうなんスか?という気持ちになります。

220407_08

昼前からパラパラ雨も降り出したので東京駅から帰宅。それにしても自分を含め外出している人多数。

領土主権展示館において開催中の企画展「漂流者たちと日本の領土の歴史」の会期は2022年5月8日まで。

検討課題
・もう少し桜チェックをしておく
・日本海西側諸国に対し泥棒国家とかいわない

2022年4月 1日 (金)

三月末の上野公園

2022年3月21日、三連休最終日。モロモロあって旗日だってのに出勤マンデー。やってらんないッスよ。
前日には靖国神社に植わる標準木をもって東京に桜の開花宣言も為されたことから、出勤前に上野公園へ寄ってみます。

220401_01

公園口は整備され、じゅらく前の上り坂をフルスロットルで駆け抜け、科博裏手の駐車場に滑り込むことはできなくなりました。
駅利用者にとっては信号待ちすることなく、上野公園へ歩いていける便利な構造になったのではないかと思ったりします。

220401_02

上野公園内、さくら通りに植わるソメイヨシノは蕾がようやく色づき始めた程度。

220401_03

小松宮像周辺では何本かは咲き始めています。

220401_04

不忍池周辺はもうちょい。

上野公園では座り込んでの花見や、飲酒等々御時世を鑑みながら制限されています。それでも花が咲けばウキウキします。

検討課題
・座り込んでいい場所を探す
・花見酒オッケーな場所も探す

2022年3月 3日 (木)

大手町から常盤橋あたり

2022年2月23日、大安吉日天皇誕生日。モロモロ怖さもありますが、少しだけフラフラしておこうと思います。

220303_01

することがない日は大手町駅探索に時間をかけます。出口と通路の関係を把握しようして毎回、地下で迷子になります。
こりゃあいかん。ウロウロして構内監視カメラに何度も写ってることを想像し、不審者として通報される前に地上に出ます。

220303_02

TOKYO TORCH 常盤橋タワー前に整備されたTOKYO TORCH Parkに置かれた巨大な赤べこ。ベージュですが赤べこです。

220303_03

そのTOKYO TORCH Parkには新潟県小千谷市から持ち込まれた錦鯉の泳ぐ池もあります。悪徳政治家プレイを楽しめます。

220303_04

首都高の呉服橋ランプは廃止。日本橋や東京駅に行く際に便利なランプだっただけに今は少しだけ不便になりました。

220303_05

常盤橋公園には埼玉県が産んだ艶福家が今日もニョッキリ立っています。見つめる先は第一銀行なんでしょうか。

220303_06

東日本大震災によって破損した常盤橋も昨年2021年5月に再建され、日本橋川の渡河もできるよう整備されています。
この後、本石町周辺をフラフラし、神田駅から帰宅します。

検討課題
・日銀でお金を引き出そうとしない
・新しいビルの飲食店をチェックする

2022年3月 2日 (水)

根津から上野広小路

2022年2月19日、少々寒い曇天のなか人混みを避けながら歩きます。

220302_01

上野公園の最寄り駅として根津駅から地上に出ます。

220302_02

文京区と台東区の区境となる細い路地。なんとなく通り抜けできる路地を選びながらグルグル歩き回ります。

220302_03

ニ゛ィーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
耳障りな音が続き、なんだと思って音のする方向にアタリを付けて見上げると大型ドローン。都心でも飛んでるんスね。

220302_04

清水坂を登り切って芸大側から上野公園へ行ってみます。
上記の通り寒く、天気も微妙、しかも10時前とあって噴水周辺も閑散としてます。
職業的長期屋外生活実践者の皆さまは、昼頃から実施される炊き出しを前に距離を保ちつつ場所取りをしていました。

220302_05

上野動物園は休園中。なにもかにもが平常運転に戻ったら、数十年振りに見学してみたいと思ったりします。

220302_06

不忍池に植えられた河津桜はソロソロ咲き始め。上野公園のソメイヨシノが咲くまでは、こちらを愛でましょう。

検討課題
・やりたいことリストを書き記す
・いっそ早朝とか深夜に歩く

2022年3月 1日 (火)

銀座から東銀座

2022年2月18日、会社を早くに抜け出して散髪をしに銀座まで足を伸ばします。

220301_01

過去に何度か書いていますが、どうやら父方の遺伝子が頑張ってしまうと50代から薄毛、そして禿げていくようです。
自らの運命に逆らい、遺伝子に抗うために散髪と同時にヘッドスパなども行い、頭皮と毛髪の今後に期待をかけます。
併せて顔面に対して超音波ピーリングも施していただき、古い皮膚や角質をバリバリと剥ぎ取っておこうと足掻きます。
オッサンですからね。放っておくと目も当てられないほど汚くなってしまうのですよ。

220301_02

散髪を終えサッパリしたら少しだけ歩きます。
中古カメラを取り扱う店をハシゴし、ショーケースに顔をくっつけ、トランペットを欲しがる少年プレイに熱中します。
歌舞伎やってるんですね。正面に八海山の樽が積まれています。ひと樽くらいガメてもバレなさそうです。でも犯罪です。

220301_03

せっかくですから寄っておきますか。
今回は自分の琴線に触れるミニカーなどは無かったため収穫ゼロ。今後も散髪ついでに寄ってみるかと考えます。
築地まで歩くか思案しますが、この状況下でも営業してる飲み屋を探し出してる自分に気付き、慌てて帰宅します。

検討課題
・夕方から夜にかけての銀座を歩く
・軽めのいい店がないか探してみる

より以前の記事一覧