2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「ヨロズ」の158件の記事

2020年10月23日 (金)

AVIS 1/72 Annular Monoplane-3 Lee-Richards 3/3 完成

俺ぁやっぱりダメだぁ!
製作途中で力尽きたせいか、今年も予定通りというか、案の定というか、順調すぎるくらいにAVISには勝てなかったよ。

Mono_31

張り線なんてムリムリです。もうタップさせてください。イケるかな?などと思い上がったことを考えて本当に申し訳ございませんでした。

Mono_32

主脚部分の構成と組立は、おそらく右手が4本、左手が2本くらいないと巧いことどうこうできるもんじゃあありません。高難易度ですよ。

Mono_33

思ってた以上に主翼部品は重く、機首側に錘を仕込まなかったことから尻もちを撞きまくりになります。どうやっても楽はさせてくれません。

Mono_34

イケると思ったんだけど、今年も完膚なきまでの惨敗です。
そんなこんなで今年のナナニー修行を始めます。

検討課題
・ヨンパチのアヌラーに手を出すか考える
・円環の理と肝に銘じティロっておく

2020年10月22日 (木)

AVIS 1/72 Annular Monoplane-3 Lee-Richards 2/3

ニヨニヨと下卑た半笑いの表情を崩すことなく、説明書を読んだような気になったまま製作を始めます。

Mono_21

適当に組み、段差や隙間にパテを塗り込みます。
イケる?もしかして今年はイケるかな?

Mono_22

帆布っぽい感じにするでもなく、明るめの色を適当に環状翼の通り放射状になることを意識しながらスジスジと塗り重ねます。

ここで力尽きます。

検討課題
・できないことはしない
・曖昧な接着箇所に惑わされない

2020年10月21日 (水)

AVIS 1/72 Annular Monoplane-3 Lee-Richards 1/3

潤沢な皮下脂肪を蓄えた私でさえ、朝夕などは肌寒さを感じなくもなくはない季節になってまいりました。皆様ご機嫌いかがでしょうか。
ということで間もなく厳冬期を迎える埼玉県において、昨年に続き越冬期間中のナナニー修行をナロナロと始めてみようと思います。

Mono_11

生贄にされてしまうのは今年もAVISのキット。尾翼とか無ければ作りやすいんじゃね?昨年の失敗なんてスッカリ忘れきったチョイスです。
アヌラー!
ニュース等でアナリストなんて聞くだに半笑いになることを抑えきれないスットコドッコイな私ですから致し方ナシナシなのでございます。

Mono_12

機体とモロモロ部品をまとめた1枚目のランナー。
このパーツだけを見てる段階では、今年はなんとなく去年より上手いことできるんじゃないかと思ったりするわけです。

Mono_13

主翼と車輪をまとめた2枚目のランナー。
機体に対して主翼と水平尾翼の水平を見なくて済むから楽勝じゃん!なんて思っちゃったんです。

昨年、コテンパンにされたAVISに打ち克つためにもモギモギ製作していきます。

検討課題
・限定500個のうちの1個を無駄にする覚悟で
・負け戦と判っていても果敢に挑戦しておく

2020年10月 9日 (金)

バンダイ BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル

店頭に積んであったので購入します。おそらく私は「そういう係」な役回りですから、買い漏らすことなどできようはずがないのです。

キットには「BEST HIT CHRONICLE」と銘打たれています。もしかしたら今後シリーズ化され、キッコーマン卓上醤油などもキット化
されるのでしょうか。妄想するだけでワクワクしてしまいます。とりあえず私は「そういう係」ですから手当たり次第購入する所存です。

Cup_01

プラモデルなので当然のように食べることはできません。
日清食品株式会社から普通に販売されている実物のカップヌードルを200円前後で購入できる状態にあって、約1打分ものお金を
支払ってまでこのキットを購入しなければならないと思ってしまう自分を含めたモデラーの業の深さを感じずにはいられません。

Cup_02

カップヌードルの主体ともいえる麺部分のパーツ。脳味噌感バリバリです。
プロバンスムラージュやスターターばかり作ってる人間には、組んだ結果を想像できないような部品分割に当惑することとなります。
いつか、どうしようもないくらいの空腹に苛まれたときの逃避用に作ろうと思います。

以前はオーディオステレオ、エレキギター、扇風機といった家電製品や、高額商品をプラモデル化したキットも発売されていました。
そして原寸大食品プラモは、青島文化教材社の「寿司Q」と、ホビーリンク・ジャパンの「餃子」で到達点を迎えたと思っていました。
ところが、時代も令和となった2020年に株式会社秋東精工からは「ゆで過ぎ餃子」、バンダイからは「カップヌードル」なわけです。
どこに需要があるのかと考えてしまいますが、リリースされればホイホイ買ってしまう私のようなモデラーが一定数いるのです。

