2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「ヨシナシ」の64件の記事

2020年2月16日 (日)

ねんどろ

取り回しの良いサイズを使ってみるのも楽しい。

20200216_01

驫木駅にて。

20200216_02

越水駅にて。

20200216_03

黒石駅にて。

20200216_04

津軽大沢駅にて。

これにて初ボーズを喰らいガッカリンコとなった「青森ツアー 2020」の項はおしまい。

検討課題
・旅程を見直す
・そんなこともあると知る

2019年2月27日 (水)

ねんどろ

使い慣れたねんどろを握りしめ初心に返るのも楽しい。

20190227_01
大鰐駅にて。

20190227_02
陸奥鶴田駅あたりにて。

20190227_03
北金ヶ沢駅にて。

20190227_04
深浦駅にて。

今年の青森ツアーは過去最長となる6泊7日、つまりは一週間という長丁場でありましたが、ラッセル車の出場は初日のみ
でした。結果だけみればとても納得のいくものとは言いがたく、さりとてお天気をどうにかできるはずもなくといった感じです。

これにて長々続いた「青森ツアー 2019」の項はおしまい。

検討課題
・なにを買い逃しているか確認しておく
・ホビーショップ巡りを怠らない

2018年7月 7日 (土)

ねんどろ

久しぶりの連中を持ち出してみるのも楽しい。

2018070701
旧月潟駅のモハ10形モハ11号車内にて。

2018070702
旧月潟駅にて。

2018070703
旧熱塩駅のキ287と。

2018070704
旧熱塩駅のオハフ61車内にて。

2018070705
旧熱塩駅のオハフ61車内にて。

検討課題
・古いねんどろも使う
・古いねんどろのメンテをしておく

2018年2月28日 (水)

ねんどろ

比較的新しめなねんどろ握りしめいつも通り撮るのも楽しい。

10_01
館田駅にて。

10_02
大鰐駅にて。

10_03
黒石 中町こみせ通りにて。

10_04
津軽大沢駅にて。

10_05
津軽大沢駅にて。

10_06
館田駅〜平賀駅間にて。

長々続いた「青森ツアー 2018」の項はこれにておしまい。

検討課題
・新製品チェックは怠らない
・未開封のまま積み上げすぎない

2017年2月27日 (月)

ねんどろ

ねんどろ握りしめ昨年の無念を晴らすのも楽しい。

20170227_001
平賀駅にて。

20170227_002
平賀駅にて。

20170227_003
マルヨンのコックピット前で。

20170227_004
ゼロ戦と。

昨年のコンデジ紛失ショックを癒すでもなく、長々と続いた青森ツアー2017の項はこれにておしまい。

検討課題
・雪景色らしさを前面にだしてみる
・雪に埋めて撮ってみる

2016年5月22日 (日)

ねんどろ

ねんどろ一匹湖畔に佇ませてみるのも楽しい。

20160522_001
三保ダムにて。

20160522_002
本沢ダム城山湖にて。

20160522_003
道志ダムにて。

これにてGWのダムツアーの項はおしまい。

検討課題
・もっと動きをつける
・少し離れた場所から撮ってみる

2016年5月12日 (木)

ねんどろ

ねんどろ一匹久しぶりに握りしめてみるのも楽しい。

20160512_001
扇町駅にて。

20160512_002
扇町駅にて。
機関車より背後の重機が気になってきます。

20160512_003
昭和駅にて。

猫の腋の下に手を差し込むことに熱中し、ねんどろと猫を絡ませることを忘れます。
鶴見線の項はこれにておしまい。

検討課題
・自分の芸風を思い出す
・久しぶりの感覚に戸惑わない

2015年5月18日 (月)

ねんどろ

ねんどろ一匹握りしめ北でジタバタするのも楽しい。

20150518_001
浅瀬石川ダムにて。

20150518_002
大鰐駅にて。
冬に見た列車とは違うカラーリングの車輌を見つけます。

20150518_003
笑内駅にて。

20150518_004
玉川ダムにて。

ダラダラ続いたロングロングドライブ 2015の項はこれにておしまい。

検討課題
・近場のダムに行っておく
・傷んだねんどろは早急に更新する

2015年5月 7日 (木)

ねんどろ購入

買ってないような気がしたので買おうと思いつつ、その前に一度軽く発掘したら見事、未開封のまま出土したので、
いい機会と捉え開封して中身がどんなものだったか確認をしてみます。

20150507_001
通常品のねんどろとはパッケージサイズも違っています。
このサイズ違いにより自分の場合、購入後の収納場所を全く別の場所にしてしまったことを思い出します。

20150507_002
車体に取り付くジャッキやハッチなど、いくつかは別部品として同梱されており自分で組み立てる必要があります。

20150507_003
比較として珠玉の名品と並べてみます。
画像右の小さいIV号戦車D型は、海洋堂社のカプセルQミュージアム「ワールドタンクデフォルメ4 WWII主力戦車編」
にラインナップされているプルバックモデルです。こちらのIV号戦車D型は今回発掘できず、間に合いませんでした。

20150507_004
通常サイズのねんどろ西住殿を乗せてみます。
砲塔形状はs=1/35のスケールモデルに準拠しているため、ディフォルメされたモデルに載せると違和感があります。
また成形色も異なっており、砲塔のみ異質な感じを受けます。

20150507_005
パンツァーフォー!ヤーボール!!
通常サイズのねんどろ西住殿の制服部品を、秋山殿のパンツァージャケットと交換して珠玉の名品に乗せてみます。
また、ぷちサイズのねんどろ西住殿も乗せてみます。

20150507_006
開放可能なハッチを全て開け、所定の位置にあんこうチームの乗員を配置します。
ゼンマイで走る様を真夜中に見ていると、オッサンといえども「えんたーえんたー」と歌い出してしまいそうです。

20150507_007
コマンダーハッチは開口部の大きさから搭載可能なねんどろを選びます。破損防止のため無理な搭載は避けましょう。

検討課題
・違う戦車もモデル化されたら買っておく
・確認せず複数個買いしても悔やまない

2015年2月18日 (水)

ねんどろ

ねんどろ数匹握りしめ北でアテが外れるのも楽しい。

20150218_001
小坂鉄道レールパークにて。

20150218_002
エボルタ電池鉄道と。

20150218_003
DD132のデッキから。

20150218_004
津軽五所川原駅にて。

20150218_005
深浦駅にて。

長々と続いた青森ツアー2015の項はこれにておしまい。

検討課題
・手持ちでも変化を付ける
・普段使わない連中も使ってみる

より以前の記事一覧