検討課題
・株式会社共和のオーバンド箱入りのキット化を願う
・上海绿波廊酒楼の小籠包のキット化も願う

2020年9月24日 (木)

MATCHBOX 1/72 PK-122 General Dynamics F-16A/B 2/2 完成

塗らないよ。せっかく3色もの成型色を用意してくれてるキットなんですから、そのまま塗らずに作ればいいんですよ。

F16_21

各パーツの合いは決して良好とはいえませんが、多くを望みさえしなければF-16の模型としてキッチリ完成させることができます。
あそこを削って、ここにパテを盛りつけて、縁側モデリングではそんなことをしたらイカンのですよ。チャチャっと作るに限るのです。

F16_22

パイロットフィギュア狩りの犠牲になったためコックピットはがらんどう。バッカニアからも狩れば2体確保できると皮算用します。

F16_23

けっこうな爆装。いくつかのパターンを選べるようになっていますが、よく分かっていないことからスッキリした装備を選んでみます。

F16_24

タイヤはヘロヘロ。こういった事態を回避するために飛行状態で作ろうと画策しているわけです。
まぁいいや、パイロットフィギュア狩りがてらマッチボックスの3Cシリーズをもう少し無塗装で作り、処分しようと思います。

検討課題
・主翼がオレンジのF-15を今さら作ってみる
・マッチボックスのマルヨンを発掘しておく

2020年9月23日 (水)

MATCHBOX 1/72 PK-122 General Dynamics F-16A/B 1/2

急がないと私の住む地域では厳冬期を迎えることになり、部屋に閉じめられ春の訪れまで模型を作らなければならなくなります。
なので今から安心して冬を過ごせるよう、モリモリとナナニーを積み増す必要に迫られてしまいます。忙しいことこの上なしです。

F16_11

マッチボックスのF-16の中古キットを手に入れます。なんといっても40年以上も前の1978年に発売された初版パッケージです。
経時によりデカールは残念な状態でしたが、製作時にタンザニアなA型と、フクザニアのB型を選べるコンバーチブルキットです。

F16_12

CRAZY COLOR.
3Cですよ!3C!! 成型色は製造時期によって異なるようですが、私が手に入れたF-16のキットはグレーの3色。
実際のところキット自体はどうでもよかったりします。このキットで本当に欲しかったのは2体付属しているパイロットのフィギュア。

今冬のナナニー修行の際、複雑な脚まわりの機種や、脚柱の脆弱な機種は飛行状態でやっつけてしまおうと企んでいるのです。
キャノピーを内側から黒や銀で塗り潰すのも手ではあります。コックピット内部をチマチマ作らずに済むのじゃないかと考えもします。
ただ、やはりパイロットが乗ってる方がいいような気もするのです。そこでパイロットフィギュアが必要になってしまうのです。

F16_13

Hasegawa 1/72 D14 F-16B Plus Fighting Falcon
試しにハセガワ社のフクザニアも購入してみます。マッチボックスのキットより素晴らしいデキであり、驚くほど安価だったりします。
そうはいってもハセガワ社のキットを買ってしまうのはタミヤ社のキットを買うのと同じような「負けた」感を味わってしまうのです。

F16_14

成型色はグレー1色。マッチボックスのキ○ガイ成型色を見た後では何の面白みも感じられません。やはり3Cこそ正義ですよ。
しかも本来タンザニアのキットにフクザニア用ボディ上面を追加した構成のため、パイロットフィギュアが1体しか付属してません。
パーツ構成は製作しやすいよう非常に考えられた分割になっており、これがために負けた感もマシマシになってしまうのです。

とりあえずパイロットフィギュアをかき集めておこうと蠢きます。

検討課題
・主翼の赤いF-16を今さら作ってみる
・イタレリのF-19を発掘しておく

2020年6月18日 (木)

MATCHBOX 1/72 PK-106 HS BUCCANEER S Mk.2B 2/2 完成

現在ではエアフィックス社から新規金型によるブラックバーン バッカニアがリリースされています。運河彫りなマッチボックス社の
バッカニアは、素材の持ち味を活かしてチャッチャと作るに限ると思ったりするのです。実際は迷彩塗装なんて面倒なだけなんス。

20200618_01

バッカニアだよ!どこからどう見てもバッカニアにしか見えません。フロッグ社のキットを弄り倒すより100倍いいと思います。


20200618_02

透明樹脂で成形されたキャノピーの窓枠部分だけ濃緑色で適当に塗っておきます。キット付属のデカールも無理矢理貼り込みます。

20200618_03

機体尾部のエアブレーキをバックリ開かせようと企むと、やはりエアフィックス社のバッカニアを手に入れる必要があるかと考えます。

20200618_04

機体全面にツヤ消しスプレーを吹くなり、スポンジヤスリで擦り倒して梨地にするなりした方がと考えますが、それじゃあ面白くない。
縁側モデリング万歳ですよ。まだ埋まってると思われるマッチボックス社のキットを発掘して、片っ端から無塗装で作りたくなります。

検討課題
・ライトニングも
・ファントムも

2020年6月17日 (水)

MATCHBOX 1/72 PK-106 HS BUCCANEER S Mk.2B 1/2

ミラージュを探していたんです。長年の地殻変動により棚や、物入れの奥にあると考え腕を伸ばしゴソゴソとミラージュを探します。
これか?いや、エレール社のミラージュは横長の箱なはず。周辺に積まれたキットを崩落させないよう慎重に引っ張り出してみます。

20200617_01

マッチボックス知ってるかい?久しぶりに日の光を浴びたのはマッチボックス社のホーカーシドレー バッカニア。

エレール社じゃないし、そもそも探していたミラージュと全く違うじゃないか!
おそらくマッチボックス社の模型部門が消滅する頃に、とりあえずといった感じで作らないのに買い漁ったキットだろうと考えます。

20200617_02

パッケージ裏面は茶色と緑のなんとも気持ち悪い迷彩のカラーガイド。イギリスらしくてたいへんよろしくてよ?と思ってしまいます。

20200617_03

CRAZY COLOR.
そしてこのパッケージサイズは3色成型。パッケージにも「3 COLOURS」とイギリス英語で書かれています。3Cですよ!3C!!
成型色は製造時期によって異なるようですが、私が持っていたバッカニアのキットは濃淡グレーと、濃緑の成型色。

20200617_04

デカールはすっかり黄ばみ、台紙には多数のシミのようなものもあり、既に御臨終な感じです。細かいことは気にしちゃダメです。

せっかくだし素材の持ち味と申しましょうか、豪華三色の成型色を活かし、塗装なんてしないで作ってやろうと思います。

検討課題
・検索は3PではなくTHREESOMEで行う
・ミラージュを探し出す

2020年4月25日 (土)

Takumi アートメタルコート AMCスーパーミラー

ちょっと古めのストックカーを作る際、どうしようかと考え製作の手を止めてしまう作業としてメッキ部分の表現というのがあります。
ギンギラのフロントグリル、大ぶりな前後バンパー、ウィンドウサッシなどソコソコの面積を有する避けて通れない部位への対応です。

これまで私は技術力の低さから何も考えずにタミヤ社のX11 クロムシルバーをベトベト塗ったり、泣きながらベアメタルをミチミチと
貼り込むといった方法を用いメッキ部分の表現を行ってきました。基本的には今後も同じような方法を多用すると思ったりします。

Takumi_01

そんなとき教えていただいき、入手した塗料がこちら。
いわゆるメッキ調塗料とは異なる性質の塗料。一般的なメタリック粒子ではなく、メタリック箔を重ねることで輝く構成のようです。
左は吹き付け用として瓶から出した濃度のままエアブラシで吹けるタイプの塗料。右は吹き付け用に比べて高濃度の筆塗用塗料。

Takumi_02

攪拌した状態。
在庫のなかにマダマダ数量のある古めのストックカーを塗る際、飛行機を銀色に塗る際などに使ってみようと考えます。
まずはなにか適当な生贄を供してテストしてみようと思います。

検討課題
・いっそ蒸着メッキ屋さんを探してみる
・クレオス社の塗料も試してみる

2020年4月10日 (金)

AOZORA CC-K7 FORKLIFT

CARS CRAFT PAPER MODELとして販売されている建機シリーズ。書店で各種販売していたなからこちらを購入してみます。

20200410_01

厚紙をレーザカットした接着剤不要の組み立てキット。細部のアレコレをどうこう言う類いのモノではなく、チャっと作るキットです。

20200410_02

フォークリフトはハガキ大の厚紙が7枚ほど用意されています。シリーズの他車種については未購入なので分からないです。
厚紙と説明書を見比べながらチマチマと作ります。製作目安は約1.5時間と書かれており、実際に作ると1.5時間ほどかかりました。

20200410_03

完成します。
厚いといっても紙という柔らかい素材のせいだったり、嵌め込みのチョットしたズレなどにより上手く組み上げることは諦めました。
嵌め込み部のダボ部分を切り取り、各部を接着し、可動部などを適切に補強すれば完成度はグッと高くなると思います。

20200410_04

完成ヨシ!

検討課題
・Nゲージのペーパーモデルに興味を持たない
・作らずに飾るものなのかもと考察してみる

より以前の記事一覧